しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まさ夢いちじく

はい、オールズバーグ作品2作目ご紹介です♪


内容(「MARC」データベースより)
どんな夢でもかなえてくれるいちじく。ビボット氏が手に入れたいちじくには奇想天外な力があった。そこで彼は世界一の金持ちになっている自分を夢に見るぞ、と決心する。セピア色の柔らかい色調の絵が神秘的な世界へ導く。

著者はC.V.オールズバーグ
翻訳は村上春樹
出版社は河出書房新社

オールズバーグ作品はカテゴリがあります。サイドバーからどうぞ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

名前のない人

オールズバーグ作品、2回連続でご紹介しようかと思ってます♪


内容紹介
夏から秋へと季節が移り変わろうとしている時、不思議な男がベイリーさんの農場で暮らすようになった----。空想と現実のはざまを歩き、神秘的な自然の心を描き上げた話題作。

著者:C.V.オールズバーグ
翻訳:村上春樹
出版社:河出書房新社

(村上春樹翻訳なので、書店でちゃんと売っていそうですね。少なくとも注文はできそう。
絵本って品切れになりやすかったりするので、そういう意味でありがたいです)
オールズバーグはカテゴリ作りました。ご興味おありでしたら、サイドバーから記事の一覧を見ていただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

魔法のホウキ

すっっっごい!好みの絵本でしたぁ~~~(≧▽≦)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
はるか昔の秋の夜、月の光に明るく照らされた空からマントをまとった人影がひとつ、舞うように落ちてきました。乗っていたホウキが突然飛べなくなったからです。魔女が空へ戻った後、残されたホウキが動きはじめました。

著者はC.W.オールズバーグ
翻訳は村上春樹
出版社は河出書房新社です。

オールズバーグ作品は
「魔術師ガザ―ジの庭で」
「急行「北極号」」
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ジュマンジ」と「ザスーラ」…2冊一緒にご紹介

読んでみて、これは2冊まとめてご紹介かな~?っと。
(2日に分ければ記事数稼げるのにw…いやそれはこちらの話でゴニョゴニョ)


内容紹介
ピーターとジュディがみつけたゲーム「ジュマンジ」。たいくつしのぎにはじめたとたん、いきなり辺りの様子が一変。突如熱帯の気配が立ちこめ、台所に猿が現れ、嵐が起こり…。映画『ジュマンジ』の原作。12月10日全国ロードショー公開『ザスーラ』の姉妹作。


内容紹介
ウォルターとダニーが見つけたゲーム「ザスーラ」。一見何のへんてつもないゲームだったが、それはカードに書かれていることが現実に起こる、呪われたゲームだった!ゲームを始めた2人を待っていたものは、予想もしなかった危険で奇妙な冒険。家ごと宇宙へひきずりこまれた2人に襲いかかる流星群・壊れたロボット・エイリアン…コルデコット賞受賞作家クリス・バン・オールスバーグの世界。『ジュマンジ』(ほるぷ出版)・『ポーラーエクスプレス』(「急行 北極号」あすなろ書房)に続く、3作目の映画化!

ま、読んでいただくとわかると思うんですが、対になっている物語なので
一緒にご紹介しちゃいますよ。同じようなこと2回書くのめんどくさry

著者はオールスバーグ
出版社はほるぷ出版です。

結局、前の記事を書いた後もDVD未視聴なんですが
急行「北極号」
もこのブログで紹介しています。
あと
魔術師ガザ―ジ師の庭で
もね!
いちじくの話は怖すぎかなと思ったんだけど、夏とかにホラー特集週間とか作って紹介しちゃおうかなぁw

このエントリーをはてなブックマークに追加

急行「北極号」

時期もいいのでクリスマス絵本です。
村上春樹の訳だそうですよ。


急行「北極号」


オールズバーグの作品は、以前魔術師ガザージ氏の庭でを紹介しましたね。
実はその後、まだ「ジュマンジ」のDVDは見ていないんですが
この「北極号」も映画(DVD)になってるみたいです。
オールズバーグ作品って、映画にしたいと思わせるような雰囲気があるんでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

魔術師ガザージ氏の庭で

表紙画像がないですねー。
モノクロで
木を動物の形に刈り込んだ庭のなかを走り去る犬と
それを追いかける少年の表紙です。

魔術師ガザージ氏の庭で魔術師ガザージ氏の庭で
(1981/02)
クリス・ヴァン・オールズバーグ

商品詳細を見る


オールスバーグといえば
「ジュマンジ」が映画になりましたね。
映画は見ていないのですが
面白い内容とはいえ、あの長さのものをどうやって映画にしたんだろう

ちょっと?だったのを思い出しました。
機会があったらDVDで見ようかしら…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。