しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンデルセン童話全集Ⅲ

本日紹介の本は、メチャメチャ骨太でございます☆


商品の詳細説明
国際アンデルセン賞受賞画家ドゥシャン・カーライ夫妻が、4年の歳月をかけてすべてのアンデルセン童話に挿絵を描いた渾身の全集、待望の第3巻。
精巧な筆致で描かれた美しい挿絵は、全編オールカラーの力作。
第3巻には「旅の仲間」「みにくいアヒルの子」「ヒツジ飼いの娘とえんとつそうじ人」「影法師」「すべて、あるべきところに」「賢者の石」「エンドウマメの上に寝たお姫さま」「氷姫」「子ども部屋で」「名づけ親の絵本」「だれが一番幸福だったか」「ノミと教授」など48編収録。
全3巻、ついに完結!

著者はもう紹介するまでもありませんね、アンデルセンです。
絵のご夫妻は
ドゥシャン・カーライ&カミラ・シュタンロヴァー
出版社は西村書店です。

アンデルセンの作品もこのブログではけっこう紹介してますね。
伝記は「アンデルセン 夢をさがしあてた詩人」が名作でございます。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

白い鳥になった少女

今はどの本で読めるのかしらん?
ワタシが持っているのは↓の傑作集です。



原作はアンデルセンですね。「パンを踏んだ娘」というタイトルです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

火打ち箱(高野文子ペーパークラフト)

すごいすごいすごーい♪♪


内容(「MARC」データベースより)
兵隊が魔法使いから手に入れた古い火打ち箱を打つと、水車くらいある大きな目玉の犬がやってきて、なんでも望みをかなえてくれて…。アンデルセンの物語と、高野文子さんによるペーパークラフトのまか不思議な一冊。

原作はアンデルセン
再話は赤木かん子
ペーパークラフト&写真は高野文子
出版社はフェリシモ出版です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンデルセン童話集 ハリー・クラーク絵

児童書にカテゴライズは違うよな~★
と思うんですけど、YAでもなければ小説でもないということで
苦肉の策なのです…

【送料無料】アンデルセン童話集

【送料無料】アンデルセン童話集
価格:3,990円(税込、送料別)


内容(「MARC」データベースより)
荒俣宏の新訳に、アイルランドの幻想派挿絵画家ハリー・クラークのカラー挿絵が悲哀と残酷を感動に変える。アンデルセン生誕200年に贈る極めつけの一冊。

著者も挿絵も上の紹介にありますねw
出版社は新書館です。

あ、私が読んだのは↑ですが
文春文庫にもなっているようです。
後日確認しなくては!

アンデルセンについては
伝記の「夢をさがしあてた詩人」
絵本の「すずの兵隊」「火うちばこ
アンソロジーに入っている「あの女はろくでなし
を過去記事で紹介しています。
(意外と少なかったですね…)

このエントリーをはてなブックマークに追加

火うちばこ

グリムじゃないよ、アンデルセンだよ

【送料無料】火うちばこ

【送料無料】火うちばこ
価格:1,785円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ふしぎな火うちばこを手に入れた兵隊さんがお姫様に恋をする。でも王様にみつかって、死刑台に。そこで男が火うちばこをカチッとならすと…。
原作はアンデルセン
文と絵はエリック・ブレグバッド
出版社は小学館です。

ブレグバットの作品は
海時計職人ジョン・ハリソン

アンデルセンの作品は
すずの兵隊

自立
それから伝記の
アンデルセン 夢をさがしあてた詩人
を過去にブログで紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

すずの兵隊

アンデルセンの絵本です。


Amazonには内容紹介は載っていませんでした。古い本だからかな?

文章はアンデルセン
絵はモニカ・レイムグル―バー
出版社はほるぷ出版
です。

アンデルセンについては
伝記の
アンデルセン 夢をさがしあてた詩人
アンソロジーに入っている
あの女はろくでなし
をこれまでに紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンデルセン 夢をさがしあてた詩人

おススメの伝記です。


内容(「MARC」データベースより)
貧しい靴職人の子として生まれながら、世界的童話作家となったアンデルセン。しかしその生涯は報われない恋と放浪の旅のくり返しだった。時代と場所を超える不滅の傑作を生み出した作家の内面を描いた伝記の決定版。

著者はルーマ・ゴッデンさん。出版社は偕成社さんです。

ゴッデンさんの著書は
ディダコイ

台所のマリアさまをその1その2の2回かけて紹介しています。
そのうち「バレエダンサー」も紹介したいなー。

¥アンデルセンの作品自体は
あの女はろくでなし
を過去に紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの女はろくでなし

アンデルセンの作品です。
この本に収録されています。

自立 (Little Selectionsあなたのための小さな物語)自立 (Little Selectionsあなたのための小さな物語)
(2002/05)
赤木 かん子

商品詳細を見る



この本全体というより、今回はこの物語の紹介です。
というのも、アンデルセンの作品としてはそれほど有名ではないのですが
とてもいい作品なので。


洗濯女と息子の話です。
川で洗濯をする母親は、寒さしのぎに酒を飲むので周囲からは「ろくでなしだ」と言われています。
しかし、彼女は若いころ、金持ちの息子と恋をしたことがあり
金持ちの息子の母親に反対され、自分が正しいと思う道――金持ちの息子と別れ、自分の身分につりあうと思われる男と結婚していたのでした…。

愛し合い、結婚することが正しい形だというロマンスの本は多くありますが
相手のためにその愛をあきらめることもまたひとつの正しいかたちでありうる
ということが、洗濯女の話からわかります。


話を聞いた(読んだ)あとには、物語の最後に洗濯女の息子がする
「おかあさんはろくでなしなの?」という問いかけには
だれもが「そんなことはないよ」と答えたくなることでしょう。

見た目の裏側、現れない心とその美しさ・強さ
短い中にそんなものを感じさせられる話です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。