しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おむすびさんちのたうえのひ

季節がすぎないう・ち・に♪

【送料無料】おむすびさんちのたうえのひ

【送料無料】おむすびさんちのたうえのひ
価格:1,260円(税込、送料別)


出版社/著者からの内容紹介
のどかな田園風景が広がる、ほのぼのとした田植えの絵本。
今日はおむすびさんちの田植えです。朝ごはんを食べると、おむすびさんは稲を一輪車にのせて田んぼへと急ぎました。手伝ってくれる仲間のみんなはもう集まっていました。
おむすび村の具のしゃけさん、たらこさん、おかかさんにうめぼしさん。
それからおいなり村のおいなりさんに、のりまき村のほそまきさんとふとまきさんも手伝いにきてくれました。
おいしいおむすびやおいなりができるようにと、みんなで植えていきました。
せっせと植えていくうちにいつの間にやらお昼です。おむすびさんちの子供たちがお弁当をもってきてくれました。みんなでお昼を食べていると、遠くの方から「シャカシャカシャカ ズルズルズル」
と、何やら音が聞こえてきました。それは、遅れていたすしねた村の田植え名人の足音でした。
おむすびさんとユニークな仲間のキャラクターが繰り広げる楽しい田植えの一日です。

ということで、長いあらすじはAmazonからコピペでございますw

著者はかがくいひろしさん。
出版社はPHP研究所です。

かがくいさんの絵本、けっこう紹介してるんですよね。好きだから。
こちらから一覧をどうぞ


そいでね
田植えの日の朝ごはんのシーンから始まるわけですけども
ご飯食べてましてね
「やっぱりごはんはおいしいね」というセリフなんかありましてね

共食いじゃね?

という言葉はグッと飲みこんだりするわけですw

ちなみにどうも父子家庭らしいです。
後ろにお母さんの写真と線香立てなんかがうっすらと見えたりしています。
食べられたの?
なんて思っても、口にだしてはいけませんwホラーになりますからね★

そして
たんぼにあつまった面々ったらば
そうきたか!
みたいなね。
植えてる様子がなんともかわいらしくてなごみます。
読み聞かせはちょっと大変かも、ですけども^^


お昼になりましてね
おべんとうが
みなさま
なるほどというかなんというかw
最初の場面からお察しくださいww

遅れてやってきた助っ人さんたちは
おすしのねたで
頼りになる
そう、あの!
ってことでなるほど納得。
その後の田植えの場面など、誌面での緩急というかメリハリが
かがくいさんはホントーに上手なんですよね~♪

一日仕事をして、みなさんがどんなふうに疲れたかも楽し
帰ってきてからよごれと疲れをとる様子もまた面白し。

理屈くさいことより面白さ優先!な年代で
なおかつご飯がだ~い好き♪な子に読んであげたい絵本です。
今ごろお誕生日だったりしたらプレゼントにもいいかも。
そうそう
手にとったときには忘れずに
カバーの折り返しも見てねd(^-^)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1060-d4552060
-
管理人の承認後に表示されます
2012.06.08 16:49
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。