しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

みつばちみつひめ てんやわんやおてつだいの巻

関東は桜が散りつつありますが
まだちょっとだけでも残っているうちに慌ててご紹介ですっ!!


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
みつひめさまは、はちのすじょうのおひめさま。たくさんのかしんにかしづかれ、なにふじゆうないごてんのくらし。ところがあるひ、ひめさまが、だいじなつぼをわってしまったから、さあたいへん!うまれてはじめて、おしろのそとにとびだして、はちむらにまよいこんだひめさまは…。

著者は秋山あゆ子さん。
出版社はブロンズ新社です。

秋山さんの絵本って、もう紹介してるはず?
と思ったら、なんとこれが最初でした。
季節に合わせてご紹介しようと思ってたんですね。
関東ではちょっと遅れ気味、ごめんなさーい!

いかにも春っぽくて、元気のでる絵本です。
ミツバチが着物を着ている時代劇の設定w
ひとことで言っちゃうとおてんばなお姫様の冒険物語なんですが
絵になんとも味わいがありまして
極端にデフォルメしているわけでもないのに
出てくるみんなの性格が、ひと目でパッとわかるんですよ。

でもって
着物を着ているときはわかりませんが
ちゃんとアタマも体も昆虫でしてw
(最後の方でそれがわかる場面があるんです)
あの体型でも上に着物を着ると時代劇に!
なんかこう、秋山さんの絵のうまさと
着物という衣装の万能感に
感激しちゃいましたww

物語の展開もわかりやすくて
大人も子どももニヤニヤしながら読むことうけあい!
あるある、と思いながら
日常ではできない思い切ったいたずらを
天真爛漫なみつひめさまが片っぱしからしでかすのが
楽しくって♪
これはキャラクターの上手さでもありますし
設定に時代劇的なものを持ってきたことで
2重に現実とかけ離れているため
誰も文句をつける必要がなくなるのではないでしょうかね。

お城を飛び出したみつひめさまが
満足するほど遊んだところでちょうどお迎え。
みつひめさまは、叱られる前にちゃんとあやまり
育ちがいいんだなあと、おばちゃん感心しましたよw

結びの場面も楽しくて
まさに
絵本の時代劇!
安心して読めるお約束の展開と愛嬌のある絵が楽しめて
細かいところまで何度もチェックしながら繰り返し読めます。

おススメの1冊でございま~す♪


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1275-c3b2b129
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。