しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『春の猫』『銀の台・金の盞』(雨柳堂夢咄其ノ十一 収録作品)

そろそろお雛様の時期ですねぇとTwitterで過去記事をツイートしまして。
真っ先に思い出したのが、この雨柳堂の二巻に収録されているお雛様の話でした。
そういえばしばらく雨柳堂読んでないわあ…と、読み返したら読みふけってしまいww
まあよくある話なんですが
そんなこんなで今回は其ノ十一に収録されています、春先のお話2作品を紹介します。

雨柳堂夢咄(其ノ十一)新版

雨柳堂夢咄(其ノ十一)新版
著者:波津彬子
価格:936円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



著者:波津彬子
出版社:朝日新聞出版

波津彬子さんのカテゴリを作りましたので
雨柳堂そのほかの紹介作品は、サイドバーから記事をご覧いただけます。
(個人的には『鏡花夢幻』が大絶賛でおススメです♡)

雨柳堂は波津彬子さんの作品の中でも、一二を争うくらい大好きなシリーズです。
怖すぎない不思議な九十九神系のお話。
以前の紹介記事でも書きましたけれど
畠中恵さんの『しゃばけ』のシリーズと共通する雰囲気があるのでは?と思っています。

モノにモノノケがついていて、それがいろんなことをしたり
懐かしい記憶を見せたり…という作品が中心です。
クスリと笑える作品あり
あったかくて嬉しくなる作品あり
確かにちょっとコワイかも?という話もありますが
救いようのない暗いストーリーというのはなくて
どこかに「抜き」の部分があるので、安心して読んでいけます。
しかも絵が端正で上品。
和物も中華も絵柄によくお似合いでして
この方の描く唐子たるや、可愛らしくて悶絶モノですよ♪

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

AWAY

祝!連載再開


内容紹介
萩尾望都ならでは!本格SFストーリー始動
2033年3月末のある朝、中学生・一紀(かずき)と子どもたちは、周囲の大人が消えてしまったことに気づく。子どもだけの世界となり、予想もできない日々が始まるが…?衝撃の本格SFストーリー!
小松左京の短編「お召し」にアイディアを得て、萩尾望都が広く深く世界を描く意欲作です。

出版社:小学館
初版:2014年7月10日

企画・原案の小松左京作品『お召し』は、こちら↓に収録されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供はわかってあげない

いやもう甘酸っぱくて大変ですよ♡

子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)
(2014/09/22)
田島 列島

商品詳細を見る

内容紹介

ひと夏の自由、はじまりはじまり。

「KOTEKO、好きなのか?」
「ああ、かなり」
サクタさん(水泳部)と
もじくん(書道部)は
学校の屋上で出会った。

読むとうっかり元気になる、
お気楽ハードボイルド・ボーイミーツガール、
開幕なんです!

水泳×書道×アニオタ×新興宗教×超能力×父探し×夏休み=青春(?)。モーニング誌上で思わぬ超大好評を博した甘酸っぱすぎる新感覚ボーイミーツガール。センシティブでモラトリアム、マイペースな超新星・田島列島の初単行本。出会ったばかりの二人はお互いのことをまだ何も知らない。ああ、夏休み。

子供はわかってあげない(下) (モーニング KC)子供はわかってあげない(下) (モーニング KC)
(2014/09/22)
田島 列島

商品詳細を見る

誰かと出会うことのおかげで
僕たちは生きていける。

別に全力疾走しなくても
人生はとっても楽しいよ。

サクタさんともじくんのひと夏の冒険、後半戦。
いい、夏休み。

あの時キミと出会わなかったら、こんなに素敵な夏にはならなかった。サクタさんともじくんのひと夏の青春お気楽サイキック宗教法人ハードボイルドボーイミーツガール、後半戦。イノセントでストレンジ、モーニング超期待の新星、田島列島の初単行本作品です。

出版社は講談社、2014年9月22日が初版です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【リンク】ふだんブログで萩尾望都さんの本の紹介をしました

萩尾さんの作品スキ!なんです。

対談集も読んでるし、紹介もしているのに
なぜかこの本が今までこぼれておりまして★



読んでみたら
あらっ!あの作品のアレが…!
みたいな、わりとベタな驚きかたをしたのでした。

でもこういう驚かされ方って嬉しいので
いっかー♪
ということで、記事をルンルンで書きましたので
こちらにもリンクしておきますねー^^

『音楽の在り手』の紹介記事はこちらからご覧いただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

くーねるまるた 1

おいしそうなコミックはチェックしとかなくちゃですねw



商品の詳細説明
ポルトガルから来た食いしんぼー女の子!!
マルタさんはポルトガルから来た貧乏だけど食いしんぼーな女の子。
築70年のおんぼろアパートで、慎ましいながらもエンゲル係数高めな
一人暮らしを満喫中。
紅茶チャーシュー、鶏油炒飯、パン耳タルト、蟹風味のディップ・・・等々
お金はなくても丁寧に。
マルタさんの美味しい日々!!

著者は高尾じんぐさん
出版社は小学館です。
くーねるまるたはビッグコミックスピリッツで連載中。
コミックスは現在3巻まで出版されています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼおるぺん古事記(一)天の巻

やっと読めたー♪


内容紹介
驚くほどに愛らしく、自由で、残酷で、わがままな物語――。
日本最古の神話・古事記がロマンあふれる絵物語になってよみがえる!!
人気漫画家・こうの史代が原文(書き下し文)を生かしながら、
物語を「絵」で読み解いていく、まったく新しい古事記本!
第1巻は天地創生、国生み、黄泉の国、天の岩戸、ヤマタノオロチのエピソードなど、
盛りだくさんの11話。
イザナキ、イザナミ、アマテラス、スサノオなど有名な神様も続々登場!
「昔からずっと、古事記を絵にしたいと思っていました。
魅力的な登場人物、ストーリーはもちろん、原文の味わいも楽しいですよ!!」
――こうの史代

著者は↑ですねw
出版社は平凡社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

22XX 

読んだときからずっと心のどこかに残っている作品です。

【送料無料】22XX [ 清水玲子(漫画家) ]

【送料無料】22XX [ 清水玲子(漫画家) ]
価格:650円(税込、送料込)


【以下、裏表紙より転記】
ヒト型ロボット・ジャックは人間同様の食欲を感じることに辛さを覚えていた。王女誘拐犯を追うジャックは、密林の中でルビィという少女に出会う。昼は可憐な少女、夜は美女へと変身し誘惑してくるルビィに戸惑うジャック…。彼女は食事を神聖な儀式として人肉を食するフォトゥリス人だった。

『ジャックとエレナ』というアンドロイドもののシリーズの中の1作品です。
この作品で登場するのはジャックだけ。エレナとまだ出会っていない頃のストーリーですね。

著者は清水玲子さん
出版社は白泉社
今は白泉社文庫で入手できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ZOOKEEPER ※ちょっと追記しました♪

ちょっと前に出たコミックスですが、面白かったですよん♪
ただいま絶賛ハマり読みちう^^

 ~ 
出版社/著者からの内容紹介
動物園は好きですか?
動物(ズゥ)の守護者(キーパー)が見つめる、リアルな動物園の世界!ただ「見る」だけではわからない、人と動物の深い“つながり”。

著者は青木幸子さん。
この方のコミックについては
ふだんブログで『茶柱倶楽部』の紹介をしています。

※後日追記:著者の青木さんのブログのZOOKEEPERの最終巻のご挨拶の記事がありました!
茶柱倶楽部のときに気づいていたのになんで行かなかったんだ自分★
青木さんの記事リンク、↓ですので、よろしければこちらもどうぞ♪
http://blog.livedoor.jp/urouroyurayura/archives/789057.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。