しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯7

やっと最終巻に辿り着きましたー\(^o^)/


商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハード・ボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピー・エンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫赤版)

過去記事、リンクさせています。
1巻」 「2巻」 「3巻」 「4巻」 「5巻」 「6巻

でもって、この期に及んで『モンテ・クリスト伯』すでに過去記事で紹介してたやないかい!とわかりまして★
いつもなら最初にブログ内の記事検索をするのに、なんで今回に限って洩れてたんだろー!?と思いつつ
前記事を削除するのもアレなのでリンクしちゃいましょーかw
書いたのは約6年前だそうです。マジか。そりゃ忘れても仕方ない…か?

自分でも書いたのを忘れていた紹介記事はこちらからお読みいただけます^^;

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯6

やっとここまで来ました(喜)!


Amazonより商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハード・ボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピー・エンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)
これまでの巻の紹介は下記の巻数と記事をリンクさせました。
1巻」 「2巻」 「3巻」 「4巻」 「5巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯5

再読はまさにクライマックスなので
そこに至るまでの5巻を読みかえして、「え、まだここ?」と、ついくらっとw


Amazonより商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハード・ボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピー・エンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)
1巻の紹介はこちらで
2巻の紹介はこちら
3巻の紹介はこちらから
4巻の紹介はこちらの記事で
ご覧いただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯4

長編小説、なかなかにヘヴィーです★
でもがんばる!面白いし! 
しかし、読んでる巻と記事にする巻の内容が混ざるので、ちょっとややこしいですw


Amazonより商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハード・ボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピー・エンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)
1巻の紹介はこちらで
2巻の紹介はこちら
3巻の紹介はこちらから
ご覧いただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯3

少しずつ、じわじわと物語が進んでまいります。


Amazonより内容紹介
第三巻では、謎の人物モンテ・クリスト伯となったかつての青年ダンテスが、いまはモルセール夫人となっている昔の恋人メルセデスの子息アルベールとローマで親交をむすび、パリでついにメルセデスと対面するという劇的な場面が展開する。「巌窟王」の名で紹介されて以来長く親しまれ、絶えず読者を新たにしてきた名作。(全七冊)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)

1巻の紹介記事はこちらから
2巻の紹介記事はこちらから
ご覧いただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯2

続きます。
つーか、読み始めると止まらんです。
他の本がちょっとしか読めてないんですよー(笑)。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
無実の罪で13年間牢獄に幽閉された主人公が決死の脱獄の末、名を変え、姿を変え、華麗なる大変身を遂げる。最愛の女性を取り戻すために、その愛を阻んだ者たちに復讐するために…デュマ生誕200年を記念した、愛と憎悪の炎燃え上がる、世紀の大河ラブロマン。

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)
あれ?改版された2007年の日付になってるなー。第67刷 だそうです。

1巻の紹介は前記事になります。
この文をクリックしていただいてもお読みになれますよ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯1

大作、いきます!


商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハードボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピーエンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

内容紹介
200年近い長い間、世界各国で圧倒的な人気をあつめてきた『巌窟王』の完訳。無実の罪によって投獄された若者ダンテスは、14年間の忍耐と努力ののち脱出に成功、モンテ・クリスト島の宝を手に入れて報恩と復讐の計画を着々進めてゆく。この波瀾に富んだ物語は世界大衆文学史上に不朽の名をとどめている。1841―45年刊。(改版)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)
初版:改版 (1956/2/5)…マジですか!

えっとですねー
個人的には<内容紹介>にあります邦題『岩窟王』に、たいへん恨みがございます★
どうなのよ、その固いタイトル。
このタイトルのおかげで読まないままに子ども時代を過ごしましたよ。
だって、面白くなさそうだったんだもん…。

でね、大人になってからちゃんとしたタイトルを知ってね?
読んでみたですよ。
面白いじゃないかあああ!!!

いやまあ、子どものときに読むとしたら抄訳だったろうから
どれくらい楽しめたかはわかんないけどね。
でも
食わず嫌いで触れなかったのが残念な気持ちはいまだにありますねー。

蛇足ついでに書きますと
故・和田慎二さんの作品でこういうのがありましてね。

これ、元ネタはどう考えても『モンテ・クリスト伯』です。
コレが面白かったら、モンテ・クリスト伯だって面白く読めたはずなんだよ!
いいコミカライズ作品ですので、ご存知ない方、チャンスがありましたときには読み逃しなくー♪ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の果ての物語

若草物語のオルコットのダークネスサイド小説!
出版当時は話題になりましたよねー。


内容(「BOOK」データベースより)
18歳のロザモンド・ヴィヴィアンはイギリスの小さな島で、愛情のない祖父と二人きりの孤独な生活を送っていた。ある日、祖父のもとを大金持ちのフィリップ・テンペストが訪れる。ロザモンドは自分の倍近い年の、どこか陰のあるテンペストと恋に落ち、二人は結婚してフランスへと旅立つ。しかしやがてロザモンドは、その結婚が罠であり、テンペストの恐るべき秘密に気づき始める―。

著者:ルイザ・メイ・オルコット
出版社:徳間書店
初版:1995年10月31日

もう20年近く前になっちゃうのか…。
オルコット作品は『ルイーザ・メイ・オルコットの日記――もうひとつの若草物語――』『追記』が過去記事にあります。
あれ?これだけ?他の作品も紹介したつもりだったけど、してなかったのね。今度オルコット祭りしようかしらん…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。