しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

神様の森、伊勢

この写真絵本はスゴイです~!

【送料無料】神さまの森、伊勢 [ 今森光彦 ]

【送料無料】神さまの森、伊勢 [ 今森光彦 ]
価格:1,680円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ふかくひろい照葉樹の森。ここは、長い年月、神さまの森としてまもられてきた。息をのんで、足をふみいれると、そこで待っていたのは、巨大なヒノキたち。どうしてここに針葉樹が…。神域として守られてきた伊勢神宮の森ー特別な許可を得て、写真家今森光彦が撮り下ろした神秘の世界。

著者は今森光彦さん
出版社は小学館です。


ふだんブログの方までご覧の方はご存じと思いますが
ワタシ、神社スキーでして、伊勢も何度か行っています。
(てか、ここ3年くらい毎年行っています。なぜだ…w)

ということで、伊勢のガイドブックも読んだりしていますが
でもこんなの、知らなかったよ!
うーん、正確に言うとどっかでチラッと読んではいるはずですが
こうやって写真でガッツリ紹介されて「そうなんだー」と思う理解力の乏しさ★

ガイドブックにも出ていない
御伊勢様の<森>。
御社じゃなくて森。
メチャ広い!そして深い!
歩いてみたいなーと思ったりもしますが
一般人は入れないですよね。こちらの方がザ・御神域ですわ。

それを一部分とはいえ写真で見せてくださるのですよ。
なんとゆー大盤振る舞い!

とまあ、メチャメチャコーフンしていますが
なにせコドモノ本でこういうのに出会えると思っていなかったのでお許しください。
しかもこれ
オトナバージョンは出てないっぽくて
絵本限定の世界のようです。

世の中は
ただいまスピリチュアルブームとか
パワースポットブームとか言ってますけども
そういったブームを取っ払っても
御伊勢様は御伊勢様!というたたずまいの奥には
年月も場所も人手も
広く深く長くあり、支えられてきた
はかりしれないものがあって
その一部をほんのちょっとのぞかせてくれたのが
この絵本なんだろうなと思います。

コドモより
神社好きなオトナにすすめたい絵本、かもしれません。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1141-a335fbe8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。