しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじわる

ヘタなスピリチュアル本より、こういう絵本のがイイんじゃないかしら?と思うのw

【送料無料】いじわる [ せなけいこ ]

【送料無料】いじわる [ せなけいこ ]
価格:1,260円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
たあぼうがお日様に「いじわる」と言うといじわるい気持ちが広がって…。

著者はせなけいこさん
出版社はすずき出版です。

せなけいこさんの絵本は
おばけなんてないさ
めがねうさぎ
もじゃもじゃ
あーんあん
を過去記事で紹介しています。


せなけいこさんって
ネガティブの使い方が上手な作家さんだなと
毎回思うんですよね。

折り紙の切り絵、ちぎり絵のさっぱりとした画面で読みやすく
いやんなことを描いて
「ね?いやんでしょ?」って
小さい子にもわかるように伝えてくれる本が多くて
説得というより共感をうながされます。
そうねー、これは××よねって
自然に感じさせてくれるんですよ。
この絵本もそんな感じです。

いじわるなこと言われてくやしくなって
しかえししちゃって
しかえし直撃だったり、余波がでて八つ当たりみたいになっちゃったりの連鎖。
こういうのって
絵本じゃなくて実生活でもよくあることじゃないですか?
そしてスピ本にもよく書いてませんか?
いろんな手法で難しく書いてたりするけども
シンプルにするとこういうことでしかないよね、みたいな。

だったら
こうしよう!

最後の1ページでめっちゃシンプルに語られていて
絵もあいまって、もううなずくしかないかも!ってなる勢いですw

いやー、ホント
理屈こねまわすより
1冊の絵本かも


絵を見て小さい子向けね、って決めつけないで
大人も自分の実体験と思いこんで読んでみてくださいな。
次のいやんなときにちょっとだけでも変わることあるかも…ですよ?
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1223-3a80b966
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。