しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんを爆笑させる方法

実はこの本、けっこう前から気になっていて
やっと読んだですよ。面白かったですよ♪


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
試してニッコリ、少しじんわり家族みんなを笑顔にする育児マンガ&ハウツーエッセイ。
【目次】(「BOOK」データベースより)
introduction 3つの「よろしく」/第1章 意外なところに「笑いのツボ」(赤ちゃんのマネをする/足の間からのぞき見る ほか)/第2章 赤ちゃんは「学びたい」生き物(レモンを舐めさせてみる/氷を触って「あひー!冷たーい!」 ほか)/第3章 パパとママにも「よい訓練」(ドライアイスを水につけて煙モクモク/ペットボトルでガラガラ ほか)

文章は岡部敬史さん。
イラスト&漫画は平井寿信さん。
出版社は学習研究社(学研)です。


タイトルは「爆笑」になっているため
どんなすごいテクが!?
とドキドキしますが
意外とフツーに「笑わせる方法」でしたw
まあ、赤ちゃんのうちからクスクス笑いする子は少ないからいいのか。

子どもが何を面白がるか?
これは経験するのがてっとり早いですが
わかんない存在はコワイ★ という方もいるでしょうし
そもそも昔みたいに身近に赤ん坊・小さい子がいるのは当たり前…なんて世の中じゃないですもんね。


経験してないと、赤ちゃんって取り扱い注意の『ナマモノ』ですし
小さいからあんまり乱暴に扱えないし。
ということで世の新米パパさんは
きっと小さい赤ちゃんをかまうのはあんまり得意じゃないと思われますので
こういう本を読むと、ちょっと試したくなっていいのかもしれません。

注意点も書いてますし
意外な盲点というか、そうか、慣れてないとこういう視点が新鮮なんだ
って思わせてくれるような記述もありますので
(「片手で輪を作ってそこに赤ちゃんを乗せるのがスタンダードな抱っこ」なのは未経験者にはわからない、という記述にある意味目からウロコでございましたよ)
フレッシュな新米パパさんたち、やるな!(ニヤリ)です。

エッセイ的な文章とイラスト&コミックのコラボですので
育児書なんて読むのかったるい、って方でもすんなり読めそう。
ちなみにイラスト&コミックの「トシさん」のブログ『言戯』はワタシのお気に入りでして
ほぼ毎日訪問させていただいてますw
また、更新がホントにマメなんですわ。PCが故障したとか震災が起きたとか以外はほぼ毎日、多いときは複数記事が更新されてます。
4コマ漫画はブログにも掲載されてるものがありまして
懐かしいな~なんてしみじみしたり^^

コミックと文章のトーンがうまく融けあってるのもいいです。
子育てに対するスタンスがかなり似ているんでしょうね。
イベント的な楽しさではなく
日常、長時間一緒にいて
コドモ、面白いよねって感じ。
なのでこの本は慣れてないパパのお役立ち本でもありますし
子育てしているママがそうそうってうなずく共感本にもなりますね。

要するに
経験者も未経験者も楽しめるだろうなって本でした。
絵本のプレゼントもいいけど
パパさんのほうが知り合いの場合、
こういう本を第一子出産のお祝いにあげるのもいいのかもなって気になりました~♪

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1195-35c35325
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。