しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

小公女(バーネット・文 高楼方子・訳 福音館古典童話シリーズ)

この本最近たしかけっこう話題になったような?

【送料無料】小公女

【送料無料】小公女
価格:2,415円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どんなときにも想像力をいっぱいに働かせ、気高く果敢に生きるセーラがたぐり寄せる友情と奇跡の物語『小公女』。100年間読み継がれた、19世紀ロンドンの寄宿学園を舞台とする古典の名作が、味わい深く読みやすく、かつ精確さをとことん追求した訳文によって、生き生きとあざやかに甦る。児童文学作家・高楼方子による渾身の翻訳。

著者はフランシス・ホジソン・バーネット
翻訳が高楼方子
絵がエセル・フランクリン・べッツ
出版社は福音館書店。古典童話シリーズの41巻目になります。

バーネット作品は
秘密の花園
を過去に紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピヨピヨスーパーマーケット

先日の大人絵本会のお題の本でした♪
一応参加したものの、なんか非常~に他のことしながらだったので
話し足りなかったことでもヒトツ(笑)。

【送料無料】ピヨピヨスーパーマーケット

【送料無料】ピヨピヨスーパーマーケット
価格:1,365円(税込、送料別)


お母さんとスーパーへお買い物。プリンにチョコレートにビスケット……、みんなの頭の中は、ほしいお菓子でいーっぱい。なのに「だめだめ!」ってお母さんに言われちゃった。

著者は工藤ノリコさん。
出版社は佼成出版社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペンキや

ペンキ塗りに向いた時期ってよくわからないんですが
梅雨の晴れ間な感じかな?と思ったり。

【送料無料】ペンキや

【送料無料】ペンキや
価格:1,365円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
喜びや悲しみ、浮き浮きした気持ちや寂しい気持ち、怒りやあきらめ、みんな入った「ユトリロの白」を塗りつづけたある職人の物語。

文章は梨木香歩さん。
絵は出久根育さん。
出版社は理論社です。

梨木さんの作品は
りかさん
マジョモリ
蟹塚縁起
『秘密の花園』ノート


出久根さんの作品は
十ニの月たち
マーシャと白い鳥

過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤毛のアン 村岡花子訳 ・ その3

延々と赤毛のアンの紹介が
続いております☆


内容(「BOOK」データベースより)
ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アンは少女から乙女へと成長してゆく―。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に、人生の厳しさと温かい人情が織りこまれた永遠の名作。

著者はL.M.モンゴメリさん
訳者は村岡花子さん
出版社は新潮社です。
ちなみに今回紹介するのは2008年の改訳版。
お孫さんが省略部分の追記訳をいれて完訳になったようです。

前記事は
その1その2

モンゴメリ作品は
コミカライズされた作品が「幻想綺譚」に収録。
そのほか
青い城

丘の家のジェーン

このブログで紹介しています。

あ、ちなみに
今日書きたいなーと思っていたのは
村岡訳に限らずの
アンの話。

なので
どこで書いてもいいようなもんなんですけどね(笑)。
読み比べが相変わらず進んでないので
ここで言ってしまえというような内容ですf(^-^;

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤毛のアン 村岡花子訳 ・ その2

もしかするとけっこう引っぱるかも?

「赤毛のアン」を
本日もご紹介します。


内容(「BOOK」データベースより)
ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アンは少女から乙女へと成長してゆく―。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に、人生の厳しさと温かい人情が織りこまれた永遠の名作。

著者はL.M.モンゴメリさん
訳者は村岡花子さん
出版社は新潮社です。
ちなみに今回紹介するのは2008年の改訳版。お孫さんが省略させていた部分の
追記訳をいれて完訳になったらしいです。

前記事は
こちら

モンゴメリ作品は
コミカライズされた作品が「幻想綺譚」に収録。
そのほか
青い城

丘の家のジェーン

このブログで紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤毛のアン 村岡花子訳 ・ その1

さてさて、前回の記事で
「読み比べしています」な~んて前フリをしちゃったのですが
実はなかなか進んでいなくて…(汗)★

なので連続記事じゃなく、五月雨になるかもですが
まずは最初の1冊だけでも!


内容(「BOOK」データベースより)
ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アンは少女から乙女へと成長してゆく―。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に、人生の厳しさと温かい人情が織りこまれた永遠の名作。

著者はL.M.モンゴメリさん
訳者は村岡花子さん
出版社は新潮社です。
ちなみに今回紹介するのは2008年の改訳版。お孫さんが省略させていた部分の
追記訳をいれて完訳になったらしいです。

モンゴメリ作品は
コミカライズされた作品が「幻想綺譚」に収録。
そのほか
青い城

丘の家のジェーン

このブログで紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【近況】赤毛のアンの読み比べなう

先日、ふと
「赤毛のアン」って紹介してないよね?
と思いたち
んじゃやりますか…となったところで
『たしかうちにある本は一部省略されてるんだよね…』と。

村岡花子さんの訳がメチャメチャ好き!
なんですが
この本、完訳じゃないそうで。
どこが?どれくらい?
とググり、他の方の訳を借りてみる。

まずは検索でわかった該当箇所を
うちにある本と読み比べてみると
たしかに違ーう!
しかもけっこう大事なとこじゃない?コレ

他にもあるのか?他の巻はどうだ?
など
さらにググると
村岡さんの訳を補った新版も出てるらしい。

そりゃ読まなくちゃ!

ってことで
ただいまうちには赤毛のアンが4~5冊ころがってますよ…★

近日中に連載か?な予感。
全部読んで紹介できるほど根気があるかどうかはナゾですが
とりあえず読み進めていますの近況でございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パティスリーMON

おいしそうなものが出てくる本やコミックって空腹時にはキケンなのですが
このコミックはお腹がすいてなくてもキケン★
だって
おいしそうなケーキてんこ盛りなんですもの!

【送料無料】パティスリーMON(1)

【送料無料】パティスリーMON(1)
価格:420円(税込、送料別)




【送料無料】パティスリーMON(10)

【送料無料】パティスリーMON(10)
価格:440円(税込、送料別)



内容説明(Amazonよりコピペ)
お菓子作りが大好きな音女はある時、高校時代の家庭教師・土屋幸平からの誘いで、彼が勤める「パティスリーMON」で働くことに。ずっとあこがれていた“先生"と一緒に働けることで期待は膨らむが…!?

著者はきらさん。
出版社は集英社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。