しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスキャロル (コミック)


【送料無料】クリスマス・キャロル

【送料無料】クリスマス・キャロル

価格:1,260円(税込、送料別)


以下、Amazonより出版社/著者からの内容紹介
人とのつながりに背を向け、お金だけがすべてのスクルージにとって、クリスマスなど無意味なものでしかない。
あるクリスマス・イブ、そんなスクルージの前に過去・現在・未来の精霊が現われ、心揺さぶる"旅"へと彼を誘う。
そこでスクルージを待っていたものとは......!?
出版社からのコメント
「マンガ」で甦る不滅のクリスマス・ストーリー。
「守銭奴・スクルージはただの拝金主義者なのか?」。160年以上も世界中で愛され、読まれ続けたディケンズのあの名作が最高最適の描き手を得て、待望の完全描き下ろしコミック化!!
 光文社古典新訳文庫を原案に、名匠・坂田靖子が贈る心温まるファンタジーの世界。

坂田靖子さんの作品は
堤中納言物語
磯の貝に聴いた咄
芋の葉に聴いた咄
をこれまでに紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

シンデレラ

インノチェンティ挿絵の作品。今回はちょっと毛色が変わっています。



インノチェンティさんのファンなので、このブログでいっぱい紹介しています。

わりと短時間で読める、いわゆる一般的な絵本の
エリカ 奇跡のいのち
百年の家

絵本といってもかなり長編な
くるみわり人形
ピノッキオの冒険

に興味がおありの方はリンク先へどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

百年の家

インノチェンティの絵本が出ると読まずにはいられない…。



内容(「BOOK」データベースより)
一軒の古い家が自分史を語るように1900年からの歳月を繙きます。静かにそこにある家は、人々が一日一日を紡いでいき、その月日の積み重ねが百年の歴史をつくるということを伝えます。自然豊かななかで、作物を育てる人々と共にある家。幸せな結婚を、また家族の悲しみを見守る家。やがて訪れる大きな戦争に傷を受けながら生き延びる家。そうして、古い家と共に生きた大切な人の死の瞬間に、ただ黙って立ち会う家。ページをめくることに人間の生きる力が深く感じられる傑作絵本がここに…。人が家に命を吹き込み、家が家族を見守る。家と人が織りなす百年の歳月。


なぜか好きな挿絵画家なんです。ロベルト・インノチェンティ。
他の作品は、絵本の
エリカ 奇跡の命

長文大型絵本の
クリスマス・キャロル
くるみわり人形
ピノキオの冒険
を過去に紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマス・キャロル

ディズニーでも公開中ですね。
街もクリスマス色になってきたし、そろそろ紹介してもいいかな?


クリスマス・キャロル

以前書いていたインノチェンティさんの絵本です。
この人の絵にはまっていて
ブログでも「くるみわり人形」「ピノキオの冒険」「エリカ 奇跡のいのち」と、けっこう立て続けに3冊紹介していますね。

今回のクリスマス・キャロルは、くるみわり人形とかピノキオと同系列。
中編くらいの物語に挿絵をつけて大判の絵本にしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エリカ 奇跡のいのち

ここのところ、ずっとはまっているインノチェンティの絵本。
でも、今日紹介するこの本は、
以前に紹介したくるみわり人形ピノキオの冒険と、かなりタイプが違います。



エリカ 奇跡のいのち

物語絵本ですが、著者ルース・バンダー・ジーが出会った
ひとりの女性に起きたできごとを語ったノンフィクションでもあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピノキオの冒険

先日の くるみわり人形に続いて、またもインノチェンティの絵本です。

ピノキオの冒険ピノキオの冒険
(1992/11)
カルロ コルローディ

商品詳細を見る


表紙はすごく地味です。どうしてこんなに絵を小さくするんだろう…。
カテゴリーとしては絵本ですが
この絵本も大人向けですね。だいたい漢字がっつりなのにルビがほとんどふってません。
小学校高学年くらいならなんとかなるかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

くるみわり人形


くるみわり人形

以前、センダックの「くるみわり人形」2回に分けて紹介したことがあります。

今回紹介するのも、大判絵本、かつ、文章しっかり充実でタイプが似ていますね。
挿絵はロベルト・インノチェンティという人です。イタリアの方のようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。