しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【イベント】『だまし絵展Ⅱ 進化するだまし絵』 に行ってきました ※追記ちこっとありまっする

だまし絵の類、大好きなんです♪
このブログでも本の紹介をしていますね。
お好きな方は
『トリックアートおばけやしき』
『まさかさかさま』
『うごく浮世絵!?』
『光の旅かげの旅』
あたりをお読みいただけると嬉しいです♪
あと
『顔の美術館』
も!

この展覧会のことは知っていたのですが
まだ期間大丈夫だよね~
なんて、のんきに構えておりましたところ
ブロ友「ゆめのゆき」さんが記事を書いていらっしゃいまして。
そちらを拝見して
あ★忘れてた!とw
期間終了ほぼギリギリでしたが、行ってまいりましたよ♪

ちなみにこんな感じの展覧会でございます~^^ 


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

まんがぱーく@立川に行ってきました

カテゴリはイベントになっちゃいますが
イベントではないです。
いや、たまに行くのが楽しみだからイベントでいいのか?

立川まんがぱーく
去年できたんだそうです。知らなかったなー。
うちからそんなに遠くないので
数回行っております。
そして毎回、閉館時間まで居ずっぱりですw 

どんなところか気になった方は
こちらのサイト↓へどうぞ。
http://mangapark.jp/

立川駅の南口を出て
すずらん通りを約10分、ぽてぽてと歩きます。
この「すずらん通り」さえ見つけてしまえば
筋金入りの方向オンチのワタシでもオッケー♡
一本道なので、安心です。
5分強歩いたところで職安が見えたらそのちょっと先、道路の反対側の建物です。
裏側から入る格好になるのかな?
奥まで進んでエレベーターでも階段でもいいので2階へ上がりましょう。

入口をはいったら、靴箱の空きを探して靴をイン。
コインロッカー式になっていて、入館料の400円をカチョカチョ入れます。
ちょっと大きめのカードがついた鍵を外して
そのカードのバーコードをゲートにピッとかざして入館。
なかなかシステマティックでベンリでございます^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

【行ってきました】イルフ童画館・そのに

はい。
前記事に続きまして、14日のオフ会・イルフ童画館レポでございます。
いやー、ほんっっっとうに!よかったわぁ♡


写真の掲載忘れてた。
1402727526286.jpg
とりあえず入口の看板撮りましたw

イルフ童画館のサイトは→ こちらから行けますよ~♪

でもって
武井武雄さんについて
イルフ童画館の紹介ページはこちら。サイドバーからさらに詳しいページにすすめます。
そして
Wikiではこのように紹介されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【行ってきました】イルフ童画館・そのいち

先週の土曜日、14日ですが
Twitterの大人絵本会のメンバーが集まる、ということで
茅野にオフ会に行ってきました。
(ワタシ、実は今年は夏バテがきつく、体調イマイチなのですが、
茅野なら涼しいはず!大丈夫なはず!と参加を決めました。正解でした^^)

お昼過ぎに茅野に到着♪
お久しぶりな方々と合流した後、まずはランチへ連れて行っていただきます。
いかに美味しくボリュームがあったか、写真をご覧ください♡
(ちなみにこれ、出てきた品の半分くらいですーw)

1403091545733.jpg

1403091497218.jpg

1403091481547.jpg

最後のデザートは…別腹ができない体質のため、半分ほど残して持ち帰りにさせていただきました。
ええ、しっかり持って帰って食べましたよ。素晴らしく美味しかったからね!
上の写真のガレットも、中の写真のキッシュももちろん美味しゅうございました^^

お腹の皮が伸びるくらい食べ、かつ喋りながら大笑いした後は
『イルフ童画館』へ!

常設展示が武井武雄作品と、モーリス・センダック作品
企画展は酒井駒子展!
豪華なラインナップでございます。

この14日という日はですね、
酒井駒子さんの原画展にぎりぎり滑り込めるタイミング!
しかも
センダックの常設原画展も『作品保護のための一時展示休止』直前に滑り込み!
つまり
全部見られたのです♪うっふっふっふっふ!
ホントにいいタイミングでした。
主催のツイ友さんに大感謝!です♪
読んでくださってるかな?
ご一緒できた皆様にお会いできて嬉しかったです。
ホントにありがとでーす!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【イベント】第18回手塚治虫文化賞 贈呈式 に行ってきました

へっへっへー♪
今月最後の記事は、このイベントに行ってきましたのレポでございます^^

いつだっけなー
TwitterでどなたかがRTしてらしたんですよね。

手塚治虫文化賞のサイトで、贈呈式とトークイベントの参加者を応募しているってわかって
即!メール送ったんです。

倍率がどれくらいだったのかとかわかりませんが
無事に当選しまして♡
やっほいと行ってまいりました!
(しまった、当選はがき写真に撮っておけばよかった。会場で入場と引き換えに渡しちゃったです★)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【イベント】クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会『星を売る店』に行ってきました

先日の映画紹介でも登場していますツイ友さんの星見当番さんと
世田谷文学館で行われていました「クラフト・エヴィング商會」の展覧会に行ってきました♪

展覧会自体は3月30日で終了ですので
記事を読んで興味を持っていただいた方、ごめんなさいです!

早めにお断りを…★

以下は世田谷文学館の企画展ページからコピペしました紹介文です。

星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会
2014年1月25日(土)~3月30日(日)
「セタガヤの路地裏に「ないもの、あります」 の看板を掲げ、古今東西より仕入れた麗しくも奇妙な品々を世に送り届けてきた、架空のお店にして本づくり工房=クラフト・エヴィング商會。アート、デザイン、文学が融合した「アルコトナイコト」の不思議と、雲をつかむような、とっておきの「月夜のおくりもの」を網羅した商會初の棚おろし的展覧会。」


このブログでは
クラフト・エヴィング商會の吉田篤弘さんの著書「つむじ風食堂と僕」を過去記事で紹介しています。
このブログ以外でも紹介記事を書いていますが
とりあえず割愛で★
理由は後述します^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

【イベント】きくちちきさんの個展『雪あたり』(at ウレシカ)に行ってきました ※追記:動画プラスしました

しまった!今日の記事、写真がない★
ブログにすること考えて撮影してくればよかったぁぁあ~~~!

と、悔みつつ
先週の土曜に行ってきた
ギャラリーショップ「ウレシカ」さんでただいま開催中の
きくちちきさん個展『雪あたり』についてご紹介します!
25日のクリスマスまで絶賛開催中ですよ~♪ 

※後日追記:
なんと、ウレシカさんが動画をあげてくださっています♪ウレシカw
この感じだと順次UPされるんじゃないかしらん。
訪れた方はワンショット写るかもですよ!


きくちちきさんの絵本作品は
『やまねこのおはなし』
それから、秋に茅野で行われたライブペインティングについての紹介記事が
その1その2になってまーす!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【イベント】きくちちきさんライブペインティング in 茅野 に行ってきました(その2)

前の記事を見直したら、きくちちきさんについても井上賢司さんについてもちゃんと紹介していないじゃないねー★
ってことで、本日はおふたりの紹介から記事を始めさせていただきますキリッ!

きくちちきさん
男性ですw
下記のインタビューでも最初に書かれていますね。
みなさんそう思わないってこと、ですよね^^
ワタシも男性と聞いて「そうなの?」と驚きました。

TwitterやFB含め、サイトはまだないそうですので、
絵本ナビのインタビュー記事をリンクしておきますね。
http://www.ehonnavi.net/specialcontents/interview/20120410/

現在出版されているのは
      
の3作品。

このブログで紹介しているのは
「やまねこのおはなし」

そして、ちきさんはデビュー作の「しろねこ くろねこ」で
「第24回ブラティスラヴァ世界絵本原画展(通称BIB 2013)」の
<金のりんご賞>(第2位にあたります)を受賞なさいました!パチパチパチ
賞についての詳しい話も掲載されている
「しろねこ くろねこ」の出版社、学研さんの記事を↓にリンクしました♪
http://gakken.jp/ep-koho/?p=8520

これからのご活躍がますます楽しみですね!



そして、シタールの
井上憲司さん
ご自身のサイト↓のプロフィールによると
http://www.kenjiinoue.com/
シタール歴は20年以上。
CDも5枚出し、国内で活動的に演奏をしているにも関わらず、
今でも年に1~2ヶ月はインドに滞在して
シタールの指導を受けているそうです。

シタールという楽器は、演奏する曲が時間帯によって決まっていたり
即興演奏がかなりの部分をしめていたりと
いろいろ、西洋音楽では測れない要素が多いようで
複雑かつ魅力的なのは
そのあたりの「わからなさ」も含めてなのかな~、などと。

楽器自体、見ることが少ないですよね~。
Wikiのページにリンクしますね→こちらです。
下の写真の真ん中にある、後ろにぽっこりコブっぽいものがあるタイプのが
井上さんが当日弾いてらしたのと同じ種類です~。

井上さんのサイトを見てみると
ライブをかなり頻繁になさっているようなので
首都圏あたりだと生音を聴くチャンスはけっこうありそう。
ワタシも年内にもう一回くらい聴きに行ってみたいわあと思っております♪




このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。