しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【DVD】ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ

映画「ウォルト・ディズニーの約束」を観たときに、ちょっと気になっていたふたり。
映画音楽を担当していたふたりはご兄弟だったんですかー
と、知ったところでDVDも発見し、観てみましたの。


ディズニー・スタジオ ムービーストア作成You tube動画ページ概要よりコピペ
「本作は、『メリー・ポピンズ』『くまのプーさん』『ジャングル・ブック』「イッツ・ア­・スモールワールド」などディズニーの映画やテーマパークの数々の名曲を作り、アカデ­ミー賞(R)、グラミー賞など数々の賞を受賞した伝説の音楽家シャーマン兄弟の生涯を­描いたドキュメンタリー映画です。作詞家の兄ロバート、作曲家の弟リチャードの兄弟は­どのようにして数々の名曲を作り、称賛されるようになったのか。彼らの生まれから近年­まで、シャーマン兄弟自らが振返るとともに、数々の著名人の証言、当時の貴重な映像や­音楽を使い、この映画は製作されました。 監督・製作も彼らの息子たちが担当しています。 ジュリー・アンドリュースやジョン・ラセター、ジョン・ウィリアムズ、アラン・メンケ­ンなどシャーマン兄弟と仕事をした様々なスタッフ・キャストの証言や、シャーマン兄弟­にアカデミー賞をもたらした映画「メリー・ポピンズ」での製作秘話、ウォルト・ディズ­ニーとの思い出など、貴重な映像を使って構成されており、見どころが満載。名曲誕生に­隠されたエピソードを、リアルなドキュメンタリー映像とともにお楽しみください。」

ちなみに映画の感想は こちら(雑感) と こちら(役者感想など) で2回に分けて記事を書いています。

ワタシ、過去記事でね
『ディズニースタジオの面々が音楽を作り上げる場面は
ホントにこんな感じだったんだろうなーと
リアリティたっぷり。』
と書いていたのですが
実際はどうだったのかしら?

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【DVD】マン・オン・ワイヤー

911は過ぎましたが…


2009年アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した作品です。

監督:ジェームズ・マーシュ
製作:サイモン・チン
製作総指揮:ジョナサン・ヒューズ
出演者:フィリップ・プティ
音楽:マイケル・ナイマン、ジョシュア・ラルフ
撮影:ジンクス・ゴッドフリー
編集:イゴール・マルティノヴィッチ

絵本『綱渡りの男』の紹介記事はこちらからご覧いただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画】『アナと雪の女王』を観てきました

やあああああっと観てきましたわー。
ホントは3Dで観たかったんですが、そこにこだわってると見逃しそうでしたので2D字幕版です。


チェック:アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーミュージカル。触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深くへと旅に出る。監督は、『サーフズ・アップ』のクリス・バックと『シュガー・ラッシュ』の脚本家ジェニファー・リー。愛情あふれる感動的なストーリーはもちろん、美しい氷の世界のビジュアルや個性的なキャラクター、壮大な音楽など、ファンタジックな魅力に酔いしれる。
ストーリー:エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく。

えーと、
本日はかなり<くろいまちこ>仕様でまいりますのでご容赦を★
ネタバレ&暴言アリですので、観てない方と大好きな方は
続きを読むのをおやめになった方がよろしいかも、でございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【DVD】ラースと、その彼女 ※追加のいろいろを…

えー

先日記事をUPした「ラースと、その彼女」ですが


読み返したら、ワタシの紹介記事、なんかものすごいレロレロな書き方になってる気が…★

わ、ワタシ、こんな脈絡のない記事ばっかり書いてるの?

あわてて過去記事遡りましたよ!
本紹介の記事はまあまあちゃんと?しているようなのでちと安心。
ラースに関しては、観終わってそのインパクトを整理できないまま
記事を書きなぐったんだなーと思います。

んでー
そのままなのもアレなので
チラ裏感想取り混ぜて
もう1記事書いてしまいまっする!
(これもヨレヨレかもですけど、とにかく後悔を減らすためにも!)


以下、ガッツリネタバレですので
それがいやんな方は
続きは読まないほうがいいと思いまーす!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【DVD】ラースと、その彼女

気になっていたので、やっと観られてよかったです♪
(ゴンチチの三上さんがラジオでサントラを紹介していたのがきっかけです。ふふふ)


あらすじ: 幼いころのトラウマから人とのつながりを避けて生活し、毎日地味な仕事に従事する青年ラース(ライアン・ゴズリング)。そんなある日、彼はガールフレンドを連れて自分を心配する兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー)と食事をすることに。しかし、ラースが連れて行ったガールフレンドとは、インターネットで注文した等身大のリアルドールだった。
シネマトゥデイ

解説: アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、ハートウォーミングな人間ドラマ。インターネットで注文した等身大のリアルドールとの恋愛関係に没頭する青年と、彼を取り巻く町の人々の人間模様が展開する。リアルドールに恋をする主人公ラースを演じるのは『きみに読む物語』のライアン・ゴズリング。監督は本作が初の劇場公開作品となるCM作家クレイグ・ギレスピー。型破りな設定と、ユーモラスかつ丁寧に描き上げられた人間ドラマが魅力。
シネマトゥデイ

監督 クレイグ・ギレスピー
製作総指揮 ウィリアム・ホーバーグ 、ブルース・トール 、ピーター・バーグ
脚本 ナンシー・オリヴァー
音楽 デヴィッド・トーン
ライアン・ゴズリング (ラース・リンドストロム)
エミリー・モーティマー (カリン)
ポール・シュナイダー(ガス)
ケリ・ガーナー (マーゴ)
パトリシア・クラークソン (ダグマー・バーマン医師)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画】ウォルト・ディズニーの約束 その2・役者感想などなど編

ハイ、前記事の続きになります。
メアリー・ポピンズ秘話の映画『ウォルト・ディズニーの約束』感想記事
その1を未読の方はこちらからどうぞ♪

プロット
トラバースを中心とした物語であり、1907年に彼女がオーストラリアのクイーンズランド州で過ごした幼少時代と、1961年にウォルト・ディズニーと『メリー・ポピンズ』の映画化の交渉をする過程が描かれる。トラバースはミスター・バンクスの基となった父親と過ごしたオーストラリアでの子供時代を思い出す。

監督
ジョン・リー・ハンコック
出演者
エマ・トンプソン
トム・ハンクス
ポール・ジアマッティ
ジェイソン・シュワルツマン
ブラッドリー・ウィットフォード
コリン・ファレル
(以上、ウィキペディア『ウォルト・ディズニーの約束』よりコピペ)

You tubeには特別動画も上がっていますね。

うん、音楽はステキですよ。
メアリー・ポピンズと思わなければ、もっと素直に楽しめたはず…★
(まだ言うか…)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画】ウォルト・ディズニーの約束 その1・雑感編

今年はよく映画を観ているなあ…
ってことで、レディースデーに観てきましたの感想など。
ネタバレしているので
これから観るつもりだから読みたくない!って方は
「続きを読む」、もしくはWikiのコピペ以降の文章はパスしてくださいね~^^


プロット
トラバースを中心とした物語であり、1907年に彼女がオーストラリアのクイーンズランド州で過ごした幼少時代と、1961年にウォルト・ディズニーと『メリー・ポピンズ』の映画化の交渉をする過程が描かれる。トラバースはミスター・バンクスの基となった父親と過ごしたオーストラリアでの子供時代を思い出す。

監督
ジョン・リー・ハンコック
出演者
エマ・トンプソン
トム・ハンクス
ポール・ジアマッティ
ジェイソン・シュワルツマン
ブラッドリー・ウィットフォード
コリン・ファレル
(以上、ウィキペディア『ウォルト・ディズニーの約束』よりコピペ)

映画を見るきっかけになったのは
ツイ友さんである星見当番さん(@kaori_stargazer)とお会いして話していたときに
当番さんが見に行くんです~とおっしゃってたので。
このかた、ワタシと本の趣味嗜好が丸かぶりといっていいくらい似ています★
そして映画に対しての造詣が素晴らしく深い!

ワタシは映画に対してそんなに興味がないので
この映画についてもあーなんかそういえばどっかで聞いたかもー?程度でしたが
考えてみたら『メアリー・ポピンズ』って、たぶん生まれて初めて映画館で観た映画。
そして原作をすでに読んでいて大好きだったために
「そうじゃなーい!」もまた強くって、本気で涙目で見続けた。あれは苦行だった…。
はっ、もしかして、映画にのめりこまなかったのはそれもあるのか?

勝手にトラウマにしてはいけませんけどねー。
でもまあ、原作と映画の乖離を思い知らされた幼少の苦い思い出なのですよ。

その裏話が映画になる。
当番さんによるとキャストもよさげ。
都心まで出ていかなくても観られるならいいかな、観たいかも…と思ってたら
会社近くの映画館で上映中ではあーりませんか♪
しかも今ならいい時間帯で上映してるよん♪
ってことで
タイミングが非常によろしかったのでした。

当番さん、ありがとーでございます

このエントリーをはてなブックマークに追加

【DVD】ピアノマニア

音楽はよくわからないけれど
「マニア」にはくすぐられてしまうのですよ♡



あらすじ[Wikipediaより]
主人公シュテファン・クニュップファーは実在するピアノ調律師で
その仕事ぶりを一年がかりで撮影したドキュメンタリー映画。
一般家庭における通常のピアノ調律とは環境が異なり、
コンサートやスタジオ録音など、ピアニストの要求に答えるため、
さまざまな方法で音作りに挑戦していく。
主にフランスのピアニストピエール=ローラン・エマールとの問答が軸で物語はすすんでいく。
芸術家特有の表現を受け、それを楽器の音で実際に表現するため
ピアノの部品を解体したり、調整したり、時にはピアノそのものを入れ替えて要求に答えていく。

リリアン・フランク 、 ロベルト・シビス 監督作品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。