しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のルール

「ルールは守ること。意味のわからないルールなら、なおさら」
裏表紙の言葉です。守って今月も21記事目、更新いたします。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
きょうだいがいる人もいない人も大人も子供もみんなの心にじん、と残る『アライバル』『遠い町から来た話』のショーン・タンが描くあたらしい夏のものがたり。

著者は書いてますね。
出版社は河出書房新社です。
好きな作家なのでカテゴリも独立しています。ご興味おありの方は、サイドバーからどうぞご覧ください。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロスト・シング

ええ!?これって映画になってたの?
ってことは検索かけててなんかDVDが出てくるなーと思ったアレは…

「ほろ酔い絵本会」のご紹介本です。
おススメくださったのは<ほとり>さん。

紹介文は以下になります。
「ショーン・タンの絵が本当に好きでして...。
初めて見たときは、「なんか知ってるぞ」と思いながら、
「こんなのは見たことないな」と引き込まれたものです。

ロストシングは、アニメーションも絶品です。
何度も何度も何度も、あの世界へ浸ってしまいます。」
とのこと。
ほとりさんは動画も教えてくださってます~♪


ということで、本はこちら↓

内容紹介
少年が海辺で出会った迷子は大きくて赤いだるまストーブとヤドカリとタコが合わさったような奇妙な生き物。街でも目立つのに誰もその存在に気づかない。アカデミー賞受賞映画の原作絵本!

著者はショーン・タン。
絵本の出版社は河出書房新社です。

ショーン・タン作品は「アライバル」をなんと3回にも渡って紹介していましたよ!
その1
その2
その3
です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アライバル・その3

ショーン・タンさんの特集をしている雑誌を買うべきか否か悩みつつあるワタシ
アライバルの紹介は本日が最終日になります。

【送料無料】アライバル

【送料無料】アライバル
価格:2,625円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新たな土地に移民した者が、その土地で生まれ変わり、新生児のように成長していく。そこには過去の自分を捨てなければならない辛さと、新しい人生を歩むチャンスを手にした幸せとの両面がある。それをまるでサイレント映画のように一切の文字を使用せず表現した、究極の文字なし絵本。

著者はショーン・タンさん。
出版社は河出書房新社。

その1はこちらをクリック
その2はこちらをクリック
してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アライバル・その2

前記事に引き続き
紹介記事その2で~す♪

【送料無料】アライバル

【送料無料】アライバル
価格:2,625円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新たな土地に移民した者が、その土地で生まれ変わり、新生児のように成長していく。そこには過去の自分を捨てなければならない辛さと、新しい人生を歩むチャンスを手にした幸せとの両面がある。それをまるでサイレント映画のように一切の文字を使用せず表現した、究極の文字なし絵本。

著者はショーン・タンさん。
出版社は河出書房新社。

最初の部分の紹介はこちらのクリックをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アライバル・その1

駅ナカの書店で表紙見せの面陳販売になっていて
人気なのかなーと思っていた本。

後日ちゃんと見たらすごくイイんです。
コドモノ本からはチョイっとずれますが
絵本、ということでこちらで紹介。
ワタシのキャパ的に
1回で紹介でしきれないので、とりあえず今日はその1です。
(カテゴリはYAにしました。コレ、絵本だと浮くわ…)

【送料無料】アライバル

【送料無料】アライバル
価格:2,625円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新たな土地に移民した者が、その土地で生まれ変わり、新生児のように成長していく。そこには過去の自分を捨てなければならない辛さと、新しい人生を歩むチャンスを手にした幸せとの両面がある。それをまるでサイレント映画のように一切の文字を使用せず表現した、究極の文字なし絵本。

著者はショーン・タンさん。
出版社は河出書房新社です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。