しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おばけやしきにおひっこし

ネタバレしてもいいなら、別の時期でもいいかなー?と思いましたが
ま、おばけモノに分類しましてっとw


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
マージョリィとねこのオスカーがひっこしたのは、なんと、おばけやしき。でも、だいじょうぶ。だって、マージョリィは…。

カズノ・コハラさん作
出版社は光村教育図書です。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【リンク】ふだんブログでも本を紹介しています「ONE + ONE」

あーやっと紹介できた!というのが本音w

買ったのがけっこう前でして
当然のごとくゴンチチのページは延々と繰り返し読んでました。
精読していて、面白かったんで
ブログでも紹介しなきゃなーと思いつつ
なぜかなかなか書けなかったんですよね。

この本です↓

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
事は革命、ロックンロール、旅、パフォーマンス、アート、冒険、発明、エコロジー、出版、映画、アニメ、マンガ、店、スクール、レース、料理、遊び、ビジネス…何でもありだ。ナンバーワンになるためでもなく、オンリーワンになるためでもなく、どちらになってしまっても、ONE+ONE=相棒。これが1000年に1度のHELL世紀に明日に向かってゆくPOWERだ。「ONE+ONE」に生きる者たちが真実の物語を語る。

私はどっちかというとヒトリでなんでもやってしまうタイプなのですが
こういう本を読むと、やっぱり相棒がいるっていいよねぇ♪と思っちゃいます。
よかったらぜひ読んでみて
このよさをご一緒に味わっていただきたいでーす♪

「ONE + ONE」の紹介記事はこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

H・・ (『心臓より高く』収録作品)

夏休みに紹介しようかなとも思ったんですが
なんとなく、それより前のがいいような気がして…。

コミックスには2編入ってるのですが、表題作ではなく収録作品の方になります。

【送料無料】心臓より高く [ きら ]

【送料無料】心臓より高く [ きら ]
価格:420円(税込、送料込)



著者はきら
出版社は集英社です。

きらさんの作品は
パティスリーMON
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おしりをしりたい

笑っちゃいたい気分のときは
こんな本、イイっすね♪


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜおしりはプリプリしてるの?おもしろくてためになるおしりのおはなし。

著者は鈴木のりたけさん。
出版社は小学館です。

のりたけさんの絵本は
「ぼくのおふろ」がその1その2
あと
しごとば 東京スカイツリー」
を過去記事で紹介しています。

あ!
マジメな絵本が好きな方はこの本ちょっとニガテかも?って
先に書いておきます。
内容はちゃんとしてますが、下ネタ的なダジャレも多く
大マジメにふざけております。
(そしてそこがとっても楽しいですw)

このエントリーをはてなブックマークに追加

おばけにょうぼう ※ちょっとだけ追記しました~

まだちょっと早いかなー?
でももういいよね、怪談の絵本紹介しちゃっても♪


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
絵巻物「化物婚礼絵巻」の世界がユーモラスでちょっと怖い絵本になりました。おばけだって結婚したい。

文章は内田麟太郎さん
絵は町田尚子さん
出版社はイースト・プレスです。

町田さんの作品は
いるのいないの
を過去記事で紹介しています。
そっかそっかそうだった(←すっかり忘れてます)w

このエントリーをはてなブックマークに追加

これがほんとの大きさ!

わはは!またもや見つけましたよ「リアルサイズ」系絵本w
いやでもこれだけ類書が出るということは、みんな好きなんだよね、きっと。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ゴリラの手はどれぐらい大きい?ワニの口は、ほんとに大きいの?トラの顔はどんな大きさ?ダチョウの卵はどれぐらい?世界一大きいクモってどんなクモ?世界一小さい魚ってなに?長さが60cmあるのは何の舌?人の頭より大きいのはだれの目玉?どうぶつの世界はおどろきがいっぱい。あざやかな色と、迫力あるデザインで切り絵の名手ジェンキンズが見せるどうぶつあれこれ。絵はぜんぶ実物大。ほんとうの大きさに目をみはります。

著者はスティーブ・ジェンキンズさん
出版社は評論社です。

類書は
どうぶつのあしがたずかん
ほんとのおおきさ動物園
もっと!ほんとのおおきさ動物園
ほんとのおおきさ水族館
本物の大きさ絵本 原寸大 恐竜館 

過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

くうきのかお

もう以前に紹介していたと思ったんですが
まだでしたかー★
カエルの表紙が今の時期っぽいかな?


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
野原をわたる風、クラリネットから流れる音色、息を吸うたびに体内をめぐる空気。古今東西の絵画に、空気はさまざまな表情で描かれています。読んであげるなら4才から。自分で読むなら小学校初級から。

構成と文章はアーサー・ピナード
出版社は福音館書店
『びじゅつのゆうえんち』というシリーズの1冊です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

これは本

そっかそっか、こういう本が出てくる時代になったんだねぇ♪
とニヤリとしましたよ(^皿^)

【送料無料】これは本 [ レーン・スミス ]

【送料無料】これは本 [ レーン・スミス ]
価格:1,365円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
パソコンがとくいなロバくんと、本がだいすきなサルくん。本を知らないロバくんは、サルくんに本の使いかたを聞きます。「どうやってスクロールするの?」「マウスはどこ?」そしてついにサルくんの本をのぞいたロバくんは…。

著者はレイン・スミス
出版社はBL出版です。

レイン・スミス作品は
めがねなんか、かけないよ
算数の呪い
を過去記事で紹介しています。
あれ、けっこう少ないなw

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。