しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山へ行く シリーズここではない★どこか

コミック紹介も久しぶりかもですね。

山へ行く

山へ行く

価格:530円(税込、送料別)


以下『 』は楽天BOOKSよりコピペです。
『昨日の続きじゃない「今日」。
今日の続きじゃない「明日」。
昨日、今日、明日。連なりゆくはずの時間のあわいにひそむ予期せぬ出来事が、心揺さぶり、感情を刺激する。短いページに凝縮された純度の高い「ものがたり」と画面構成。SF作、幻想小品、ファンタジー……名手の短編秀作、全10編!!

 「そうだ、今日は山へ行こう」小説家の生方(うぶかた)さんは、目ざめと同時に浮かんだ思いつきを即実行に移そうと試みるのだが…。日常と非日常とのひずみにある不思議を、イマジネーション豊かにすくい上げた名手の傑作短編集。
●収録作品/山へ行く/宇宙船運転免許証/駅までムゲン/メッセージ/あなたは誰ですか/ゆれる世界/くろいひつじ/貴婦人/ビブラート/柳の木 』

著者の萩尾望都さんの作品は
青い鳥 ブルーバード
このブログで紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

シンデレラ

インノチェンティ挿絵の作品。今回はちょっと毛色が変わっています。



インノチェンティさんのファンなので、このブログでいっぱい紹介しています。

わりと短時間で読める、いわゆる一般的な絵本の
エリカ 奇跡のいのち
百年の家

絵本といってもかなり長編な
くるみわり人形
ピノッキオの冒険

に興味がおありの方はリンク先へどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】ベスト20ブログ更新しました

非常に珍しいことに、今月は2回目のベスト20ブログの更新。

今回は海外の絵本をセレクションしました。
ちょっとマンネリかも?と思いつつ
やっぱり選ぶのは大変で楽しい作業でした。

よろしかったら
こちらでご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

えすがたあねさま

久しぶりに民話絵本の紹介です。
ちょうど今ごろの時期にいいですね。
読んでもらうなら年少さんか年中さん、自分で読むのは小学校低学年、ってとこでしょうか。

えすがたあねさま

えすがたあねさま

価格:1,050円(税込、送料別)


出版社/著者からの内容紹介
みとれてばかりいて仕事をしないあにさんに、美しいあねさまは、自分の姿を絵にかいて持たせてやることにした。

って、なんだか身もフタもないあらすじですわねぇw
大川悦生さんが文章、梅田俊作さんが挿絵です。出版社はポプラ社さん。
初版から30年を軽く超えるロングセラーの絵本です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【雑感】理論社再生民事法に思うこと

10月6日、児童書出版社の理論社さんが民事再生法を申請したというニュースが流れ
しばらくネットやTwitterでその話題が流れていた。
参加しながらも、ネットというのはフローするものだし
Twitterで語るような場面だと、不特定の人との文字のやりとりになってしまうので
とりあえず一言言ってあとは黙る
みたいなこと場面もあった。

その中で考えたことを
覚え書き程度に書いておこうと思う。

ただ
これはずっと残したいようなタイプの記事ではないので
後日非公開に設定するかもな可能性高し
てか、来月くらいには非公開にしようと思っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おばけなんてないさ

時期はちょっと外れちゃってるんですけど。

おばけなんてないさ

おばけなんてないさ

価格:924円(税込、送料別)



せなけいこさんが有名な童謡を絵本にしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このすしなあに

おいしそうな絵本に弱いんですw
食べたくなっちゃうのを覚悟の上で読んでください。

このすしなあに

このすしなあに

価格:1,260円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
へい、いらっしゃい。いきのいいねたが、たくさんそろってるよ。おすしだいすき。いまや、せかいのごちそう、おすし。さて、もんだいです。すしねたになるまえのすがた、どんなだったか、わかるかな?おもしろまじめな食育絵本。

2~3歳くらいで楽しめるでしょうね。
著者は塚本やすしさんです。
たぶんこのブログで紹介するのは初めての方だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

注文の多い料理店 日本の童話名作選

この絵本もこれからの時期っぽいですよね。


Amazonの内容紹介をコピペしようと思ったら、どうやら絵本じゃなくなにか作品集みたいなものから引き写したようなのでやめておきました。

宮沢賢治はカテゴリがサイドバーにありまして
そのなかでも「注文の多い料理店」が何冊か紹介されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。