しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

きく

昨日、別ブログでピックアップした中の1冊です。



<はじめての えほん>シリーズの中の1冊。
著者はヘレン・オクセンバリーさん。
出版社は童話館出版です。

オクセンバリーさんの作品は
きょうはみんなでクマがりだ
カングル・ワングルのぼうし
を紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】更新しました――今回はベスト15ブログです★

タイトルの通りです。

久々にベスト20ブログを更新しようとしたんですが
ムリヤリ20作品ピックアップしようとしたら
なんかもうピンとこないので、今回は15作品にしちゃいました。

ジャンル的に弱いタイプなんですね。
精進します…。


というわけで、
今回の更新はこちらをどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶーちゃんとおにいちゃん



【送料無料】ぶーちゃんとおにいちゃん

【送料無料】ぶーちゃんとおにいちゃん
価格:1,260円(税込、送料別)


楽天BOOKSより
大好きなお兄ちゃんの真似ばかりしてしまうぶーちゃん。あんまりしつこいので、お兄ちゃんはちょっとうんざり。ところが…。ぶーちゃんとお兄ちゃんの心温まるお話。「バムとケロ」シリーズで大人気の絵本作家・島田ゆかの最新絵本。

著者は島田ゆかさん
出版社は白泉社です。

島田ゆかさんの作品は
バムとケロのにちようび
を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コッコさんとあめふり

関東の梅雨入り記念(?)にこの本をご紹介w

【送料無料】コッコさんとあめふり

【送料無料】コッコさんとあめふり
価格:780円(税込、送料別)


内容紹介
毎日毎日、雨降りです。コッコさんはてるてるぼうずを作りますが、雨はなかなかやみません。そこで、コッコさんはてるてるぼうずに手紙や宝物などを詰め込みます。まるまると太ってしまったてるてるぼうず、ちょっと疲れてしまったみたい。コッコさんはふとんをしいて、優しく看病してあげるのでした。さあ、コッコさんの願いは天に通じるでしょうか? 子どものころ、誰しもが一度は作ったことのあるてるてるぼうず。それは、晴れを待ち望む純粋な願いがこめられた、特別なものだったはず。著者の片山健さんは、娘さんが実際にてるてるぼうずを作って、そこに手紙やおもちゃ、宝物などを入れて、熱心にお願いしていた姿にヒントを得て、お話を作ってくださいました。心あたたまるエピソードに加え、透明感あふれる、みずみずしい色彩で彩られた雨の風景もまた魅力的。その美しさに心打たれることでしょう。片山健さんのコッコさんシリーズ、第5作目です。

著者は片山健さん。
出版社は福音館書店。

片山健さんの作品は
おやすみなさいコッコさん
やまのかいしゃ
を過去記事で紹介しています。
あ、「やまのかいしゃ」は5月の大人絵本会のお題で~す。
(紹介したことのある本がとりあげられるとちょっとウレシイ♪)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちいさなふるいじどうしゃ

押し入れの奥から引っ張り出してきました。
Amazonではまだ買えるみたいだけど、ホントに在庫あるのかな?


内容紹介
小さな古い自動車は、きかんぼうです。運転手を置き去りにして走り出し、途中で出会うカエルやウサギやアヒルをけちらし、牛や女の人まではねとばして進みます。でも、大きな黒い機関車に体当たりしたところ・・・

著者はマリー・ホール・エッツさん。
出版社は冨山房です。

同じ著者の作品で
わたしとあそんで

もりのなか

これまでに紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あしながおじさん

すでに紹介済みだと思ってたら、まだでした?
ということで、名作、文句ナシ!なお蔵出し作品いきます。



著者はジーン・ウェブスター。
上記の本は新潮文庫ですが、児童書出版社を含め、各社から出版されています。
完訳であれば、翻訳のお好みで選ぶのがいいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッタちゃんのひっこし

今日もお蔵出しの児童書の紹介になります^^



文章はアストリッド・リンドグレーンさん。
絵はイロン・ヴィークランドさん。
出版社は偕成社です。

有名な作家さんですが、うちのブログでは初登場と思われます。
この先ときどき紹介するかもです♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ますだくんとはじめてのせきがえ

またもや「ますだくん」シリーズw
好きなんですよ~^^
もうちょっとでこのシリーズ紹介し終わっちゃうんです。
さみしいなあ~。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
となりのせきのますだくんはとってもとってもとっーってもいじわるなおとこのこ。いつまでとなりなのかな?ずーっとだったらどうしよう…。

著者は武田美穂さん。
出版社はポプラ社です。

ますだくんシリーズは
となりのせきのますだくん
ますだくんのランドセル
ますだくんの1年生日記
をこれまでに紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。