しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ポップコーン天使」「ロケット少年」

先日カーリルのトップページで知った本です。


内容(「MARC」データベースより)
小学校高学年の女の子「まひる」。初潮がきたのはいいけれど、自分の体とどう付き合って行ったらいいんだろう。第二次成長期を迎えた女の子たちの悩みをマンガで分かりやすく解説。月刊雑誌『小学六年生』連載の単行本化。
監修と解説は山本直英さん


内容(「MARC」データベースより)
男の子がこっそり知りたい「おちんちんの大きさ・形」「勃起」「自慰」「包茎」「セックス」「エイズ」などの不安・疑問に応えるマンガがついに登場! 母親や女の子にも知ってほしいおちんちんのヒミツが満載!
監修とQ&Aは金子由美子さん

どちらの本も
マンガの著者は手丸かのこさん
出版社は子どもの未来社です。

カーリルについては近いうちに記事を書きますね。
最近メッチャ使ってる便利なサイトでございます♪

性教育に関しては絵本がわりと出ていますね。
あんまり小さい子向けだとピンとこないし
かといって生々しくかくわけにはいかないしの
難しいジャンルだにゃーと思います。

この2冊はそれぞれの性に関してのコミックと解説で構成されていて
読みやすいし年齢的にも小学校高学年の子が対象で
それに合わせた内容になっていますから
ほどよい感じと言えるのではないかしらん?

なぜか女の子の本を男の先生が監修していて
男の子の本の監修は女の先生です。
女の子の本の言い回しがちょっとカタイかな~っと思いますが
雑誌掲載をコミックス化したようですから
そちらの意向もあるのかも。

マンガの絵柄も男の子、女の子、どっちにも受け入れられるタイプ
のカワイイ絵です。
キャラの描き分けもバッチリなので
マンガ読みなれてない子でも
「コレ誰だっけ?」と混乱することはないはず♪

性教育といっても
セックスより身体の2次的成長についての話が主なので
好奇心をあおるのでは?などと過敏にならず
手渡しやすいので
家族で読むの、おススメです。

自分の性について考えるのもいいけど
女の子がロケット少年を
男の子がポップコーン天使を
それぞれ読んで、相手の性のことを知るのも役に立つんじゃないかしらん?

家庭環境がオープンと言っても
2次的成長についてまでオープンに話せるかというと
同性ならまだしも、異性に関しては難しいですからね。

そういうときにこんな本を使って
読んでみたんだ~、あなたも読んでみる~?と
水を向けてみるのも一つの手段かもなー
と思わせてくれる2冊でありました。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1126-134ece93
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。