しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ことりぞ

表紙を見るからに秋なんですけど
待っていられないのでご紹介でございます♪

ことりぞ

ことりぞ
著者:京極夏彦
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

商品説明
「妖」の巻。日本の妖怪の原点を描く!
仏壇のある部屋、古いお堂、家と家との細いすきま…。あやしい気配がたちのぼる。
「なにかいますか?」「なにもいません」
京極夏彦と山科理恵がいざなう妖怪の原風景。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なにかがいる気配…妖怪の原点を描く。京極夏彦×山科理絵の妖怪絵本。

著者は上記のとおり。
出版社は岩崎書店、妖怪えほんのシリーズですね。
初版は2015年3月20日。奥付の日付より早く書店に出ていましたよ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あずきとぎ

これはガチで怖かったです★
コワイ本好きな方にぜひ!

あずきとぎ

あずきとぎ
著者:京極夏彦
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

「怖」の巻。水辺にひそむ恐怖の妖怪
しょきしょきしょきしょき。へんなおとがするな。「ああ、それはあずきとぎだ。おばけだよ」
京極夏彦と町田尚子が届ける絵本史上最高の恐怖。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
おばけなんかいないさ。きをつけていればへいきさ。京極夏彦×町田尚子の妖怪絵本。

著者は上記のとおり。
出版社は岩崎書店、「妖怪えほん」シリーズです。
初版はこれも未来のw2015年3月20日でございます^^

京極さんの作品も、町田さんの作品もサイドバーのこわい本カテゴリに入っておりますので
よろしかったらどうぞです♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

とうふこぞう ※追記ちょっとだけあります

キタキター♪待ってましたのよ♡
ってことで、今日から3記事続くの予定。
おっきなサイズで表紙を見せてのご紹介でございます^^

とうふこぞう

とうふこぞう
著者:京極夏彦
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

商品説明
「笑」の巻。おとうふもってどうすんの?
おばけは怖い。怖くて眠れない。なにかがふとんに乗っかった! あれ? 怖くない。なにしにきたのかわからない…。
京極夏彦と石黒亜矢子による、妖怪ナンセンス絵本!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あはははは、おとうふ持ってどうするの?京極夏彦×石黒亜矢子の妖怪絵本。

著者は上記のとおりですね。
出版社は岩崎書店。「妖怪えほん」のシリーズです。
初版は2015年3月20日…?未来の日付になっておりますwww

妖怪えほんのシリーズや怪談えほんのシリーズなど、怖い本はカテゴリ作っています。
サイドバーからご覧いただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるい怪談




ふるい怪談

ふるい怪談
著者:京極夏彦
価格:691円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お侍のNさんがお化けを見た!?トイレの中に20年も入っていたIさん。家族の悩みを狐に相談する幽霊。猿にマッサージされたFさん。猫になってしまったSさんの奥さん。幽霊が作った団子。15日間、毎日化け物がやってきたIさんの家。夜に頭を叩きにくる大亀…。江戸時代に人々から聞き集めたふしぎな体験談を、今風にアレンジ!ちょっと怖くてかなり面白い、新しく書かれた、ふるい怪談!小学上級から。

文:京極夏彦
イラスト:染谷みのる
出版社: KADOKAWA
初版:2013年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加

かがみのなか 怪談えほん

怪談えほん第2期、じつはこの絵本のほうが先に出ていたのです。


商品の詳細説明
怪談えほんシリーズ〈第2期〉、恩田陸と樋口佳絵が描く身近にひそむ恐怖の世界。
いえでもまちでも、見ない日はないかがみ。かがみのなかはいつもあべこべ。少女とかがみをめぐるふしぎなお話。かがみを見るたびにふしぎな気持ちとこわさがよみがえる。

岩崎書店から出版されております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おんなのしろいあし 怪談えほん

新刊が出たということで読んでみました。
そして書くのですw


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
みんながこわがるふるいそうこにぼくはひとりではいった。するとそこには…。岩井志麻子と寺門孝之が導く妖しく美しい世界。

文章も絵も商品紹介にお名前がありますね。
編集は東雅夫
出版社は岩崎書店です。

怪談えほんのシリーズは、このカテゴリ(「オカルト・ホラー・こわい本」)でかなり紹介していますw

このエントリーをはてなブックマークに追加

かえるごようじん

この絵本はたしかカーリルのレシピにあったはず。
テーマが何だったかは忘れちゃったけど、コワイ系の絵本だったような?


商品の詳細説明
おろそしい魔物がいる森のはずれに住んでいるおばあさん。おばあさんの味方はたった一匹のかえるだけ。ところがなんてことでしょう。このかえるときたら・・・

著者はウィリアム・ビー
出版社はセーラー出版です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あけるな

すみませんねぇ。夏ですからね、暑いですからね。
コワイ本はちょっと積極的に紹介しちゃうのですよ…

【送料無料】あけるな [ 谷川俊太郎 ]

【送料無料】あけるな [ 谷川俊太郎 ]
価格:1,680円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「あけるな」「あけるなったら」「あけるとたいへん」「あけてはいけない」…、扉のその先は?とびらってのはね、あけるためにあるんだよ。扉の絵本。

文章は谷川俊太郎さん
絵は安野光雅さん。
出版社はブッキング。1976年出版の本を底本に復刊した作品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。