しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

きいろいのはちょうちょ

春になって、蝶々が飛びはじめるころに読みたい絵本です。
関東はちょっと遅かったかな?



商品説明
独特のデザインとその色彩感覚にファンも多い五味太郎によるしかけ絵本で、全国学校図書館協議会、日本図書館協会に選定されている1冊。偕成社の「五味太郎 しかけ絵本」シリーズとしては、他に『とうさんまいご』 『まどからおくりもの』がある。
「きいろいのは ちょうちょ…」と思って男の子がアミをかぶせると、「あれ ちょうちょ じゃない」。そこにあるのは、花だったり、ひよこだったり、風船だったり。何度つかまえても違うから、男の子も段々不安になってきて、ついには「きいろいのは…もう ぜったいに ちょうちょ じゃない…」
ちょうちょの形に穴があいて、ページをめくるのが楽しみなしかけ絵本である。つかまえようとするページをめくると、穴がサングラスやリボン、ブタの鼻などに変化するのも、また楽しい。カラフルなイラストとくり返しの文章は、小さな子どもたちの心をとらえる魅力にあふれており、読み聞かせに最適の1冊である。(小山由絵)

著者も出版社も商品説明に書いてますねw 
五味太郎さんで偕成社さんから出ています。

五味太郎さんの作品は
『さる・るるる』
『みんなうんち』<
a href="honwagohan.blog19.fc2.com/blog-entry-233.html " target="_blank" title="『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』">『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』
『ぽぽぽぽぽ』
を過去記事で紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽぽぽぽぽ

久々のご紹介ですね。五味太郎さんの絵本です。

ぽぽぽぽぽ (偕成社の五味太郎絵本)ぽぽぽぽぽ (偕成社の五味太郎絵本)
(1989/06)
五味 太郎

商品詳細を見る


谷川さんもですが、この方もホントに言葉に対するセンスがいいんですよね。
最近、赤ちゃん絵本を探してた関係で
擬音系の絵本を読むことが多かったのですが
谷川さんや五味さんだと
「ハズレのはずないけど、念のためチェックしとこうか」
って感じになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ


わにさんどきっ はいしゃさんどきっ


表紙見ただけでわかりますね。五味太郎さんの絵本です。

歯医者の予約をばっくれて、再度連絡をしていない身としては
良心のかしゃくを感じつつ読んでしまう絵本です(笑。

虫歯のわにさんと、たずねられた歯医者さん。
ふたりがそれぞれの立場から、会話をしているのですが
それがそっくり同じ言葉を使うんですね。
治療する側とされる側。まるで逆なのに文字は同じというギャップが楽しいです。

最後の言葉は自分に言い聞かせなくっちゃ。
「だから はみがき はみがき」

歯医者さんには
はははのはなしといっしょにこの絵本もぜひ!待合室においてほしいです。
説得力、ありますよ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなうんち

みんなうんちみんなうんち
(1977/07)
五味 太郎

商品詳細を見る


今はビデオとかDVDも出てるようですが、やっぱ絵本ですね♪


とにかく一冊うんちの話。
最近の健康ブームで、うんちは大事よとだいぶ認識されるようになりましたが
そんなのなくても子どもってうんちの話好きなんですよね。


お勉強的な本はもっと大きくなってからですが
この本はそれこそトイレを教えるくらいの子から楽しめます。
りくつじゃなくって、いきものはみんなうんちをするんだという
そのことの面白さです。


うんちを教えない子がいるのは
自分から出たものを取られちゃうのがいやだから
という話を何かで読んだ記憶があります。
ほんとかな?って思いますが
みんなうんちを読むようになってから
トイレでうんちをして、うんちさんバイバーイって
できるようになった子がいるのはほんとの話です。


ただ、この本はちょっと残念な部分があって
本のなかで
「へびのおしりはどこ?
くじらのうんちはどんなの?」
って問いかけがあるんですが、本の中には答えがかいてないんですよね。
理科の本じゃないんだっていっちゃえばそれまでですけど
そこは絵本として不親切な部分だと思うな。

ちなみに
くじらのうんちを図鑑などを使って調べるお家もけっこうあるみたいです。
へびのおしりのはなしは聞いたことないんですけどね…。


どこなのか、わたしも謎なんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

さる・るるる


五味太郎・著

これ、けっこうメジャーなので
ブログのタイトルとはあってないかも(笑。

人気があるからシリーズになったりしてるんですよね。
でもきっとこれが一番面白いと思う。

ことばあそびも兼ねた絵本です。
さる・みる
から始まって、「る」で終わる二文字の動詞を「さる」と組み合わせてストーリーが展開。
ちゃんとストーリーになってて
しかも楽しめるのがすごい。

うちの姪っこが小さい頃
これ全部暗記してましたね。驚いたので後日購入しちゃいました。

シリーズは





(画像がなかった。ばく・くくくです)

なんかがあります。
五味太郎さんは名作いっぱい作ってるから、そのうちまた紹介すると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。