しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふしぎなにじ かがみのえほん

すごいきれいかったです♪


Amazonより内容紹介
「かがみのえほん」は鏡のような紙をつかった絵本です。それぞれのページが、鏡のようにピカピカと反射する銀色の紙でできているのです。ページを開くと、両側の絵が互いに映りこみ、三次元的な空間が目の前に広がります。
鏡の効果が生み出す三次元空間に登場するのは、鮮やかな色彩の美しいにじ。ページをつらぬいて向こう側にくぐりぬけたり、どんどんふえて、互いにからみあったり…にじは鏡の力を借りて次々と姿を変え、見る人を楽しませます。
ともあれ百聞は一見に如かず。ぜひ実際に手にとって、絵本を開いてみて下さい。ページとページが90°で向き合うように開くのがコツです。読み聞かせるときは、お子さんを膝の上に座らせて、同じ目線から読んで下さいね。

著者:わたなべちなつ
出版社:福音館書店
初版:2014年10月10日

わたなべちなつさんの作品は
『きょうのおやつは』を過去記事で紹介しています。

この2冊、ほぼ同時発売ですね。
製作も同時進行だったのかしら。タイヘンだったでしょうね~★

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

きょうのおやつは かがみのえほん


いろんな意味でにーっ!と笑っちゃう絵本でした♪


内容紹介
「かがみのえほん」は鏡のような紙をつかった絵本です。それぞれのページが、鏡のようにピカピカと反射する銀色の紙でできているのです。ページを開くと、両側の絵が互いに映りこみ、三次元的な空間が目の前に広がります。
卵をわって、小麦粉、砂糖、牛乳を入れて…さあ、いよいよおやつづくりの始まりです。鏡の効果が生み出す三次元空間で、卵の白身がとろりと流れ落ち、ゆげがふわふわと広がります。ページには読む人の姿も映りこむので、まるで自分がその場に居合わせて、おやつづくりに参加しているような感覚になります。さらに本の持ち方を工夫すれば、材料や道具を自分の手で扱っているような気分も味わえます。
ともあれ百聞は一見に如かず。ぜひ実際に手にとって、絵本を開いてみて下さい。ページとページが90°で向き合うように開くのがコツです。読み聞かせるときは、お子さんを膝の上に座らせて、同じ目線から読んで下さいね。

著者:わたなべ ちなつ
出版社:福音館書店
初版:2014年10月9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トリックアートおばけやしき

夏らしく、怖いかも?と思わせつつ、実は怖くない本です♪
ちょっとアタマはつかいます^^

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ようこそ、トリックアートのおばけやしきへ!このやしきにはあっとおどろくだまし絵がいっぱい。いたずらずきなおばけたちがみんなをびっくりさせちゃうよ。さあ、じゅんびがよければとびらをひらこう。おばけたちがおまちかね…。

監修 北岡明佳

構成・文 グループ・コロンブス

絵は複数担当。
カバーイラスト ゴトウノリユキ
本文イラスト ゴトウノリユキ、鈴木アツコ、浅羽容子、かいちとおる、かわいちともこ

出版社 あかね書房

です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おやすみなさい

新井さんのしかけ絵本、楽しくて好きなんです♪
春に出版された本だから、書店で見つけやすそう。
プレゼントにもいいと思いますよん^^


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
さあねるじかんですよ。ふんわりふかふかおふとんかけて…おふとんかけてあそべるしかけえほん。

著者は新井洋行さん
出版社は童心社です。

荒井さんの作品は
『ニャンともクマったもんだ』
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はたらくのりものえほん

これもファーストブックかしかけ絵本かで迷いましたw



内容紹介
登場するのは、子どもたちに大人気のはしご車、ブルドーザー、クレーン車など「はたらくのりもの」計8車。しかけをめくると、はたらくのりものたちが、パワフルに動き出します。迫力ある車たちの活躍する姿を、大胆かつ繊細に描きます。また、色あざやかな絵も、本書の魅力のひとつ。子どもたちの目をひくように、細部までこだわっています。ページをめくると、本当にのりものが動き出すような躍動感のある、楽しいしかけえほん。

著者はいしかわこうじさん
出版社は童心社です。

石川さんの作品は
『おめんです』

このエントリーをはてなブックマークに追加

うごく浮世絵!?

厳密にいうと「しかけ」かどうか、ビミョウなところではありますが…。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
え~! どうして動くの? 見て、感じて、遊ぶ「動く絵画」の技法で浮世絵に挑戦。日本が誇るアートの極み浮世絵を、この本では、まったく新しい観点から「動く絵」として構成しました。マジックフィルムをのせると、写楽や北斎が動き出します! テキストは日本語と英語。絵だけにとどまらず、文でも世界中のひとに楽しんでもらえる本です。

著者はよぐちたかおさん
英文はアーサー・ピナードさん
出版社は福音館書店です。

ピナードさんの作品は
『くうきのかお』
を過去記事で紹介しています。
…んんん?ちゃんとチェックしたら
この2冊、「びじゅつのゆうえんち」という同じシリーズでした!

あと
『はじまりの日』
の翻訳もビナードさんがしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おめんです

赤ちゃん絵本かなー
しかけ絵本かなー
と迷い、今回はしかけ絵本のほうにしました^^

【送料無料】おめんです [ いしかわこうじ ]

【送料無料】おめんです [ いしかわこうじ ]
価格:1,155円(税込、送料込)


商品の詳細説明
きつねのおめんに、おにのおめん。おめんをとると…、あれあれ!びっくりするしかけがあるよ。赤ちゃんから楽しめるしかけ絵本。

著者はいしかわこうじさん
出版社は偕成社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

しろくまのパンツ

見てください!このマジメなかおw


内容(「BOOK」データベースより)
しろくまさんのパンツがなくなっちゃった。いったいどんなパンツかな?―。

著者はtupera tupera 
出版社はブロンズ新社です。

tupera tupera作品は
パンダ銭湯
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。