しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クーナ

先にお謝りを!
ドラマ見てませんw

【送料無料】クーナ [ 是枝裕和 ]

【送料無料】クーナ [ 是枝裕和 ]
価格:1,365円(税込、送料別)



文章は是枝裕和さん
絵は大塚いちおさん
出版社はイースト・プレスです。


ドラマというか、テレビ自体ほとんど見ない生活してるんですが
「クーナ」はワタシのTLでちょっと話題になっていて
気にはなったんですが、途中から見るのもな…と思い放置していたのですよ。
失敗でした★ゴンチチが音楽やってた…観ればよかったorz…


自分でうっとおしくなるくらいハマりつつあるゴンチチの話は置いといて。

ドラマに関連する絵本が出版されてるということで興味本位で読んでみました。



なんだよ
普通に面白いじゃんかよー
いやマジで。

クーナというのは要するにコロボックルないしは少彦名神のことをあらわしているようでして
とはいってもおじいちゃんもおじいちゃんから聞いた…みたいな話なので
ぼんやりフィルターがかかっていて
そのよくわかっていなささが味わい深い、という
面白い出来栄えになっています。

もしかしたら…
だったらいいな…
そしたらどうなるかな?
という、コドモの連想力がかわいくあらわれているんですよね。
是枝さんって、作家さんじゃないのにー!(なんかずるいわー!)と思いましたが
考えてみたら「誰も知らない」の監督さんだもんなー。
コドモとの交流ディープにガッツリして
伝える経験豊富だもんなー

納得。

でもって
絵がまたなんとも。

ちょっとコドモの描いた絵みたいに
太い線やハッキリした色をたくさん使っていて
カラフルでポップ
だけどいい意味で垢抜けていないんです。(←ここ重要!)

しかも物語と絵に緩急がありまして
絵だけのページがものすごく語ってるんですね。
ラストの余韻じゃなく物語の中盤…って
「かいじゅうたちのいるところ」もそんなだったかも。

テレビドラマを見ていなくても
単純に絵本として読んで面白かったので
オトクな気分というか
ドラマを見てない分損した気分というかw

そのうちドラマはDVD化されるでしょうから
そしたら通しで見て
絵本をもう一回読みなおしちゃおうかなー
なんて思える楽しい作品でありました♪
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1206-a962cd51
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。