しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あめふらし




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美しく聡明だが、残酷な王女に結婚を申しこんだ若者は動物たちの助けを借りて王女とのゲームにのぞみます。ブラティスラヴァ世界絵本原画展でグランプリ受賞作。

グリム童話
訳:若松宣子
絵:出久根育
出版社:偕成社(現)、パロル舎(旧)

出久根育さんはカテゴリがございますので
サイドバーを通して、他の作品の記事もご覧いただけます。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

グリム童話集 岩波少年文庫

今買える岩波書店のグリム童話はこちらです^^

【送料無料】グリム童話集(上)

【送料無料】グリム童話集(上)
価格:756円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『グリム童話集』は、ドイツのグリム兄弟が、いまから約200年前にあつめた昔話を本にしたものです。「ブレーメンの音楽隊」「白雪姫」「親指こぞう」「ものしり博士」「三本の金の毛のある悪魔」など、読んで楽しい25話をおさめます。対象年齢、小学3・4年以上。

【送料無料】グリム童話集(下)

【送料無料】グリム童話集(下)
価格:756円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昔話はもともと語りつがれてきたもので、シンプルな語り口が持ち味です。「赤ずきん」「灰かぶり」「金のガチョウ」「ゆうかんな仕立屋さん」など、時代と文化のちがいをこえ、世界中で親しまれている25話をおさめます。対象年齢、小学3・4年以上。

挿絵は出久根育さん。
訳は佐々木田鶴子さん。
出版社は岩波書店です。

このブログでは、同じく岩波書店の
グリム童話集
とか
センダック挿絵の「ねずの木」
とか
絵本のすいしょうだまシンデレラハーメルンの笛吹き男とかこびとのくつやいばらひめ
なんかを紹介しています。

出久根さんが絵の本は
ペンキや
マーシャと白い鳥
十二の月たち
が過去記事で見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グリム童話集 茂田井武・絵

ズバリ、最近グリムにハマったのはコレなのでした。

【送料無料】グリム童話集(1)

【送料無料】グリム童話集(1)
価格:1,995円(税込、送料別)


【送料無料】グリム童話集(2)

【送料無料】グリム童話集(2)
価格:1,995円(税込、送料別)


【送料無料】グリム童話集(3)

【送料無料】グリム童話集(3)
価格:1,995円(税込、送料別)


書籍巻末紹介文より
昔話の真価を初めて発見したグリム兄弟が、ドイツの各地で採集し美しい文章に綴った多くのお話は、いまや世界中の子どもたちの宝物となっています。その中から、「ヘンゼルとグレーテル」「赤ずきん」「白雪姫」など六十編をえらび、明快な訳文に昔話特有の素朴さ、楽しさ、恐ろしさを見事に表現したさし絵をつけておくります。

採話はグリム兄弟
翻訳は相良守峯
絵は茂田井武
出版社は岩波書店です。

グリム童話は絵本も児童書もいろいろ紹介していますので検索していただくのがイイかも★
茂田井武さんの作品はセロひきのゴーシュを紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ねずの木 そのまわりにもグリムのお話いろいろ

いろんなタイミングで久々に読んだ作品です。


内容(「BOOK」データベースより)
本書は、画家のモーリス・センダックが、グリム200編のなかからこれぞと思うお話を27えらび、一話にひとつずつ絵をつけてこのようなかたちに仕立て上げたものです。なかには「ヘンゼルとグレーテル」や「白雪姫」といった有名なお話もあれば、「フリーダーとカーターリースちゃん」とか「まことのフェレナンドとよこしまフェレナンド」のように、ほかではめったにお目にかかれない変わり種もふくまれていて、センダックならではの独自なグリム観をものがたるものとなっています。

文章はL.シーガルさん。
絵はモーリス・センダックさん。
出版社は福音館書店です。

センダックさんの作品は
くるみわり人形をその1その2の2回で紹介
その他
みつばちじいさんの旅
怪じゅうが町へやってきた
おいしそうなバレエ
ロージーちゃんのひみつ
かいじゅうたちのいるところ
を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

すいしょうだま グリム童話より

困ったときのスズキコージ頼みw

【送料無料】すいしょうだま

【送料無料】すいしょうだま
価格:1,890円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
魔法使いの女には三人の息子がいた。魔法使いは息子たちが自分の魔法の力を盗もうとしていると思い込んで長男を大鷲に、次男を鯨にしてしまった。それを見てすたこら逃げ出した三男は、ある村で、かわいそうなお姫様のうわさを聞いた。魔法使いに魔法をかけられて「きんきらきんのお日さまの城」に閉じ込められているのだという。三男はお姫様を助けようと、魔法を解くために必要な「すいしょうだま」を探しにでかける。

グリム童話を再話して、絵をつけたのがスズキコージさん。
好きなんですよ~
いっぱい紹介してるんですよ~w
なので
検索かけてもらった方がいいのかも、です☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。