しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギルガメシュ王ものがたり

今日から3部作紹介まいります。

【送料無料】ギルガメシュ王ものがたり

【送料無料】ギルガメシュ王ものがたり
価格:1,995円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界最古の物語「ギルガメシュ叙事詩」を映像作家ゼーマンが愛・友情・信頼の視点から読み直し再創造したユニークな絵本。

著者はルドミラ・ゼーマンさん。
出版社は岩波書店です。

ゼーマンさんをゼーゼマンさんと空目したワタシはハイジのアニメに夢中になった世代w

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふようどのふよこちゃん

かなりビックリした題材の絵本です。

【送料無料】ふようどのふよこちゃん

【送料無料】ふようどのふよこちゃん
価格:1,260円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ふようどってしってる?はやしのおちばのしたで、ほっかりゆっくりそだった、できたてのつちのことだよ。だからふよこちゃんはとってもいいにおい!きょうもげんきにおやまをおさんぽだ。

著者は飯野和好さん。
出版社は理論社です。

飯野さんの作品は
あくび
おならうた
ねぎぼうずのあさたろう
を過去に紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いる いる だあれ

写真のファーストブックって、珍しいのでは?

【送料無料】いるいるだあれ

【送料無料】いるいるだあれ
価格:945円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アフリカの大草原の地平線に日が沈んで、大きな空がピンク色に染まったとき、動物の美しいシルエットが、ページいっぱいに浮かびあがります。「くびが ながい せが たかい とおくをみてる」動物は「だあれ」。さあ、だれでしょう? そして、ページをめくると、その動物の親子が登場します。動物のシルエットを見ながら、問いかけの文を読んでは、次の答えのページへ。この繰り返しの中で、実際に大自然のなかにいるような気持ちになる、親子で一緒に楽しめる写真絵本です。

文章は岩合日出子さん。
写真は岩合光昭さん。
ご夫婦の共作ですね。

出版社は福音館書店です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タンゲくん

もうすぐはたちになる絵本です。
猫好きには多分たまらんですw

【送料無料】タンゲくん

【送料無料】タンゲくん
価格:1,260円(税込、送料別)


出版社 / 著者からの内容紹介
タンゲくんはのら猫です。ある日、ふらっとやって来て私の家に居ついてしまいました。ところが、昼間は私の知らないところへ勝手に行ってしまいます。いったい、どこへ……。
読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から

著者は片山健さん
出版社は福音館書店です。

片山健さんの作品は
コッコさんとあめふり
おやすみなさいコッコさん

やまのかいしゃは文章がスズキコージさんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

男子★弁当部 弁当バトル!野菜で勝負だ!!

このシリーズ、もう3冊目が出てるみたいです。やっぱ人気あるんだ~。
ちょっと季節は遅れましたが
本日は2冊目。いわゆる続編の紹介です♪


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
弁当部に、強力なライバル出現!同級生のそいつは、なんと野菜の達人!?夏休み初日、ソラたち三人は、そいつの畑へ、自転車を走らせた-。

文章はイノウエミホコさん。
絵は東野さとるさん。
出版社はポプラ社です。

シリーズ1作目オレらの友情てんこもり弁当の紹介はタイトルをクリックしてくださいね^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

絵本の中のおいしいスープ こどもとつくるものがたりのレシピ36

たまにはこんなアプローチもアリかと♪


内容(「MARC」データベースより)
「銀河鉄道の夜」や「クマのプーさん」「ぐりとぐら」など、子どもの頃に親しんだ絵本に登場したスープのレシピをご紹介。かぼちゃやポテト、肉だんごなど、子どもと一緒に読んで、作って、食べたいスープが満載です。

著者は東條真千子さん。出版当時は「ディア・スープ」というスープ専門店を立ち上げた…と奥付にありますが
今は別の会社の代表取締役ですね。
個人サイトを拝見すると肩書は<スープ研究家>。スープの本をたくさん出版なさっています。

出版社はインフォレストです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

かさどろぼう

スリランカ!

【送料無料】かさどろぼう

【送料無料】かさどろぼう
価格:1,470円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
まだ、かさのない村から、生まれてはじめて町へでかけたキリ・ママおじさんは、「なんてきれいで、べんりなものだろう」と、よろこんでかさを買って帰りました。ところが、村に帰って、お店でコーヒーを飲んでいるうちに、かさは、だれかにぬすまれてしまいました。何度かさを買って帰っても、ぜんぶぬすまれてしまったおじさんは、どろぼうをつかまえてやろうと思い…?スリランカを代表する絵本作家が、小さな村を舞台にのびのびと描く、ユーモラスで楽しいお話です。

奥付を見ると
著者の部分にある奥付はけっこう前。

翻訳(猪熊葉子さん)の部分に出版年がふたつ?
注を見たところ
1986年に福武書店から出版。のち、2007年に現出版社の徳間書店が再度出版、ということだそうです。
なるほど。面白いですもん。
再販した徳間書店さんのセンス、ステキです♪

ということで今回は出版社が先の紹介になりますね。
出版社・徳間書店。
著者はシビル・ウェッタシンハさんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

しりとり佐助2 幽丹斎せんせいのでし

そういえば、春に2が出てたなぁ…と。

【送料無料】しりとり佐助(2)

【送料無料】しりとり佐助(2)
価格:1,050円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
しりとり流にんじゅつの達人・しりとり幽丹斎のでしになった佐助。その日からしゅぎょうがはじまった。きびしさはなみたいていではない。いつまでつづく…。

文章は梶尾真治さん。
絵はサカイノビーさん。
出版社はそうえん社です。

梶尾真治さんの作品は、このシリーズの1 にんじゅつつかいになりたい
を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。