しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

魂をはこぶ船 幽霊の13の話

プロイスラーの昔話、最終巻です。


魂をはこぶ船―幽霊の13の話 (プロイスラーの昔話) スズキコージ・絵
内容(「MARC」データベースより)
児童文学作家プロイスラーがドイツやまわりの地域に伝わる昔話を集め、自分なりに語り直したお話集。第3巻は、魂が救われないままにさまよったり、人間につきまとったりする幽霊の話13話を収録。

プロイスラーの昔話は、このほかに
真夜中の鐘がなるとき

悪魔と魔女の13の話
があります。

ほかに大どろぼうホッツェンプロッツ と 大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる 大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる
小さい魔女 クラバート
などもこのブログで紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

地獄の使いをよぶ呪文 悪魔と魔女の13の話

昨日に引き続き
プロイスラーの昔話を紹介します。



地獄の使いをよぶ呪文―悪魔と魔女の13の話 (プロイスラーの昔話) スズキコージ・絵
内容(「MARC」データベースより)
児童文学作家プロイスラーがドイツやまわりの地域に伝わる昔話を集め、自分なりに語り直したお話集。第2巻は、悪魔に魂を売り渡した有名なファウスト博士や、うまく悪魔から逃げ出す話など、悪魔と魔女の話13編を収録。

第1巻の紹介および、このブログで紹介したプロイスラーの作品へのリンクは
真夜中の鐘がなるとき―宝さがしの13の話
で読むことができます♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

真夜中の鐘がなるとき 宝さがしの13の話(プロイスラー・文 スズキコージ・絵 小峰書店)

いいカンジの児童書、発見♪



内容(「MARC」データベースより)
児童文学作家プロイスラーがドイツやまわりの地域に伝わる昔話を集め、自分なりに語り直したお話集。第1巻は宝探しの話13編を収録。大晦日の真夜中、貧しいおかみさんが岩山にさしかかると、ほら穴の口が開き宝物が…。


プロイスラーが書いた昔話?
しかも挿絵がスズキコージ!
ハズレなわけがないでしょう♪

ということで読んでみました。
大アタリ~

あ、プロイスラーの作品は
ホッツェンプロッツシリーズが三冊
大どろぼうホッツェンプロッツ と ふたたびあらわる そして みたびあらわる
それから小さい魔女 と クラバートを過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる

ホッツェンプロッツ、最後の巻です。



ここまでのお話は
大どろぼうホッツェンプロッツ
大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる

同じ著者の物語は
小さい魔女
クラバート
紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大どろぼうホッツェンプロッツ

私事ですが、大ハマリしたのは小学校の2年だったか、3年だったか…。


大どろぼうホッツェンプロッツ (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (1))/プロイスラー作

今出ているのは改訂版なんですね。
初版は1966年に出版されています。

作者のプロイスラーの作品は
ホッツェンプロッツとタイプが似た小さい魔女
全然タイプが違うクラバート
以前紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さい魔女


小さい魔女 (新しい世界の童話シリーズ)

がーん、画像が英語版しかない。というわけで表紙画像は英語版ですが
紹介するのはもちろん日本語のほうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

クラバート

クラバートクラバート
(1980/01)
オトフリート=プロイスラーヘルベルト=ホルツィング

商品詳細を見る


なんどか挫折してやっと書けます。。。


プロイスラーというと、よく知られているのは
大どろぼうホッツェンプロッツのシリーズだったり
小さい魔女だったりと
どれもわりとユーモラスなタイプなのですが


その感覚でこの本を読もうと思うと
大間違い
です。


ファンタジーというくくりにするには暗くて重く
やっぱりこれは黒魔術なんだなぁと感じます。
最初はそれほど深く考えていない主人公がいつの間にか深みにはまっていく。
ただ、魔術にはうまみというか利点と感じられるところも確かにあるし
抜け出すこともうまくできない。
最初は少年だった主人公クラバートが
三年かけて青年になる様子や内面の成長を含めた変化
周囲の人々のことなど
きめ細かに描かれています。


緻密さと複雑さがいかんなく発揮されたこのストーリー
作者が一度挫折して中断したというのもうなずけます。
それくらい魔術的な密度が濃く、そこから抜ける光をあらわすのは大変だったのではないでしょうか。
ラストでクラバートが助かるシーンは短いのですが、とても印象的です。


時間と気持ちに余裕があって、濃い物語を読みたい活字中毒的な人におススメです。
小学校高学年以上じゃないと読み進めるのはキビシイかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。