しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

イエコさん

イカしてるとイカレてるは一文字違いなんですが
その両方にまたがったような作品ですw

【送料無料】イエコさん

【送料無料】イエコさん
価格:1,470円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
住んでいたおばあさんが引っ越してから、森でひとりぼっちになった古い家のイエコさん。そこへ次々と動物たちがやってきて、イエコさんは次々に…ぱくりぺろり。

文章は角野栄子さん。
絵はユリア・ヴォリさん。
出版社はブロンズ新社です。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

こもれび村のあんぺい先生

茂市さんの作品、ハマり中なんです~♪

【送料無料】こもれび村のあんぺい先生

【送料無料】こもれび村のあんぺい先生
価格:1,260円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
喫茶店「月夜の森」で、ジャムをひと口食べたとたん、あんぺい先生は、だれかなつかしい人によばれたような気がしました。そして、目をとじると…。こもれび村の診療所で働くことになった若いお医者さん、あんぺい先生と森の患者さんたちとのふしぎな物語。

文章は茂市久美子さん。
絵はこみねゆらさん。
出版社はあかね書房です。

茂市さんの作品は
つるばら村のシリーズ
つるばら村のパン屋さん
つるばら村の三日月屋さん
つるばら村のくるみさん
つるばら村の家具屋さん
のほかに
またたびトラベル
招福堂のまねきねこ
クロリスの庭
を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『秘密の花園』ノート

あなどれません、岩波ブックレット!


内容(「BOOK」データベースより)
誰からも愛されることなく、「ひねくれて」育ったメアリは、荒涼としたムアに建つ屋敷で、うち捨てられた「庭」に出会った。彼女は、従兄弟のコリン、友人ディコンとともにその「庭」を美しい「花園」へと甦らせていく…。作家梨木香歩が「庭」とともにたくましく甦る生命のプロセスに寄り添い、名作の世界を案内する。

ということで、梨木香歩さんが書いた「秘密の花園」レビューです。

「秘密の花園」のワタシの紹介記事はこちら

梨木香歩さんの作品は
蟹塚縁起
マジョモリ
りかさん
を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【その他】映画感想記事へのリンク

今日は映画を見てきまして
ふだんのブログのほうに感想記事を載せました^^

手抜きですがリンクでゴメンナサイ★

「テルマエ・ロマエ」観てきましたの記事

もちょっと恋愛っぽくても楽しかったんじゃ?
と思ったり
いやいや、ルシウスのキャラではそうはならんだろ
と納得したり。

このブログでおススメするというのとはちょっと違うかも?
だったんですが
個人的にとっても面白かったので
リンクします。
ご興味ある方はどぞ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

火うちばこ

グリムじゃないよ、アンデルセンだよ

【送料無料】火うちばこ

【送料無料】火うちばこ
価格:1,785円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ふしぎな火うちばこを手に入れた兵隊さんがお姫様に恋をする。でも王様にみつかって、死刑台に。そこで男が火うちばこをカチッとならすと…。
原作はアンデルセン
文と絵はエリック・ブレグバッド
出版社は小学館です。

ブレグバットの作品は
海時計職人ジョン・ハリソン

アンデルセンの作品は
すずの兵隊

自立
それから伝記の
アンデルセン 夢をさがしあてた詩人
を過去にブログで紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひらけ駒!

連載中のコミック。
今のところ5巻まで出てるみたいです。

【送料無料】ひらけ駒!(1)

【送料無料】ひらけ駒!(1)
価格:570円(税込、送料別)

 ~ 
【送料無料】ひらけ駒!(5)

【送料無料】ひらけ駒!(5)
価格:570円(税込、送料別)



著者は南Q太さん。
出版社は講談社。週刊モーニングのコミックスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

つるばら村の家具屋さん

今月は「つるばら村」シリーズをちょっと多めにご紹介の予定です♪

【送料無料】つるばら村の家具屋さん

【送料無料】つるばら村の家具屋さん
価格:1,470円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
つるばら村にある「青木家具店」は、注文家具をつくる家具屋さんです。お店の主人は、青木林太郎さん。奥さんの美樹さん、五歳の幹太との三人暮らしです。「青木家具店」には、ふしぎなお客さんが、いろいろやってきます。キツネ、ウサギ、イノシシ…、そして山の精や、木馬までも。家具屋さん一家をめぐる、十二編のファンタジー。小学中級から。

文章は茂市久美子さん
絵は柿田ゆかりさん
出版社は講談社です。

つるばら村のシリーズは
つるばら村のパン屋さん
つるばら村の三日月屋さん
つるばら村のくるみさん
があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シュナの旅

読んで思わず即紹介!

【送料無料】シュナの旅

【送料無料】シュナの旅
価格:470円(税込、送料別)


谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、旅人からもらった実りの種をたずさえ、はるか西方にあるという豊饒の地を目指す……。宮崎駿がチベットの民話を題材に描く絵物語。オールカラー147ページ。

はい、宮崎駿さんの絵物語というかコミックです。文庫本。
徳間書店から出ている、アニメージュ文庫でございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。