しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【サイト紹介】カーリル

先日チラッと書いていた
「カーリル」のご紹介です。

例によってTwitterのフォローさんが紹介していて知ったこのサイト
最近使いまくっているので
こんな感じなのよんと
ちょこっと紹介しちゃいます!

URLは
http://calil.jp/
です。
リンクしてますのでクリックすると別ウィンドウで飛べますよん♪


さて、このカーリル
どんなサイトかと申しますと
一言で言って、全国の図書館の蔵書をチェックできるサイト…でいいのか?

サイトの説明文には
「全国の図書館の蔵書情報と貸し出し状況を簡単に検索できるサービスです。
本を検索するときに地名を選択すると、その場所から近い図書館を自動的に選択して検索できるので、欲しい本が近くの図書館で貸し出し可能かすぐに分かります。」
とあるから、おおむね間違ってはいないですね。

使用するときは
まず最初に、自分のプロフィールと利用している図書館の情報を登録します。

これをしておけば、
その後はサイトを訪れて(自分情報でログインしているのを確認したらば)
探してる本のタイトルや著者名を入力すると
Amazonの情報といっしょに、利用図書館の蔵書の有無が
一括で見られます!

いやー、スグレモノのサイトですな。
一覧、スバラシイ!
マジ便利っすよぉ~~~。


ワタシ、最初のうちは
本の検索できるのは便利だけど
使ってるのは○市と△市、2か所だしなぁ
別々に調べてもいんじゃね?だってどうせ予約する時は図書館サイトに飛ぶんだしさ~
っとか思ってました。

学生さんだとこれにプラスして、学校の図書館も登録できるよね。館数が多い人は便利だろうけど
2館じゃそれほどでもないんじゃないかしらねー。なんて。

んが!
実際カーリル使ってみると…
面白いわ!

図書館のサイトに直接行って検索すると
当然ですが、該当本の情報「だけ」が出てきますよね?
カーリルだと、そのほかにあいまい検索の関連本も出てくるし
Amazonに出品している中古本の値段なんかもわかるし
ということで
オマケ機能が満載なんです。
た~のし~い~♪
(本を探している間の「検索中」を魚が泳ぐミニ動画アイコンなのも好き♪)

しかも気づいたの最近なんですが
図書館蔵書の有無の下に「読みたい」「読んだ」とかいうボタンがあってですね。
ポチっとクリックすると色が変わって、自分専用のリストに情報が追加されるんです~(≧▽≦)

ねえねえ、もしかして
これってマメに登録しておいたら
将来、既読の本かも?と思った時
リストチェックするだけでダブリ予約を防げるってコトかしらん?

シリーズの本を読んでいて、出版の間があいたりすると
どこまで読んだっけ?が出てくるんですよ。
(本読みの方はうなずいてくださる方が多いはず!だよね?だよね?)
そんなとき
リスト一発でどこまで読んだかわかるってことよね?
いいじゃん、いいじゃん!

うう…
自分のPCにある既読リストから
続きが気になる読みかけシリーズだけでも探して
今から入力するべきであろうか(笑)

あと
まだクリックしたことはないんだけど
該当本の情報ページまで行くと
下のほうにツイートボタン、フェイスブックのいいね!ボタン、mixiのチェックボタンなどなどSNS系のボタンのほか
読書系のブクログとか読書メーター、あと知らない本系サイトのリンクも
ずらずら~っと並んでますよ。
こっちも気になるなぁ…
いじりだすとキリがないから、今はやめとくけどw
きっとあちこち飛ばすと楽しいんだろうな。

というわけで
紹介した割には全然つかいこなせていないことが判明しましたが(爆)
本好きさんはたぶん眼の色変わるくらい面白いサイトだと思いますので
どうぞ一度訪れてみてくださ~い!





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1127-bb3e263a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。