しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【リンク】Tumblrで記事を書いています

うあああああ★
これ
リンクしていいのかなあ…

迷っていますが、が、が!

21記事のマイノルマのためでもあり
なんだかんだいって映画館だけでは飽き足らずDVDまで観ちゃったことでもあり
そしてさらに
「これはイイ!」と観るたびに思っていますので
この際ですからリンクしちゃいます!ちょっと涙目ですけど!

「HK/変態仮面」


Tumblrの記事はこちらからいけます。
そして
記事内にUPしたかったんですがうまくいかなかった
主演の鈴木さんのインタビューも↓に貼っつけますね♪





すいません。
いつもはコドモノ本についてマジメくさって書いてますけど
こういうの大好きなヤツですからご了承くださいm(_ _)m



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

めうしのジャスミン

デュボアザン作品です。
有名な方ですが、うちのブログでは初紹介ですな。


内容(「MARC」データベースより)
ほかの動物たちが何と言おうと、帽子をかぶるめうしのジャスミン。集団の中にあって、自分らしく自然体で生きることを、ユーモアを交えて描いた絵本。美しい色づかいとストーリーの明瞭な展開が楽しめる。待望の復刊。

著者はロジャー・デュボアザン
出版社は童話館出版です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真で見る農耕と牧畜の歴史 知のビジュアル百科

パラパラ見てるだけで楽しい本です♪


内容紹介
農業の始まりから18世紀の農業革命、そして食の安全性や食育の大切さが問われる現代まで、世界の農業と畜産の歴史がこの1冊でわかる。

ネッド・ハリー著
ジェフ・ブライトリング写真
出版社はあすなろ書房です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戸村飯店青春100連発

坪田譲治文学賞とは知らなんだ☆
先日読んだ某サイトで取り上げられていて
そうそうこれ面白かったんだよねーと思い出して再読したら
いいじゃんいいじゃんブログにいいじゃんと。
なぜ忘れてた自分!ということで
物語のスタートよりも時期はちょっと遅いんですけどご紹介♪


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大阪の超庶民的中華料理店、戸村飯店の二人の息子。要領も見た目もいい兄、ヘイスケと、ボケがうまく単純な性格の弟、コウスケ。家族や兄弟でも、折り合いが悪かったり波長が違ったり。ヘイスケは高校卒業後、東京に行く。大阪と東京で兄弟が自分をみつめ直す、温かな笑いに満ちた傑作青春小説。坪田譲治文学賞受賞作。

著者は瀬尾まいこさん
出版社は文藝春秋社。文春文庫です。

瀬尾さんの作品は
『おしまいのデート』
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あかりをけして

寝る前の本…というよりも
むしろ寝ないための本なのかもw


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ママとパパはきっぱり言う。「8時になったら、あかりをけして」真っ暗な部屋ではこわくて眠れないのに。ちいさなコブタは工夫した。スイッチをいれてからあかりがきえるまでに、わざとうんと時間がかかるように。-はさみ、ほうき、三輪車、ボウリングの玉、野球のバット、じしゃくなどなどが、ひとつながりのからくり仕掛けになった。なにかの動きが、次のスイッチになり、次々に連鎖する、こういうのを「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」というそうだ。天才コブタのからくりは、みごとに成功するだろうか。

著者はアーサー・ガイサート
出版社はBL出版です。

ガイサート作品は
『ミステリーおいしい博物館盗難事件』
『ノアの箱舟』
『洪水のあとで』
『銅版画家の仕事場』
を過去記事で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

台所のおと/みそっかす

小説とエッセイが両方1冊に編まれている本は想定していなかった★
ブログのカテゴリを考え直したほうがよかろうか…。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
父・露伴の没後、文筆の道に進んだ幸田文。歯切れのいい文章には定評がある。人情の機微をつづる「台所のおと」「祝辞」、生い立ちを語る「みそっかす」、露伴の臨終を描いて圧巻の「終焉」など、孫娘青木奈緒の編んだ幸田文作品集。中学以上。

著者は幸田文
編者は青木奈緒(幸田文のお孫さん)
出版社は岩波書店。岩波少年文庫です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

22の色 日本の色彩(こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズ)

色の絵本でもあり
日本の文化の絵本でもあります。


出版社からのコメント
子どもたちに伝えたい、日本の色彩。
昔から伝わる日本の伝統色を22選び、紹介します。
ピンクやグリーンという言い方もありますが、美しい日本語は子どもたちに伝えていきたいと思うのです。そして名前 の由来がまたとても楽しいのです。
わかくさいろ、すみれいろ、やまぶきいろ・・・。味わ いのある、いい名前だと思いませんか。

著者はとだこうしろうさん
出版社は戸田デザイン研究室です。

「こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズ」というのは3冊出ているようです。
この本が初めてなので、そのうち他の本も紹介するかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はこぶ

乗り物好きさん&プレゼントにおススメ!

【送料無料】はこぶ [ 鎌田歩 ]

【送料無料】はこぶ [ 鎌田歩 ]
価格:1,404円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
海も山も空も!小さなものも大きなものも!!はやく無事にどこまでも!!!さあ、いっしょにはこぼう!

著者は鎌田歩さん
出版社は教育画劇です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。