しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

もりくいクジラ

2月の〆はこの絵本!って
決めてましたの。



商品の説明
きのくに(和歌山県)の太地のおはなしです。クジラとおとこ達のたたかいがもの凄い迫力で描かれています。見開きになり一冊の本が2冊の大きさになります。賢いもりくいクジラ、太地の若者の姿と一番最後のページで、ひよりじいさんの苦しそうな顔と罪もないクジラを捕らえなければならない、貧しい村の民のかなしさと生き様を描いています。

文章は川村たかしさん
絵は赤羽末吉さん
出版社は実業之日本社です。

赤羽末吉さんの絵本
けっこう過去記事で紹介しています。
気になった方には無精でゴメンナサイなのですが、サイドバーの検索からどうぞ!

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

イソップ物語 13のおはなし



【送料無料】イソップ物語 [ アイソポス ]

【送料無料】イソップ物語 [ アイソポス ]
価格:1,575円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美しい色づかい、ユニークな造形ー今、注目の絵本作家いまいあやのがイソップ物語から13話をセレクトし、イマジネーション豊かにえがきました。さあ、あたらしいイソップの世界の幕開けです。
【目次】(「BOOK」データベースより)
オンドリと宝石/子ヤギとオオカミ/ウシとカエル/キツネとコウノトリ/ライオンとネズミ/ウサギとカメ/ネコとトリたち/イヌとその影/みえっぱりのカラス/カラスとハトたち/キツネとブドウ/まちのネズミといなかのネズミ/泉のほとりのシカ

著者はいまいあやのさん
出版社はBL出版です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

図工準備室の窓から

本日の本紹介の前に一言。

昨日、管理人のみ読めるコメントでご挨拶くださった方がいらっしゃいます。
ありがとうございます!
発見していただいて嬉しかったです♪


でもってご紹介するのは、こちら。

【送料無料】図工準備室の窓から [ 岡田淳 ]

【送料無料】図工準備室の窓から [ 岡田淳 ]
価格:1,470円(税込、送料込)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
38年間、図工教師を続ける一方で『二分間の冒険』をはじめ、数々の独創的なファンタジーを発表し続けた作家の、創作の泉は、小学校にあった…偕成社ホームページで3年にわたり連載されたエッセイ+書きおろしエッセイ7編。

著者は岡田淳さん
出版社は偕成社です。

岡田さんの作品は「こそあどの森」シリーズを過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

火打ち箱(高野文子ペーパークラフト)

すごいすごいすごーい♪♪


内容(「MARC」データベースより)
兵隊が魔法使いから手に入れた古い火打ち箱を打つと、水車くらいある大きな目玉の犬がやってきて、なんでも望みをかなえてくれて…。アンデルセンの物語と、高野文子さんによるペーパークラフトのまか不思議な一冊。

原作はアンデルセン
再話は赤木かん子
ペーパークラフト&写真は高野文子
出版社はフェリシモ出版です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘

タイトルが秀逸すぎる!


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
おやじの秘密、しゃべっちゃおうか。水木しげる、赤塚不二夫、手塚治虫の娘たちが語る、父の素顔。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ずっと父が好きだった/第2章 父の仕事場/第3章 「普通の家」だった、かな?/第4章 “父親”として/第5章 父の女性観/第6章 父と音楽/第7章 作中の中のワタシ/第8章 父の仕事を継ぐ

ゲゲゲの娘は水木悦子さん
レレレの娘は赤塚りえ子さん
らららの娘は手塚るみ子さん
出版社は文藝春秋です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーラはただのデブ

YAでもいいかもな…
と思いましたが
かなり特殊なシチュエーションですので、やはり小説で!


内容紹介
ラーラは高校2年生。成績優秀、数々の美人コンテストでも優勝し、末はミス・アメリカかと期待されていたが・・・。「ダイエット」「美しくあること」など若い女性の関心に応えた青春小説。

著者はシェリー・ベネット
出版社は集英社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【リンク】ふだんブログで絵本「ブローチ」を紹介しました

最近、紹介する本のジャンルが若干変わりつつあるため
ふだんブログとのリンクが増え気味になっております。

この絵本はどちらで紹介しようか、かなり迷ったんですが
ボーダーライン上であちらがわ、という感じになりましたので
こちらのブログではリンクをさせていただきます。



「ブローチ」の紹介記事はこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとだけまいご

ビミョーにしかけ絵本?


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
巣からおちて、まいごになったちびフクロウ。「だいじょうぶ。おいらがかあちゃんをみつけてやるから」とリス。「で?きみのかあちゃんはどんなかんじ?」「ぼくのママはね、すごーくおおきいんだ。こーんなに」。ちびフクロウのジェスチャーをヒントにリスがつれていったさきは…?ビスト最優秀児童図書賞、エイリース・ディロン賞同時受賞。

著者はクリス・ホートン
出版社はBL出版です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。