しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿の王 ※追記あります

書店のいちばん目立つ場所にバーンと平積みされてると思ったら
本屋大賞にノミネートされてたんですねー。
昨年の国際アンデルセン賞受賞作後の第一作でもありますし
かなり注目度が高いのでしょうね。

鹿の王 上

鹿の王 上
著者:上橋菜穂子
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるがー!?厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまるー。

鹿の王 下

鹿の王 下
著者:上橋菜穂子
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
不思議な犬たちと出会ってから、その身に異変が起きていたヴァン。何者かに攫われたユナを追うヴァンは、謎の病の背後にいた思いがけない存在と向き合うことになる。同じ頃、移住民だけが罹ると噂される病が広がる王幡領では、医術師ホッサルが懸命に、その治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが、愛する人々を守るため、この地に生きる人々を救うために選んだ道はー!?

上橋さんの紹介記事はサイドバーにカテゴリがありますので、そちらからご覧いただけます。

『守り人』シリーズが大好きだったんですが、
『獣の奏者』の第二部は、えーっと…★という感じでして(第一部はかなり好き)
そんな感じだと、今回はどうなるかなー、とちょっと心配でもありましたが。
結局のところ、読み始めるとなんだかんだ言って、ほぼ一気でした。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

炎路を行く者・その2

その1…というかようするに前フリ記事はこちら

【送料無料】炎路を行く者

【送料無料】炎路を行く者
価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『蒼路の旅人』でチャグムをさらったタルシュの鷹アラユタン・ヒュウゴ。ヒュウゴはなぜ、自分の祖国を滅ぼした男に仕えることになったのか。そして、バルサは、過酷な日々の中で、思春期をどう乗りこえていったのか。題名のみ知られていた幻の作品「炎路の旅人」と、バルサの少女時代の断片「十五の我には」が収められた、「守り人」読者待望の作品集。

文章は上橋菜穂子さん。
絵は佐竹美保さん・二木真希子さん。
出版社は偕成社です。
「守り人」「旅人」シリーズはいろいろあるので
検索結果をこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

炎路を行く者・その1

やっと読めました~♪

【送料無料】炎路を行く者

【送料無料】炎路を行く者
価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『蒼路の旅人』でチャグムをさらったタルシュの鷹アラユタン・ヒュウゴ。ヒュウゴはなぜ、自分の祖国を滅ぼした男に仕えることになったのか。そして、バルサは、過酷な日々の中で、思春期をどう乗りこえていったのか。題名のみ知られていた幻の作品「炎路の旅人」と、バルサの少女時代の断片「十五の我には」が収められた、「守り人」読者待望の作品集。

文章は上橋菜穂子さん。
絵は佐竹美保さん・二木真希子さん。
出版社は偕成社です。
「守り人」シリーズはいろいろあるので
検索結果をこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

流れ行く者 守り人短編集

もしかすると「守り人・旅人」シリーズよりも児童書っぽいかも。
でもやっぱり小学校高学年くらいのほうがいいだろうな~。


流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36)

番外編っぽい表紙ですね。色合いが全然違う…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

天と地の守り人 第三部

いよいよシリーズ最終巻でございます。


天と地の守り人〈第3部〉 (偕成社ワンダーランド)

ここに至るまでの物語は
精霊の守り人 ・ 闇の守り人 ・ 夢の守り人
虚空の旅人
神の守り人 来訪編 ・ 神の守り人 帰還編
蒼路の旅人
天と地の守り人 第一部 ・ 天と地の守り人・第二部
で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

天と地の守り人 第二部

だんだん終わりが近づいてきます。「守り人・旅人」シリーズ最終章


天と地の守り人〈第2部〉 (偕成社ワンダーランド 33)


ここまでの物語は
精霊の守り人 ・ 闇の守り人 ・ 夢の守り人
虚空の旅人
神の守り人 来訪編 ・ 神の守り人 帰還編
蒼路の旅人
天と地の守り人 第一部
それぞれ紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

天と地の守り人 第一部

「守り人・旅人」シリーズ、いよいよ最終章です。

これまでの物語は
精霊の守り人闇の守り人夢の守り人
虚空の旅人
神の守り人 来訪編神の守り人 帰還編
蒼路の旅人
で紹介しています。



天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)

Amazonよりコピペの内容(「BOOK」データベースより)
天と地の守り人「第1部」はロタ王国が舞台。行方不明の新ヨゴ皇国皇太子チャグムを救出すべくバルサは一人ロタ王国へとむかう…『天と地の守り人』三部作の第一巻。

このエントリーをはてなブックマークに追加

蒼路の旅人

だんだんラストに近づいてきました「守り人・旅人」シリーズ。
今回はこちら「蒼路の旅人」です。表紙の蒼がキレイ♪


蒼路の旅人 (偕成社ワンダーランド (31))

これまでの作品は
精霊の守り人
闇の守り人
夢の守り人
虚空の旅人
神の守り人 来訪編
神の守り人 帰還編
で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。