しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニチュアでみる 世界の台所

リアルさにはやや欠けますが、その分いろいろな国の様子が見られます。

ミニチュアでみる世界の台所 (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)ミニチュアでみる世界の台所 (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)
(1992/06)
宮崎 玲子

商品詳細を見る

あら残念。表紙の写真がないですね。
ドールハウスを撮影した写真が中心に入っています。
シリーズなので、あとはシリーズ共通です。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

図書館でいろいろ借りてきました

予約の本以外に、児童書コーナーで見つけて借りてきた本がたくさん。

パラパラとは見ているんですが
しっかり読んで、紹介するまでのところまでいっていないので
明日までになにかちゃんと書けるようにしておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

潮騒

たまには日本文学など紹介しましょうか。


潮騒 (新潮文庫)

言わずと知れた三島由紀夫作品。
映画化も何度かされてますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あかちゃんのうた

松谷みよ子さんといわさきちひろさんの絵本です。

あかちゃんのうた

何回か改定されてるみたいですね。
どういうところが変わったのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうぶつのあしがたずかん

動物の足の裏って、動物園に行ってもほとんど見られませんよね。

どうぶつのあしがたずかん (絵本図鑑シリーズ)どうぶつのあしがたずかん (絵本図鑑シリーズ)
(1989/03)
加藤 由子

商品詳細を見る


私はこの本を読んで、動物の前足と後足の大きさや形が違うことを初めて知りました。
役割が違うので、大きさが違ったり形が違ったりするんだそうです。
いわれてみれば納得、ですが
ふだんは考えもしていなかったことなので
けっこう眼からウロコでしたね。
しかも絵だけではなく、足の裏の写真が
実物大の足形とあわせて紹介されているので説得力満点!
(ちなみにゾウの前足は、本の見開きよりも大きいため、折り返したページを使っています)

このエントリーをはてなブックマークに追加

くまのコールテンくん

「おもってたんだ」のはなし。


くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)

コールテンくんはくまのぬいぐるみ。デパートのおもちゃ売り場にいます。
おもちゃ売り場にいる人形や動物のぬいぐるみたちは、誰かが自分を連れて帰ってくれるのを待っています。もちろん、コールテンくんも。

そして、ある日、連れて帰ってくれそうな女の子と出会うのですが
おかあさんが反対するのです。
コールテンくんのズボンのボタンがひとつ取れていて、新品じゃないみたいにみえるわよって言って。

コールテンくんはがっかり。
ボタンが取れてるの、知らなかったんです。

ということで、その夜、コールテンくんはボタンを探しに行くのですが…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おおきな きが ほしい

こういうのが男の子の夢なんでしょうか。


おおきなきがほしい (創作えほん 4)


ワタシの小さい頃は木登りを何度かしたことがありますが
今は木登りできる木って、あんまり見当たらないですね。大人になって気づかなくなっただけかな?

主人公のかおるくんはいくつぐらいでしょう。妹のかよちゃんが三歳ですから、小さくて五歳くらいかしら。
木登りが好きな子みたいですね。おおきな木があったらいいなぁって考えているんです。
彼の考えてる木って、本当に大きいんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとあし ひとあし

みなさんご存じの方が多いでしょうね。レオ・レオニさんの絵本です。


ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし

レオ・レオニさんだと
確かスイミーが教科書に載っているのかな?
以前、知り合いのお子さんの教科書を見せてもらって色の悪さにガッカリした記憶があります。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。