しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

園芸少年

ちょっと早いかな?と思ったら、ちょうど今くらいの時期からの物語でした♪

【送料無料】園芸少年 [ 魚住直子 ]

【送料無料】園芸少年 [ 魚住直子 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
高校生活をそつなく過ごそうとする、篠崎。態度ばかりでかい、大和田。段ボール箱をかぶって登校する、庄司。空に凛と芽を伸ばす植物の生長と不器用な少年たちの姿が重なり合う、高1男子・春から秋の物語。

著者は魚住直子さん
出版社は講談社です。

コミカライズもされてるみたいですね。こちらは残念ながら未読。
【送料無料】園芸少年 [ 森永あい ]

【送料無料】園芸少年 [ 森永あい ]
価格:440円(税込、送料込)


けっこう好きな漫画家さんなので機会があれば読んでみたいわ~♪と、メモ代わりにリンクしちゃってますw

う~ん、表紙はなんといってもコミックの方がいいなw
文庫とかになる機会があったら、森永さんが描きおろしとかどうかしらん?
しかし今回の内容紹介、ちょっとザックリ過ぎてアレな気がします。まー、好みじゃないですってことだけ書いときますわ。

この本ね
まず最初の一文が好きなんです。
「出会うべくして出会ったのか。それともたまたまだったのか。」
主人公の篠崎と、ヤンキーっぽい大和田の出会いのことなんですけどね。
偶然か、必然か?みたいなスピっぽい言い回しを連想しちゃいましたが
始まるときってそんなふうに
ちょっとだけ心に残る何か、があったりするんですよね。

ふたりが園芸部をはじめるきっかけもそう。
捨てようと思ってた水を、床じゃなくて鉢植えにかけた。
そしたら翌日葉っぱが上向きになっていた。
それだけのことで?
うん、それだけのことで植物が元気になったんです。
それを発見しハマっちゃったふたり。

人に言われたことより、自分で発見したことの方がハマる
これもなんかの本にあるような感じですが
でも、ホントそうなんですよね。
そんなこんなをしているうちに成り行きで園芸部に入ることになっちゃうわけなんですけども
この活動が、ゆるいw
なりゆきらしく、かつ男子高校生らしいゆるさ。

やる気がないわけじゃないけど、なにしたらいいの?
みたいにアレな感じがなかなかに絶妙ですw

そこにこれまたなりゆきで参加した庄司ことBB(BBの由来は本を読んでね♪)
生真面目にヘンで、たぶんですがコミカライズした森永さんは、このBBと大和田のこと
ノリノリで描いてたと思うなぁ~^^

BBはマジメな子なので、園芸についての本をちゃんと読み
園芸部らしい活動に誘導してくれて
結果的にふたりとの関係が深まり、ちょっとした事件事故の結果BBではなくなるんですが
それにしても、BBが顔出ししたのに
そして彼はクラシックタイプとはいえハンサムなのに
さらにいえば高校生1年生なのに
恋愛要素がないわ~w

男子の方がお子ちゃまですからねぇ。
しかも3人が3人とも、女子に目を向けるところまでまだ成熟できてないそれなりの理由があり。
園芸部に入った女の子たちがアッサリと「ないわー」って恋愛要素をパスしてくれる子たちでよかったね、と
ニヤリとするのでありました。

春から秋にかけての半年間の物語。
出会って、植物に目を向けるようになり
ゆるく活動を続けながら、お互いのことをちょっとずつ知って関わる。
クラスは違うけど、だからこそとれる踏み込み過ぎない距離感が安心して読めます。
学校で問題点を露出しているのは大和田とBBですが
篠崎も彼らを責めたりしないのは、うちの事情があって
傷つくことにたぶん敏感な優しさがあるからなんですよね。

日常起きる出来事は、すこしゆるくても凸凹のあるドラマで
オマケ的に園芸の知識なんかも一緒に楽しめる
ほのぼのした物語です。

なんか育ててみたいなーっと思う春
植物と男の子が一緒にちょっとだけ育っていく本も楽しいですよ^^
機会がありましたら、お手に取ってごらんくださいませ♪




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1266-16f5fdb7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。