しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

がらすこつこつからすのこ

ことばあそび絵本、ヨワイいんですよ~w


出版社/著者からの内容紹介
「からす」と「がらす」、「けが」と「げか」、「くぎ」と「くき」など、濁点がつくと全く違う意味になる言葉を組み合わせたら、おかしな“ことばあそびえほん”ができ上がりました。
内容(「MARC」データベースより)
こんなかっこうでがっこうへ ひじょうにきれいなあのびしょう はねがあったらばねはいらない などのリズミカルな言葉遊びをちりばめた絵本。よく似た言葉の面白さを教えてくれる。

文章は石津ちひろさん。
絵は藤枝リュウジさん。
出版社は文化出版局です。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

豚の死なない日

4月のうちになんとか紹介したいと思っていた本です。

【送料無料】豚の死なない日

【送料無料】豚の死なない日
価格:945円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ヴァーモントの貧しい農家の少年を主人公に、誇り高い父の教え、土に根ざして生きる素朴な人々との交流、動物たちへの愛情を生き生きと描く傑作。子供から老人まで全米150万人が感動した大ロングセラー、待望のUブックス化。

著者はロバート・ニュートン・ペックさん。
出版社は白水社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょうつがいの絵本

あまりにも好みすぎて、もしやブログで紹介してるのでは?と思い過去記事を検索しちゃいましたw
まだのようなので安心してご紹介♪


内容(「BOOK」データベースより)
ちょうつがいはふたつにおれる、おれるとはんぶん。ちょうつがいはふたつにひらく、ひらくとばいだ。自分のネジをゆるめよう。井上洋介ナンセンス絵本待望の復刊・第1弾。

紹介文にもありますね。著者は井上洋介さん。
出版社はフレーベル館です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

炎路を行く者・その2

その1…というかようするに前フリ記事はこちら

【送料無料】炎路を行く者

【送料無料】炎路を行く者
価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『蒼路の旅人』でチャグムをさらったタルシュの鷹アラユタン・ヒュウゴ。ヒュウゴはなぜ、自分の祖国を滅ぼした男に仕えることになったのか。そして、バルサは、過酷な日々の中で、思春期をどう乗りこえていったのか。題名のみ知られていた幻の作品「炎路の旅人」と、バルサの少女時代の断片「十五の我には」が収められた、「守り人」読者待望の作品集。

文章は上橋菜穂子さん。
絵は佐竹美保さん・二木真希子さん。
出版社は偕成社です。
「守り人」「旅人」シリーズはいろいろあるので
検索結果をこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いるのいないの 怪談えほん

どうしようかちょっと迷いましたが
やっぱりこれも夏前に紹介しちゃえ!

【送料無料】いるのいないの

【送料無料】いるのいないの
価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
おばあさんの住む古い家でしばらく暮らすことになった。家の暗がりが気になって気になってしかたない。-京極夏彦と町田尚子が腹の底から「こわい」をひきずりだす。

文章は京極夏彦さん。
絵は町田尚子さん。
出版社は岩崎書店です。

岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの1冊。ほかには
悪い本
を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

炎路を行く者・その1

やっと読めました~♪

【送料無料】炎路を行く者

【送料無料】炎路を行く者
価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『蒼路の旅人』でチャグムをさらったタルシュの鷹アラユタン・ヒュウゴ。ヒュウゴはなぜ、自分の祖国を滅ぼした男に仕えることになったのか。そして、バルサは、過酷な日々の中で、思春期をどう乗りこえていったのか。題名のみ知られていた幻の作品「炎路の旅人」と、バルサの少女時代の断片「十五の我には」が収められた、「守り人」読者待望の作品集。

文章は上橋菜穂子さん。
絵は佐竹美保さん・二木真希子さん。
出版社は偕成社です。
「守り人」シリーズはいろいろあるので
検索結果をこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】ふだんブログの方で本の紹介記事を書きました

こっちのカテゴリでいうと
思想・哲学系
ですな。

でも、どっから読んでも
子ども向けじゃないのねん★

だけど紹介したいのねん♪

ということで、ふだんのブログの方で紹介しました。
人は何のために「祈る」のか
という本です。

興味がおありなかたは、本のタイトルからふだんブログの記事に飛べます。
クリックしてご一読をどうぞ、です^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンタジウム

んっふっふ~
ちょいと珍しいジャンルのコミックでっす~♪

【送料無料】ファンタジウム(1)

【送料無料】ファンタジウム(1)
価格:580円(税込、送料別)


【以下楽天BOOKSよりコピペ】
紳士淑女の皆さん! 摩訶不思議な手品の世界をご覧に入れましょう!
少年は何ものにも従わず、軽やかに己の道を歩む。
マジシャンとして天性の才能を持ちながら、何ものにも縛られることなく自由に生きる少年・長見良。マジシャンだった祖父・龍五郎に憧れて育ったサラリーマン・北條。龍五郎が生前にとった唯一の弟子だった良には、ある秘密があった。そして、良の才能に魅入られた北條は、ともに歩んでゆく。

著者は杉本亜未さん。
出版社は講談社。モーニングKCです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。