しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パイルドライバー

5月21日の大人絵本会のお題本です。
5月は萩尾望都マンスリーなのに!でもコレ、書かずにはいられないのよぅ★
ってことで
6月の先取り記事にしてUPすることにしましたw
(5月中はこの記事がずっとブログのトップにあるってーことですねww)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ブンくんの頭の中はいつも同級生の女の子エッちゃんのことでいっぱい。なのにいじわるばっかりしてしまう。好きだから、ちょっかい出すのは、甘酸っぱい初恋の味。

著者は長谷川集平さん。
出版社はブッキングです。

長谷川さんの作品は
トリゴラス
はせがわくんきらいや
を過去記事で紹介しています。

この「パイルドライバー」を読むと
トリゴラスの衝撃がよみがえります…。
あのダンスィー(男子)特有のめくるめく妄想ワールド!

トリゴラスはひとり妄想でしたが
パイルドライバーは相手参加型妄想。
一段階?レベルアップしたつくりになっております。
ひとりでするかふたりですry(オトナな発言しすぎました★ピー音が鳴りましたので自己規制ですよw)

薄暗いくせにもぐりこむようなパワーがあって
ひっこみのつかない衝動的な恋愛感情たっぷり。
でも
表現のしかたはたいていとっても不器用で
脳内ダダ漏れ状態で、ポソリと相手の名前をつぶやいてしまう。
それがダンスィー

青春ですねぇ。かわいいぜ!
と言えるのは
自分がすでにその時代を過ぎ去ってるからなんですけどね(^_-)☆

だって
当事者の年代だったら(そして女の子だったら)
やっぱりこの愛情表現は受け入れがたいですよ★
強い態度に出るときの背景
波しぶきまで襲いかかりそうな手にみえるじゃあーりませんか!
ブンくんの心理だな?エッちゃんにザバンといきたいんだな!?
…ええ、おばちゃんもつられて妄想大暴走中でございます。ほほ。
いやしかし、エッちゃんの涙目、かわいいねぇ。にやり。

学校ではやられっぱなしのエッちゃんですが
教会から出てきたエッちゃんはひと味違いますよ。
ブンくんを呼びとめ、なんともいえない目で見つめた後
そりゃもうカッコよく
それまでのブンちゃんの仕打ちに対して反撃をするのですw

(ちなみに、そもそもの最初から
背景では飛行機は落ちるは戦車が走るはで
不穏なムードがそこはかとなく漂っております。
しかし、なぜにエッちゃんは教会から出てくるのか?あたりが
ちと謎ではあるのですが。
長谷川さん、大人絵本会で教えてくださらないかしらね~w)

ファイアー!で度肝を抜いたのち
繰り出す鮮やかなプロレス技の数々。
いったいエッちゃんになにが?
そしてその技はどこで?
学校で披露しないのは、やはりイメージ対策か?
などなど疑問は多々あれど
ブンちゃん完全ノックアウトで涙目に。
そりゃそうですわね。
<腕ひしぎ逆十字がため>と<パイルドライバー>を
スカートでかけられちゃあね。
ココ重要、繰り返します。スカートで!ですよ。
絵本の絵ではさりげなく濁しておりますが
どうよあのポーズ。
本望なんじゃないでしょーか?ダンスィーのみなさんw

かくてブンくんを骨抜きにした後、
クールにエッちゃんは去り
ブンくんもまた
支えてもらいながらよろよろと退場。
そして
プロレスについての注意点で物語は終わる、と。

なんかこのオチをエッちゃんが顔と手だけで語っているのがまた楽しゅうございました。

やられているのにピンクの雲
ダンスィーの甘酸っぱい恋の模様を
絵本でどうぞお楽しみください。

オトコって、バカねぇ♡

この作品でニヤつける女性のあなた!
かわいいダーリンがきっとみつかりますよん♪





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1304-1d8d62e4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。