しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくはブルドーザー!

新刊も紹介したいのですが
とりあえずも少し寝かせて練り練りしようかなとw

本日紹介するのはこちら↓なのです。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
はたらく車の好きな男の子が、ブルドーザーやショベルカーになりきって、砂場でお城づくり。なにかになって夢中で遊ぶのが得意なすべての子どもたちに。

著者は三浦太郎さん。
出版社はこぐま社です。

三浦さんの作品は
「まかせとけ」
「よいしょ」
とどくかな
の3冊シリーズとか
ファーストブック系の
おしり
わたしの
とか、
もう少し大きい子向けだと
おはなをどうぞ
ちいさなおうさま
さらに難しい絵本になっちゃいますが
CO2のりものずかん
を過去記事で紹介しています。

あと、サイン会に行ってきたときの記事もあります♪
そういえば、ワタシ
絵本作家さんのサイン会に行ったのって初めてだったんじゃなかろうか…。(←気づくの遅!)

サイン会のことを知ったときに、著者の三浦さんのHPで表紙を拝見して
「わ~い♪コレ読んでない~!」とウッキウキにw
絵本って、そんなにパカパカ新刊が出るわけではないのと
出はじめの情報を取りこぼすと、意外と漏れ続けたりするものなのですよ。

書店の本は生モノに限りなく近い

と思っております。ハイ。

てな前フリはそろそろ終了しまして
絵本を手にとって読んでみたらば…

あらビックリ
絵が今までと違うわ!


三浦さんの絵って
切り紙、もしくは切り紙風の幾何学っぽい絵がほとんどでした。
色は均一で、輪郭線はほとんどなし。
ところが
この「ぼくはブルドーザー」はいかにも手描き(ふう?)
円や直線のラインは他の作品と同じく、ブレなしでハッキリキッパリしつつも
クレヨン?クレパス?の太い線でパキッと引いています。
ちょっとだけ濃淡があったり、地の白が見えたりするだけで
印象がずいぶん違いますね。

そんでもってフルカラーではなく、黒と濃い肌色の2色なんですが
これがまたなんとも雄弁な色遣いなのですよ!
2色だって気づいたの、何度か読みかえしてからですもん。いや、ワタシが鈍いと言われればそれまでですけどもw

こんなふうに言い切れる本って少ないと思うんだけどね、
ヘタにフルカラーとかにしないほうが絶対にステキ!です。
色を変えると、この表現している世界が「薄まる」気がします。

著者の三浦さんご自身があとがきで
「この絵本を作っていて、子どものころの自分と対話ができたようで、なんだかとてもうれしくなった」
と書いていらっしゃいますが
読み手だって、著者の方と同じように「なりきって」
楽しく空想の世界に入ってうれしくなっちゃうこと請け合いです。
出版は2年前ですが、この本はたぶんすたれずにロングセラーになるでしょうね~。

工事現場の車を見て「ブーブ!」と喜ぶ子にはぜひぜひ読んであげていただきたい!
お父さんが読むなら更にヨシ!ですね。
なんたって、最後はおとうさんのリフト車登場なのですから♪

シンプルで力強くてたくましい。
まさに「The★男の子の本」♪
プレゼントにもおススメです。
リサーチは「クルマ好き?」だけでいいから、けっこうラクかもですよんww




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1319-951b652f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。