しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【サイト紹介】絵本生活 その2 

※現在、こちらの絵本受け付けは終了しているそうです。また新しい企画がありましたらあらためて記事にしたいと思います。※

すっかり間があいてしまい、スミマセン★

「絵本生活」さんの紹介・その2です。

サイト自体の紹介については絵本生活 その1をご覧いただければと思います。



こちらのブログ、「絵本のお店を作りました」
絵本で被災地を救いませんか?
という記事がありまして
読んでいただければわかりますが
被災地へ絵本を送りましょう、という企画です。

こちらの特徴は
ネットショップなのを最大限に生かした方法で絵本の供給を考えていらっしゃること。

流れとしては
①「本を送りたいかた」が「絵本生活さん」に絵本を送る
②「絵本生活」さんが絵本を査定、ポイントをつけ、いったん「絵本生活」さんの在庫絵本となる。
(通常買取とは違うので、ポイントは「本を送りたい方」のものにはならない)
③「被災地のかた(もしくはそこにいらっしゃるボランティアのかた)」が「絵本生活」さんでほしい絵本を選ぶ。
(査定ポイント内でのお買い物にしていただき、料金は不要となる)
④選んだ絵本を「絵本生活」さんが発送する。
という流れになっています。

「必要な絵本を必要な冊数だけ」お届けできるわけですね。
たくさんはいりません、とか、
多少在庫があるんですがもう少しだけほしいんです、とか
そういったきめ細かな要望に手が届く支援だと思います。
個人的には、こういうシステム、事態が少し落ち着いてからの支援に最適じゃないかな
と思います。

そして、ぜひお伝えしたい
大きな特徴がもうひとつ。
「絵本生活」さんへ絵本を送る際の送料、現地へお届けする際の送料は
全て「絵本生活」さんが負担

してくださるそうです。
よっ、太っ腹!

もともと買い取りの際には着払いで受けていらっしゃるそうで
それを被災地用絵本にもそのまま流用してくださるそう。
ワタシたち「絵本を送るかた」は浮いた送料を募金箱へどうぞ、なんですって^^

本を送るときの
NGポイントもブログの記事を参照してください。
「ボロボロじゃない本」とはこういう本ですよ~
というラインが書いてあります。

使用感があるけど、いい本なのよね
って思うときブログ記事と照らし合わせて判断できるので
これ、助かります。

とにかくすぐ!も大事ですが
少し事態が落ち着いてから…の支援だって、もちろん必要です。
そんなときを見越した
相手の要望を最大限に生かせる支援ができるのは
ショップという、在庫を抱えても大丈夫な拠点を持っている場所の
大きな強みだなぁと思います。

ワタシも絵本発送用の段ボールが用意できましたので
そろそろ絵本を選び始めて
近日中に送りたいなと考えているところです♪

絵本で支援を考えていらっしゃる方の参考になれば
うれしいです^^






スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

しろいうさぎとくろいうさぎ

タンポポの花を見て思い出した絵本です。


Amazon.co.jp
しろいうさぎと くろいうさぎ、二ひきのちいさなうさぎが、ひろい もりのなかに、すんでいました。
まいあさ、二ひきは、ねどこからはねおきて、いちにちじゅう、いっしょに たのしくあそびました。
でもあるとき、くろいうさぎは、とてもかなしそうなかおをしました。
森のなかに暮らす小さなうさぎたちが真実の愛を見つけるまでを、素直な文章と見事なイラストで描いた小さなラブストーリー。くろいうさぎの悲しい顔、しろいうさぎのびっくりした顔など、表情豊かに描かれた絵が、この小さな物語が持つ「真(まこと)なるもの」をさらに高めている。うさぎの毛1本1本まで丁寧に描きこまれた精巧なデッサンとピュアなメッセージが融合した本。世界中の人々に愛され続ける、時代と国境を超えたベストセラーである。原題は『The Rabbits' Wedding』。(松本肇子)

著者はガース・ウィリアムズさん。「大草原の小さな家」で有名なローラのシリーズの挿絵を描いた方です。
出版社は福音館書店。
なんと初版が1965年!

このエントリーをはてなブックマークに追加

つるばら村の三日月屋さん

先日紹介した、つるばら村の2冊目です。


出版社/著者からの内容紹介
心ゆたかになる、あたたかいファンタジー。
くるみさんは、駅前に、やっとパン屋さんをひらきました。きょうも、おいしくって、ふわふわしたパンをやいています。
つるばら村のくるみさんは、やっと駅前にお店を出せるようになりました。赤い屋根の小さなお店で、「三日月屋」というパン屋さんです。あいかわらず、村の動物たちが、パンを注文にやってきます。くるみさんのパンは、心がこもっているので、みんな、おいしいにおいに、ウットリ。「つるばら村の三日月屋さん」は、そんな村のなかまに、毎日、いろいろなパンをやきつづけているのです。

文章は茂市久美子さん。
絵は中村悦子さん。
出版社は講談社。わくわくライブラリーというシリーズです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ごきげんなすてご


出版社/著者からの内容紹介
三ヵ月まえ、弟がやってきた。弟の顔はおさるだった。でもお母さんは弟ばかりかわいがる。それならいいよ、あたしはすてごになって、すてきなおうちにもらわれるから…。家出した女の子が、「すてご仲間」になった犬、ねこ、かめといっしょに大活躍! 小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんたちの心をきゅっとつかんだ、人気の幼年童話です。

著者はいとうひろしさん。
出版社は徳間書店です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バムとケロのにちようび

月曜日ですが、本のタイトルは「にちようび」w
まだ出版されてから20年たっていませんが
すでに鉄板絵本の仲間入りでは?と思われるバムとケロシリーズです。


Amazon.co.jp
雨の日曜日。バムが本を読もうと部屋をきれいに片付けていると、どろんこびちゃびちゃのケロちゃんが帰ってきた。お風呂にはいって、ケロちゃんもお部屋も何もかもがつるっときれいになったら、おやつをつくって、いざ本をとりに屋根裏へ。でも、そこにはガにねずみ、虫がうじゃうじゃ。バムはいつになったら、静かに本が読めるのだろう。
おおらかで心優しい犬のバムと、やりたい放題がかわいいカエルのケロちゃん。そのキャラクター設定とストーリーもさることながら、この絵本の最大の魅力は、グラフィックデザイン出身の作者による細部にまでこだわって描かれた絵。緑の長靴をはいた小さなテーブル、赤い犬型の浴槽、そしてケロの形をした椅子。バムとケロの家は素敵な家具や小物であふれている。何回読み返しても、さっきは気付かなかった小さな置物や隠れたキャラクターなど、新しい発見をすることができるだろう。大人も子どもも繰り返し手を伸ばしてしまう1冊である。(小山由絵)
内容(「MARC」データベースより)
犬のバムとかえるのケロは雨の日よう日に何をしたでしょう。ケロは外でビチャビチャどろんこ遊び。バムはお部屋をきれいに片づけて、お菓子をいっぱい作って本を読もうと思ったけれど…。開くたびに新しい発見がある愉快な本。


著者は島田ゆかさん
出版社は文溪堂です。

そうそう、島田ゆかさんの原画が
このゴールデンウィーク、東京で見られるみたいですよ。
松屋銀座だったかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

13歳からのシンプルな生き方哲学

今日紹介する本は、これから新しいカテゴリを作ったらそっちに移動するかも?な1冊です。
(延々と続いているネットの不調のため、カテゴリ追加がうまくいってないんです~★)


内容紹介
学校では教えてくれません。社会に出てからは遅すぎます。成功哲学のカリスマ、船井幸雄氏が初めて中高生に向けて放つ、「一流」「本物」に大人になるためのシンプルだが深い生き方哲学。親子で一緒に読めて語り合える本です。 ○地球上には鏡の法則が働いている○悪口を言わない○悲しんでいる人と接する方法○師を見つけよう○「包み込み」がベストの方法○相手がしてほしいことほしてあげる○成功の三条件を身につける○自分を一流だと思って真似る○だれでも努力と継続で天才になれる○本を読む、人の話を聞く、実際に経験する○やる気が一番。前列に並んだ人が勝つ!○即時処理と後手始末で時間を味方につける○1番をつくろう○長所を伸ばし、使命、役割を果たす○どんなことも必要だから起こる 他62項目

著者は船井幸雄さん。
出版社はマガジンハウスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

くじらぐもからチックタックまで(本編紹介)

はい、本日はやっと本編紹介でございます。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昭和40年から現在までこくごの教科書のおはなしベスト20。「もう一度読みたい」リクエスト作品と、採用頻度の高い作品で作りました。教科書でしか読めなかった名作『くじらぐも』が、初めて教科書から飛び出しました。

石川文子さんが文章
カバーの絵は和田誠さん
出版は、発行がフロネーシス桜蔭社
発売がメディアパル
です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

くじらぐもからチックタックまで(前フリ)

引き続きネット不調のため、画像のリンクができません。
しかも、画面表示が遅くて不安定なので
詳しい紹介は明日回しになります。
※画像追記しました。



小学校の国語の教科書。
お勉強なので、どれくらい素直に読めたかは「?」ですが
面白い作品や名作もありましたよね。

この本は
そんな「教科書の名作」を集めた本です。
教科書はいろんな出版社から出ているので
知ってるお話、知らないお話が入り混じってると思います。

掲載された20作品のうちいくつかを
明日から取り上げて紹介していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。