しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【雑感】本を読むことについての私見

前からちょっと考えてたりしたことですが
すこーし固まってきたので、
今日は途中段階の意見をちょっとメモ代わりに書いておきます。


絵本・児童書に限らず「読書」全般について
ワタシは『ラジオのチューニングを合わせて聴く』ようなものだなー
と最近思っています。
最近音楽がらみで、というか
大好きなアーティストがパーソナリティのラジオをよく聴いているので
おそらくその影響w
あと、このブログもまあまあ長期になっていて
一定数の記事を毎月書く、ということをしていて
読んで書く(=取り入れて自分フィルターを通して出す)という行為をしているうちに
以前の考え方よりも、この『チューニング』というのが
非常にしっくりくるようになったんですね。

本にはそれぞれに独自の波調みたいなのがあって
そこに自分の気持ちや意識を持っていって読む
というか読んでいるうちに自分と本の波長が揃う、って感じかな。

うまく同調すれば内容も細かいところまで読みとりやすいし、共感しやすくて面白い。
同調するけど読んだ内容(ラジオでいえば流れた曲)があんまり好みじゃないこともある。
もしくはうまく同調できないから、内容がわからなかったり誤解しちゃって後でアラー?なんてこともあったりw


書くこと(ワタシにとってはこのブログ書き)になると
今度はワタシが発信する側。
基本的に好きなことを好きなように書いていますが
文章をわかりやすく、とか、読みやすく、を心がけて
バンド(ラジオの受信波の幅)がなるべく広くなるといいなー
と思っています。
表現力もついたら、受け取る側の幅もひろがりますよね。
シンプルでかつ多彩なブログ、が目標です。がんばるぞー!

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちいさいケーブルカーのメ―ベル

今日は、上質の絵本が読みたいなーと思ったときに
パッと浮かぶ絵本作家さんの作品を。


商品の説明
「 いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう 」 「 ちいさなおうち 」 「 せいめいのれきし 」の バージニア・リー・バートン の作品です。 丁寧に史実に基づいて書かれたお話は社会的資料として価値のあるもので、バージニア・リー・バートンのその努力に敬意を払わずにいられません。

著者はもう説明に書いてありますね。
出版社はペンギン社です。

バートン作品は
「ちいさいおうち」
「はたらきもののじょせつしゃけいてぃー」
「せいめいのれきし」

過去記事で紹介しています。

今年の大雪のとき、Twitterのフォローさんが「けいてぃー」の話をしていて
リプとかはしませんでしたがとっても同感でした。
けいてぃーがいたら、どんな道路だって通行止めになりっぱなしなんてこと、ないのにー、のにー、のにー…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

草原で暮らすバタナー シリーズ世界のともだち(モンゴル)

モンゴル好きなんですよ、じつは♪

【送料無料】モンゴル [ 清水哲朗 ]

【送料無料】モンゴル [ 清水哲朗 ]
価格:1,890円(税5%込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
バタナーは遊牧民の男の子。山羊や羊、馬を育ててたくましく生活しています。乳しぼり、家畜の世話、乗馬や大空の下でのごはん。モンゴルの大草原でのくらしはバタナーのお気にいりです。将来、ともだちになるかもしれないだれかの毎日。小学校中学年から。

著者は清水哲朗さん。
出版社は偕成社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎふちょう

春が待ち遠しくなる絵本!綺麗ですよ~♪

【送料無料】ぎふちょう [ 舘野鴻 ]

【送料無料】ぎふちょう [ 舘野鴻 ]
価格:2,100円(税5%込、送料込)


商品の詳細説明
1年の寿命のうち約10ヶ月をさなぎとして過ごすギフチョウ。まわりの林で起こる生きものの営みを美しく緻密な絵で描く。『しでむし』作者の新作。

著者は舘野鴻さん
出版社は偕成社です。

舘野さんは熊田千佳慕さんのお弟子さんだそうです。
千佳慕さんの作品は「みつばちマーヤの冒険」を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おかしなゆき ふしぎなこおり

今年はホント、シャレにならなかったですね…★


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
こんなかたち見たことない。おどろきびっくり、雪と氷の世界。幼児~小学生向き。

著者は片平孝さん
出版社はポプラ社です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

もりのおきゃくさま 「三びきのくま」のさかさまのおはなし

うわー盲点!
この発想はなかったw


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昔話『三びきのくま』のクマと人間をさかさまにおきかえた文字のない絵本です。こぐまがしのびこんだ森のおうちでいったいなにがおこるでしょうか?

著者はプリントン・タークルさん。
出版社はこぐま社です。

元ネタになります『三びきのくま』、
このブログでは
ポール・ガルドンさんの作品を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンデルセン童話全集Ⅲ

本日紹介の本は、メチャメチャ骨太でございます☆


商品の詳細説明
国際アンデルセン賞受賞画家ドゥシャン・カーライ夫妻が、4年の歳月をかけてすべてのアンデルセン童話に挿絵を描いた渾身の全集、待望の第3巻。
精巧な筆致で描かれた美しい挿絵は、全編オールカラーの力作。
第3巻には「旅の仲間」「みにくいアヒルの子」「ヒツジ飼いの娘とえんとつそうじ人」「影法師」「すべて、あるべきところに」「賢者の石」「エンドウマメの上に寝たお姫さま」「氷姫」「子ども部屋で」「名づけ親の絵本」「だれが一番幸福だったか」「ノミと教授」など48編収録。
全3巻、ついに完結!

著者はもう紹介するまでもありませんね、アンデルセンです。
絵のご夫妻は
ドゥシャン・カーライ&カミラ・シュタンロヴァー
出版社は西村書店です。

アンデルセンの作品もこのブログではけっこう紹介してますね。
伝記は「アンデルセン 夢をさがしあてた詩人」が名作でございます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

こぶたのかばん

たまに登場、佐々木マキさんの絵本です。
もうすぐ出版1周年♪

【送料無料】こぶたのかばん [ 佐々木マキ ]

【送料無料】こぶたのかばん [ 佐々木マキ ]
価格:1,260円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
こぶたのぐぷたのきいろいかばん。おつかいのかえりみち、なにかひろってはしまい、もらってはしまっていくと、かばんはどんどんどんどん…。

出版社は金の星社です。

佐々木マキさん作品、まあまあ紹介してますねー。
近日中にカテゴリ作っちゃいます!
(すみません、遠まわしにリンクを貼らない言い訳です★)


このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。