しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おとなしい凶器 (「ホラーセレクション7 わが家の食卓にようこそ」収録) ※追記あり

何度も「コレ好き!」とひっぱりつつ、紹介していなかった作品が収録されています。

【送料無料】ホラ-セレクション(7)

【送料無料】ホラ-セレクション(7)
価格:1,050円(税込、送料込)


内容(「MARC」データベースより)
古今東西のホラーの傑作を、名作から落語、マンガまで収録。「おとなしい兇器(ダール)」「とっておきの特別料理(マージェンダール)」「特別料理(エリン)」「かたつむり観察者(ハイスミス)」など、6編を収載。

編者は赤木かん子さん
出版社はポプラ社
ホラーセレクションというシリーズです。



この収録作品「大人しい兇器」(byロアルド・ダール)がもう好きで好きで!
なんでだー?って思うこともあるんですけどね、たまんないのですよ♪

警官の夫にいきなり重大事を語られ、どうやら出て行かれてしまうらしい妻(妊娠中)がとった行動とは?
って話でして
赤木かん子さんも「はじめに」で書いていらっしゃるように
ジャンルでいうとミステリなんでしょうけど
なんかこう
後ろからコワ~★な雰囲気が漂ってまして
「生きてる人間がいちばんコワイ」という物語なんですよね。いろんな意味で。

ストーリーでは大事なところがぼかされていて
なぜだ?と詰め寄りたくなったりもするのですが
わからないからよけいに気になり妄想したりと
いつとはなしに参加したかたちになってしまうのが
この物語に引き込まれる要素なのかもしれません。

非常に鮮やかに描きだされる不条理と
それに対する純粋な怒りと復讐
そして、その成就が
大きな活字で25ページ
(たった25ページ!)

すっきりとまとまっているんです。
うーん、カッコイイ!


でも
女性はスッキリだけど
男性はドッキリな内容かもしれませんので
そのあたりご注意をw

この本には、そのほか5編、食べ物に関するホラー作品が
掲載されています。有名な作家の作品も、あまり耳馴染みのない作家の作品も入っていますので
ホラー入門としてもおススメ。
児童書ですが、小学校高学年でもキビシイかも?
中学生以上推奨、たぶんいちばん食いつくのは
興味あるけど読んだことないジャンルなのよね~っというオトナでは?と思われ。

個人的にはこの巻に魔夜峰央のコミックを入れてほしかったな。
タイトル忘れちゃったけど、肉料理にしか合わない調味料を売りにいく話。
他のシリーズに入ってたりするかしらん?今度調べてみます^^
※追記:収録作品の「二壜のソース」(ロード・ダンセイニ)という作品がほぼ同じ内容でした。
魔夜さんはこの作品を下敷きにしてコミカライズしたのかも?


寒い時期にホラーはちょっと、って方は
ミステリのシリーズも、SFのシリーズも、ラブロマンスのシリーズも
おなじポプラ社から出ていますので
かじってみたいジャンルの、なじめそうなテーマの本から読み始めてみることを
おススメいたしま~す♪



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1235-f5dc5ddf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。