しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

星新一 一〇〇一話をつくった人 (そのさん)

あら、「そのさん」まできちゃった。
連日の記事なので、以下、書誌情報はコピペでございます^^

星新一(上巻)

星新一(上巻)
著者:最相葉月
価格:679円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ボッコちゃん」「マイ国家」など数多のショートショートを生み出し、今なお愛される星新一。森鴎外の血縁にあたり、大企業の御曹司として生まれた少年はいかなる人生を歩んだのか。星製薬社長となった空白の六年間と封印された負の遺産、昭和の借金王と呼ばれた父との関係、作家の片鱗をみせた青年時代、後の盟友たちとの出会い-知られざる小説家以前の姿を浮かび上がらせる。

星新一(下巻)

星新一(下巻)
著者:最相葉月
価格:720円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「セキストラ」でのデビュー後、ドライでウィットに富んだショートショートは多くの読者を獲得する。膨れ上がる人気の一方で、新しすぎる個性は文壇との間に確執を生んでいた。そして前人未到の作品数を生み出す中、星新一自身にも、マンネリ化への恐怖が襲いかかることに。本人と親交のあった関係者134人への取材と、膨大な遺品からたどる、明かされることのなかった小説家の生涯。

著者:最相葉月
出版社:新潮社

「そのいち」「そのに」の記事のほか、
最相さんの作品は『ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来』を過去記事で紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

星新一 一〇〇一話をつくった人 (そのに)

昨日に引き続きの記事なので、以下、書誌情報をコピペいたします^^

星新一(上巻)

星新一(上巻)
著者:最相葉月
価格:679円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ボッコちゃん」「マイ国家」など数多のショートショートを生み出し、今なお愛される星新一。森鴎外の血縁にあたり、大企業の御曹司として生まれた少年はいかなる人生を歩んだのか。星製薬社長となった空白の六年間と封印された負の遺産、昭和の借金王と呼ばれた父との関係、作家の片鱗をみせた青年時代、後の盟友たちとの出会い-知られざる小説家以前の姿を浮かび上がらせる。

星新一(下巻)

星新一(下巻)
著者:最相葉月
価格:720円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「セキストラ」でのデビュー後、ドライでウィットに富んだショートショートは多くの読者を獲得する。膨れ上がる人気の一方で、新しすぎる個性は文壇との間に確執を生んでいた。そして前人未到の作品数を生み出す中、星新一自身にも、マンネリ化への恐怖が襲いかかることに。本人と親交のあった関係者134人への取材と、膨大な遺品からたどる、明かされることのなかった小説家の生涯。

著者:最相葉月
出版社:新潮社

前記事のほか、
最相さんの作品は『ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来』を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

星新一 一〇〇一話をつくった人 (そのいち)

ゼッタイ書いてる!つもりでいたのに、紹介していなかった本。
読みなおして、挫折したの思い出しましたよ…orz…

今、書店で購入できるのはこちらの文庫本ですね。
上下2巻。写真もちゃんと掲載されていてウレシス^^

星新一(上巻)

星新一(上巻)
著者:最相葉月
価格:679円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ボッコちゃん」「マイ国家」など数多のショートショートを生み出し、今なお愛される星新一。森鴎外の血縁にあたり、大企業の御曹司として生まれた少年はいかなる人生を歩んだのか。星製薬社長となった空白の六年間と封印された負の遺産、昭和の借金王と呼ばれた父との関係、作家の片鱗をみせた青年時代、後の盟友たちとの出会い-知られざる小説家以前の姿を浮かび上がらせる。

星新一(下巻)

星新一(下巻)
著者:最相葉月
価格:720円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「セキストラ」でのデビュー後、ドライでウィットに富んだショートショートは多くの読者を獲得する。膨れ上がる人気の一方で、新しすぎる個性は文壇との間に確執を生んでいた。そして前人未到の作品数を生み出す中、星新一自身にも、マンネリ化への恐怖が襲いかかることに。本人と親交のあった関係者134人への取材と、膨大な遺品からたどる、明かされることのなかった小説家の生涯。

著者:最相葉月
出版社:新潮社

ちなみに、この文庫本はハードカバーとあわせて装丁を見ると楽しさひとしお。
こういうリンク的な技は大好き♪
…ん?クラフト・エヴィング商會の装丁でしたか、なるほどだー。


最相さんの作品は『ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来』を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

向田邦子の恋文

これもたぶん本館にならなかったら紹介しない本だろうなー。
その昔、ハードカバーで出版されてすぐに読みました。
文庫は太田光さんの名解説がついて500円しないのね。お買い得になっているんじゃないかな?と思います。

向田邦子の恋文

向田邦子の恋文
著者:向田和子
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
脚本家への道を歩みはじめ、徹夜続きで仕事に打ち込む姉・邦子を慈しみ支えた一人の男性がいた。一途で切ない、秘密の恋だったー。邦子が急逝して二十年、妹・和子は遺品の中から、亡き二人が四十年近く前に送りあった手紙をみつける。遺された文面から今なお香り立つ想いが、遠い日をよみがえらせ、妹は姉にそっと語りかけ始める…。幾つもの想いが響き合う、姉と妹の「最後の本」。

著者:向田和子
出版社:新潮社(新潮文庫)

じつはわたし、この本は買っていないんです。
今読んでいるのも購入した本ではないし、多分これからも購入しないんじゃないかと思います。
なんとなく、所有せずにどこか自分と離れたところで存在していてほしいな、って感じる本です。
彼女の恋は、本が出版されるまで秘められていたもののようですから
あまりあからさまに「知ってるよ」って言いたくないファン心理なのかもなーって分析しています。

向田邦子さんにハマってた時期がありまして。
著書はほとんど読んだんじゃないかなあ。小説もエッセイも。
後年書かれた和子さんの作品もだいぶ読んでると思います。
「ままや」も一度だけだけど行ったことありますよ。やっぱり向田ファンの友人と一緒に。
この本読んで知ったけど、和子さんがご病気なさったあとの年代だな。ふらり、という感じでお店にいらしたお姿を拝見しました。

向田ファンなので、ムックなんかも読んでいて、写真もいっぱい見ています。
たしかに不思議でした。おひとりでポーズをとってモデルさんみたいに写ってる写真がいっぱいあること。
向田さんって、うちの母と同年代なんですよ。お亡くなりになったのもじつは近いお年頃でして。
なので、母の写真と時代的な雰囲気は似通っているんです。
でも圧倒的に向田さんが垢抜けた雰囲気で。
都会暮らしで独身でスタイリッシュなお仕事だからこういう写真もいっぱいあるんだなーって思っていました。
…違ったんですね。撮影してくれる方がいて、しかもプロのカメラマンさんだったんですね。
そうかーと思い、しみじみ写真を眺めたのがハードカバーが出版された頃。

それからずいぶん年月がたって
ちょっとしたタイミングで手にとって、読み直して、こうして記事を書こうとしているのですが
太田光さんの解説を読みながら、あーでもない、こーでもないといろいろ考えたことでもあります。
太田さんの視線は非常に輪郭がはっきりしているのだけれど、やっぱり男性視点なので
女性の身として、同性の強み(?)を含みながら思ったことなどをつらつらと書いていきます。
もしかしたら、Tumblrの「裏口」のほうで書いた方がいいかも?な文章になるかもしれませんけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

至高の靴職人 関信義 手業とその継承に人生を捧げた男がいた

スタイリッシュなくせに無口な紳士靴と、その最高峰の職人について書かれた本です。
カッコよかったですよう♪

至高の靴職人

至高の靴職人
著者:竹川圭
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本最高峰といわれる靴職人、関信義の物語。50年に及ぶ職人人生。引退を前にたどり着いた境地とは。

著者:竹川圭
出版社:小学館
初版:2014年12月8日

関さんの動画がYou tubeにアップされているのを見つけましたので、重くなるのを覚悟で全部貼っちゃいます!







動画まであるとは感無量でございます。見るべし、見るべし!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トマス・ジェファソン 本を愛し、集めた人

活字中毒も、上には上がいるということでww



内容(「BOOK」データベースより)
アメリカ独立宣言を書き起こしたトマス・ジェファソン(1743‐1826)は、また、本をこよなく愛した人でもありました。そんなジェファソンの半生を、彼の残した言葉とともにつづった伝記絵本。

文:バーブ・ローゼンストック
絵:ジョン・オブライエン
出版社:さ・え・ら書房
初版:2014年9月

そうそう、Wikiにトマス・ジェファソンのめーっちゃめちゃに長い記述があるのを発見。
以下、リンクです。
こんな方だそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【追記】ルイーザ・メイ・オルコットの日記――もうひとつの若草物語――

先日、こちらの本の紹介をしたのですが
その後読み進むにつれて感想が変わってきたので追記します。


内容(「BOOK」データベースより)
10才から亡くなる4日前まで書きつづけたベストセラー作家の光と闇。

編集:ジョーエル マイヤースン
出版社:西村書店
初版:2008年7月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイーザ・メイ・オルコットの日記――もうひとつの若草物語――

日記なんですが、そのままのカテゴリがないので伝記に入れちゃいます。例によって大雑把です★


内容(「BOOK」データベースより)
10才から亡くなる4日前まで書きつづけたベストセラー作家の光と闇。

編集:ジョーエル マイヤースン
出版社:西村書店
初版:2008年7月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。