しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

蝶の目と草はらの秘密

寒いから、ちょっと季節外れかなーと思いつつ…


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
そろそろあかるくなるころ耳をすまし目をこらしあなたは何を見つける?スクラッチボード画と詩と科学…三者が一体となったユニークな絵本。コールデコット賞・ニューベリー賞をはじめ数々の受賞に輝く詩人と画家が繰り広げる、自然への賛歌。

文章はジョイス・シドマン
絵はべス・クロムス
出版社は冨山房です。

べス・クロムスの作品は
よるのいえ
を過去記事で紹介しています。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローズの小さな図書館

YAと児童書の間くらいの作品かなと思います。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一九三九年、農場は干ばつにみまわれ、水をくむ風車がこわれ、パパも家を出ていってしまった。ママは、私と弟と妹をつれてふるさとルイジアナの川辺の町に移ることに決めた…。十四歳のローズは、家族のために年をごまかし、図書館バスのドライバーとして働きはじめる。でもその後も、作家になる夢はずっと忘れなかったー。戦前のローズから始まり、その息子、孫、ひ孫、と四世代にわたる十代の少年少女を生き生きと描きます。時代ごとに、『大地』、『怒りの蔔萄』、「ハリー・ポッター」など話題の本が登場。本への愛がつなぐ家族の姿を描く、心に残る物語。

文章はキンバリー・ウィリス・ホルト
出版社は徳間書店です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【リンク】ふだんブログでコミック「高円寺あたり」の紹介をしました

日にち的なズレが多少ありますがw
ふだんブログでコミックの紹介をしまして。

コミック『高円寺あたり』

長い間ずっと読んでいたコミックスです。
好きでもあるんですが、モヤッともしていて。その原因をたしかめたい、と。
わかったあと、手に取る回数はだいぶ減ったんですけどねw
まだ手元にあります。

そのモヤッとの内容を書いてみました。
ワタシのブログ記事にしては長文と思いますが
よろしければ書名部分がリンクになっておりますのでどうぞ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコといっしょにくらすには

絵本タイプの実用書…かな。


内容(「MARC」データベースより)
ネコは人間と友だちになれないと言われているが本当なのか。ネコの隠された力や性質をイラストでわかりやすく解説。ネコの行動がよくわかるようになる絵本。

文章は中村ふじ子さん
絵はつしまみかこさん
出版社は文化出版局です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

しろくまのパンツ

見てください!このマジメなかおw


内容(「BOOK」データベースより)
しろくまさんのパンツがなくなっちゃった。いったいどんなパンツかな?―。

著者はtupera tupera 
出版社はブロンズ新社です。

tupera tupera作品は
パンダ銭湯
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アブナイかえりみち

ワタシの知らない世界…w

【送料無料】アブナイかえりみち [ 山本孝 ]

【送料無料】アブナイかえりみち [ 山本孝 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
かえりみちは、キケンがいっぱい。「ほうかごスペシャルたんけんたい」になってたんけんするぞ。ハチャメチャでアツイ、男子絵本。

著者は山本孝さん
出版社はほるぷ出版です。

山本さんが絵を描いてらっしゃる作品は
『雪窓』
を以前紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちいさいねずみ

秋が深まり、お月さまがキレイになると思いだす絵本です。


内容紹介
町に住むお腹のすいたねずみが月をおいしいチーズと思いこみ、取ろうとしますがとれません。けれども、最後に山に行ってみると?

著者はさとうわきこさん
出版社は偕成社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おひさまやのおへんじシール

今日は前フリなしでご紹介行っちゃいますか~w


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
うさぎのおみせ「おひさまや」には、にじいろにかがやくバケツや、空いろの小さないすなど、ふしぎなものがおいてあります。「うちにあるのは、もっているとうれしくなる、すてきなものばかりなんですよ。」ひとりぐらしのおばあさんに、うさぎがすすめてくれたのは、よべばへんじをしてくれるという「おへんじシール」でした。小学一年生から。

文章は茂市久美子さん
絵はよしざわけいこさん
出版社は講談社です。

茂市さんの作品はこのブログでけっこう紹介させていただいています。
リンクしきれないので、サイドバーで検索を…と
ワガママ言わせていただいてすみませんです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。