しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カラフル ※追記

先日紹介した「カラフル」

【送料無料】カラフル [ 森絵都 ]

【送料無料】カラフル [ 森絵都 ]
価格:530円(税込、送料別)


なんか書き遺したことがある気がしたので
追記的なことをちょこっとだけ。

前回の記事はこちらです。

要するに前回は
イイ本なんです~、で終わっちゃってて
ちょっとモヤってたところを
どうかこうかと思いつつ、結局書かずにおいちゃったんですね。

なのでそこをば。

主人公は中学生で
当然周囲も中学生。
同級生だったり下級生だったり。


彼らの言葉はとても響きます。
生の声っていうか
本音っていうか。
言葉数とか内容とかいうより
空気が伝わる感じ。

大人の言葉はそれにくらべると
ちょっと違う?かもですが
世代が違うから
まーそうなのかなとあまり気になりません。
(ちょっと薄っぺらい人たちなのかな?と思わないでもないですが)

それに比べて残念だなーっと思うのが
お兄さん。

高校生で、それほど仲がよくない設定とはいえ
病院で看病を手伝ってくれたりするわけで
そこそこ接点があったようなのに
退院後のかかわり合いが希薄すぎないでしょーか?
男兄弟だからこんなもんかなーと思ったりもするんですが
寡黙すぎない?ってくらい語らない。
そして心の内を語るシーンも
どことなく紋切っぽい気が。

お兄さんはまだ高校生。
中学生の心理があれほど書けるなら
お兄さんの内面ももう少し描き出してほしかったような気がします。
書き込み過ぎたら全体のバランスが崩れるというのは確かにありそうですが
うまく絡めて、彼らの関係性やその変化
兄は少し大人な考え方だけれども、やはり大人と同じ視点にはなれない
みたいに年齢を生かせる場を与えれば
家庭内の様子にもう少し奥行きがでたんじゃないかな?って。

ちょっとチラ裏的ですが
気になったことなので追記しておくことにしました。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1091-475bdbf9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。