しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナチスから逃れたユダヤ人少女の上海日記

なんでかな。この本はなんとなく8月じゃないほうがいいような気がするの。。。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
50年間封印された“絶望と恐怖”“驚愕と希望”の9年間の記録。ナチスの迫害に絶望したヨーロッパのユダヤ人2万人が魔窟・上海に逃げ込んだ…。少女がそこで見たものとは…。
【目次】(「BOOK」データベースより)
一九三九年三月卯年/一九三九年五月卯年/一九三九年八月卯年/一九三九年九月~一九四〇年一月辰年/一九四〇年~一九四二年一月巳年/一九四二年午年/一九四三年初め未年/一九四三年三月未年/一九四三年半ば未年/一九四三年十二月未年/一九四四年 申年/一九四五年 1 酉年/一九四五年 2 酉年/一九四五年 3 酉年/一九四六年 戌年/一九四七年 新しい始まりの年

著者はウルスラ・ベーコンさん
出版社は祥伝社です。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

神去なあなあ日常

森の木つながりで1冊♪
一応小説にカテゴライズしましたが、けっこうYAかも?


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。

文章は三浦しをんさん
出版社は徳間書店です。

しをんさんの作品は
ふむふむ おしえて、お仕事
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

神様の森、伊勢

この写真絵本はスゴイです~!

【送料無料】神さまの森、伊勢 [ 今森光彦 ]

【送料無料】神さまの森、伊勢 [ 今森光彦 ]
価格:1,680円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ふかくひろい照葉樹の森。ここは、長い年月、神さまの森としてまもられてきた。息をのんで、足をふみいれると、そこで待っていたのは、巨大なヒノキたち。どうしてここに針葉樹が…。神域として守られてきた伊勢神宮の森ー特別な許可を得て、写真家今森光彦が撮り下ろした神秘の世界。

著者は今森光彦さん
出版社は小学館です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いとみち

読み終わったから、書いちゃうぞw

【送料無料】いとみち [ 越谷オサム ]

【送料無料】いとみち [ 越谷オサム ]
価格:1,365円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「お、おがえりなさいませ、ごスずん様」本州最北端のメイドカフェで、だべ。ちっこくて泣き虫で濃厚すぎる津軽弁。日本代表クラスの「ドジッ娘」相馬いとの進化が、全速力で始まる。津軽の奇跡、グルーヴィンな青春小説。

表紙がめっちゃかわいくてラノベっぽいです。
ホントは小説なんですが、もうここはあえてYAで!

著者は越谷オサムさん
装画はもりちかさん
出版社は新潮社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

落語絵本 六 めぐろのさんま

さんまの季節になりましたところで♪

【送料無料】めぐろのさんま(6) [ 川端誠 ]

【送料無料】めぐろのさんま(6) [ 川端誠 ]
価格:1,260円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『めぐろのさんま』は、世情にうとい殿様のトンチンカンを笑う話なんである。

著者は川端誠さん
出版社はクレヨンハウスです。

落語絵本は
同じシリーズの
ときそば

落語が原作の
あたま山
とか
しにがみさん

を紹介しています。

川端さんの絵本も好きなのでけっこう紹介していますが
全部リンクする元気がなくてゴメンナサイ!
興味のある方は検索かけてくださると嬉しいです^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

秘密の菜園

ちょっと時期遅れで紹介!
夏休みの終わりごろに読んで紹介したかった★

なんか気分的に来年まで待てないので
今年のうちにいっちゃいますw

【送料無料】秘密の菜園 [ 後藤みわこ ]

【送料無料】秘密の菜園 [ 後藤みわこ ]
価格:1,365円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
茂みの中から現れたのは、麦わら帽子の見知らぬ少年。かみ合わない会話。なのに気になる、謎めいた夏のボーイ・ミーツ・ボーイ。夏が終わっても、二人のなかの、秘密の菜園はなくならない。ローズマリーとセンテッドゼラニウムの茂みのむこう。トマトの青い匂いが立ち昇る、まぶしい庭-。

文章は後藤みわこさん。
絵は姚菲拉(ヤオ フェイ ラ)さん。
出版社はポプラ社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まぜまぜ ぷーちゃん

赤ちゃん絵本も
ちゃんとチェックしてますよ~w


内容(「BOOK」データベースより)
ぷーちゃんのおやつは、ヨーグルト。いちご、バナナ、ビスケット…、つぎつぎいれて、まぜまぜしたら、どうなるかな?0~2さい向き。

著者は「たるいし まこ」さん
出版社はポプラ社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜカツラは大きくなったのか?




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
金髪は、いつどこで生まれた?マヤ人の頭の美とは?最古のハゲ治療薬とは?そして、髪にまつわる最大の謎、なぜカツラは大きくなったのか…?髪にまつわる不思議に迫るユニークな文化人類学絵本。

文章はキャスリーン・クルルさん
絵はピーター・マローンさん
出版社はあすなろ書房です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。