しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

命のビザを繋いだ男―小辻節三とユダヤ難民

不思議なもので、少しずつではありますが
ワタシがブログで紹介したいなと思うタイプの戦争の本に
毎年毎年、ちゃんとめぐりあっているのです。

特に探してるわけでもないのですが
何か他の情報をと見ているうちにふっと目につき
読んでみる。
最近は、(本読みとしてはお恥ずかしいですが)手に取っただけで読み切れない本もあるのに
ふっとラジオのチューナーがあうように、本とのタイミングや波長があって
すんなりと読みこめる。

こういう出会いには、やっぱり感謝ですね。

というわけで、まだ涼しい時期に読んでいた本を
この暑い時期にご紹介となったのでした。
ちょっとギリギリなタイミングでごめんなさい、ですが★


内容紹介
ナチスの恐怖からユダヤ人を救った、
もう1人の日本人がいた
日本のシンドラー・杉原千畝の「命のビザ」で日本に逃れたユダヤ難民6000人。しかし許された滞在期間はわずか10日あまり。ビザが延長できない場合、彼らを待っているのはホロコーストの地獄だった。そんなユダヤ人たちに命を賭して救いの手を差し延べたのが、ヘブライ語学者・小辻節三であった。なぜ、どのようにして、小辻はユダヤ人たちを安全な地へと導いたのか? 小辻の生きざまに惹かれた俳優の山田純大が、イスラエル等を取材し、昭和史に埋もれた真

あれ?アマゾンの内容紹介、切れてるのかもですー★

著者は山田純大さん
出版社はNHK出版です。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

エーディト、ここなら安全よ

この時期に紹介しておきたい本です。


内容(「BOOK」データベースより)
あの困難な時代に、危険をおかしてユダヤの子どもたちを守った町があった…!人の心が持つ力と希望をえがく、感動のノンフィクション。

著者はキャシー・ケイサー
出版社はポプラ社です。

戦争関係の本はカテゴリを作っています。
ご興味おありでした、サイドバーのカテゴリからどうぞおいでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に来たユダヤ難民: ヒトラーの魔手を逃れて 約束の地への長い旅

月初だからとのんびりしすぎましたね。
こういう本の紹介をしようと思って、ストックも何冊か用意してるのにー★


内容紹介
本書は、杉原千畝によって救われたユダヤ人側から書かれた。
その長い苦難の道のりと、ついにはイスラエル建国へとたどりつくまでの極限のドラマ。
場所と時代を超えて読む者の魂をゆさぶる迫真と感動のドキュメント!

著者はゾラフ・バルハフティク
出版社は原書房
同じ出版社から、新版として今年の春に出たようですね。書店で買いやすくなってるかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナチスから逃れたユダヤ人少女の上海日記

なんでかな。この本はなんとなく8月じゃないほうがいいような気がするの。。。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
50年間封印された“絶望と恐怖”“驚愕と希望”の9年間の記録。ナチスの迫害に絶望したヨーロッパのユダヤ人2万人が魔窟・上海に逃げ込んだ…。少女がそこで見たものとは…。
【目次】(「BOOK」データベースより)
一九三九年三月卯年/一九三九年五月卯年/一九三九年八月卯年/一九三九年九月~一九四〇年一月辰年/一九四〇年~一九四二年一月巳年/一九四二年午年/一九四三年初め未年/一九四三年三月未年/一九四三年半ば未年/一九四三年十二月未年/一九四四年 申年/一九四五年 1 酉年/一九四五年 2 酉年/一九四五年 3 酉年/一九四六年 戌年/一九四七年 新しい始まりの年

著者はウルスラ・ベーコンさん
出版社は祥伝社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンの娘リラ

夏の、この時期に
紹介したかった本です。



著者はルーシー・モード・モンゴメリ
出版社は新潮社。改訂版の文庫です。

赤毛のアンシリーズの最終巻になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く

紹介し忘れたらまた来年まで1年待たなくちゃかも…
と思い、ちょいっと焦ってますw

【送料無料】たった独りの引き揚げ隊

【送料無料】たった独りの引き揚げ隊
価格:1,680円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一九四五年、満州。少年はたった独りで死と隣り合わせの曠野へ踏み出した!四一連戦すべて一本勝ち。格闘技で生ける伝説となり、山下泰裕を指導するなど、日本柔道界・アマレス界にも大きな影響を与えた男・ビクトル古賀。コサックの血を引く男は「俺が人生でいちばん輝いていたのは一〇歳だった」という。個人史と昭和史、そしてコサックの時代史が重なる最後の男が命がけで運んだ、満州の失われた物語。

伝記とノンフィクションの間みたいな本ですね。
ビクトル古賀の物語。著者は石村博子さん。
出版社は角川書店です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまでも、いつまでもお元気で

そんな時期が近づきつつありますので…。
今年はちょっと紹介してみます、戦争関連本(でも、世の中に多い主張とは違うので、気になる方は読み飛ばした方がいいと思います…)。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
再び還ることのできない出撃を前に、特攻隊員たちは真心のこもった手紙を書き残しました。両親への感謝、幼い弟妹への気遣い、この国の未来への想いー。温かく、優しい言葉を残して、大空に散った若者たちの記録。

知覧特攻平和会館・編
草思社より出版されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も別ブログで紹介した本のリンク

先日、夜と霧で紹介したV.E.フランクルの

それでも人生にイエスと言うそれでも人生にイエスと言う
(1993/12)
V.E. フランクル

商品詳細を見る


よかったので、別ブログで覚書的な感想を書きました。
こちらです。

よかったらご参考にどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。