しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いちじくにんじん



【送料無料】いちじくにんじん [ 大阪YWCA ]

【送料無料】いちじくにんじん [ 大阪YWCA ]
価格:735円(税込、送料別)


内容紹介
古くから歌い継がれているわらべ唄の中に“かぞえ唄"と呼ばれるものがあります。なかで一番ポピュラーなものが「いちじく にんじん さんしょに しいたけ……」です。全国で歌われていますが、地方によって様々なヴァリエーションがあります。おもしろいものでは、「いちじく にんじん さんまの しっぽ ごりらの むすこ らっぱ はっぱ くさった とうふ」などという唄もあります。
伝統的なわらべ唄をもとにして、今の子どもたちにもなじみのある、リズムのよい野菜を選んだのは、大阪の千里ニュータウンで40年以上絵本やわらべ唄を子どもたちと楽しむ活動をしてきたボランティアグループ、千里子ども図書室の方たちです。
絵は長年、野菜や草花の絵本を描いてこられた権守奈津子さん。美しく精密に描かれたおいしそうな野菜は、存在感にあふれています。
親子で歌いながら、たっぷりと楽しんでください。

大阪YWCA千里子ども図書室・案
ごんもりなつこ・絵
福音館書店です。


うーん…
ファーストブック系はやっぱり福音館が強いなぁ。
鉄板なので、
絵本はあんまり詳しくないけどプレゼントしたい。
セレクションで外すのは避けたい…というときは
この「こどものとも」シリーズのハードカバーから好みのものを選ぶ、というやりかた
けっこう有効な手段かもなぁと思います。
なんせ雑誌タイプで出したもののなかから
さらに面白いものをハードカバーにしますからねー。
大人の本で言うと
単行本の文庫化みたいなもんです。
大化けの可能性は低いかもだけれども
安定感はあるってやつね。


この絵本は
2007年に雑誌で出たものが
今年の9月にハードカバーになりました。

アマゾンの長い紹介文にもありますが
地域で違うかぞえ唄をアレンジしたもののようです。

メジャーなところで言うと
「♪いっぽんで~もニンジン♫」
のもっと小さい子バージョンって感じでしょうか?

コドモのころ、聞いた気もするけど
全部は憶えてないなぁ。
直接聞いたというより、本やマンガで読んだ知識かも。
山椒じゃなくて秋刀魚だったような気もするし…

そんな感じで
日常めったに聞かないかぞえ唄なので
絵本で読むと新鮮です。
そんでまた絵がいいんだ!

リアル。
だけど、絵。
写真ぽいテカテカはなく
いかにも!なフォルムと色。
きっとね
どれも食べたらおいしいと思うよ、っていう材料ばかりです。
(そういえば、山椒の実って初めて見たかも)

小さい子が好きな食べ物は少ないかもですが
こんな食べ物があるんだよー
って、絵本で教えて
スーパーで実物を見せてあげて
興味を示せば買ってきて
調理して味を教えてあげる…という流れも楽しそうですね。

出たばかりなので、たぶん書店でも見かける機会が多いはず。
そういう意味も含めて
ご自宅用にもプレゼントにも
使いやすい1冊です。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1160-b965c382
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。