しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

泣いた赤鬼

山百合の季節が終わらないうちに…


内容説明
浜田廣介の「泣いた赤鬼」に浦沢直樹が挑む
いつの時代かどこの場所か、村人たちとどうしても仲良くなりたい気のいい赤鬼。だが村人は赤鬼のやさしさがわからず、怖がって逃げまわるばかり。孤独と寂しさに耐えきれなくなった赤鬼は、悩みに悩んだ末、親友の青鬼に相談する。かしこい青鬼は赤鬼のために起死回生の策を授け、計略はまんまと成功。赤鬼は村人たちを自宅に招待し、みんなと心を通わせる。だがその幸せも束の間、赤鬼に思わぬ、そしてあまりにもほろ苦い結末が訪れる……。誰もが知っている浜田廣介の不朽の名作「泣いた赤鬼」に、浦沢直樹が40数点のカラ―挿絵をていねいに描き下ろした。漫画家ならではの、登場人物たちの喜怒哀楽の表情やユーモラスな動き、情感あふれる美しい風景、既存の絵本にはない奇抜であっと驚く世界観――特に、物語の最後に登場する青鬼のさわやかな笑顔、赤鬼の涙する表情は必見! 目頭が熱くなること必至! 子どもたちのみならず、誰にでも手に取ってほしい新しい絵本が誕生した。なお、2011年冬公開の注目映画「friends もののけ島のナキ」は、この「泣いた赤鬼」が原案本。こんなご時世だからこそ、赤鬼の涙に涙するブーム到来か……!?
【編集担当からのおすすめ情報】
「泣いた赤鬼」は小さい頃から読んでいて、とてもよく知っているはずなのに、浦沢直樹さんの描いた挿絵を見ていて、なぜか新しい絵本を読んだような感覚におそわれました。斬新な世界観や、鬼や村人の豊かな表情、雄大な風景画に、これまでの赤鬼にない発見や感動が必ずあるはず。ぜひぜひ親子で読んでいただきたい一冊です。

浦沢さんの代表作って、今だとなにになるのかしら…。
いろいろハンパに読んでる漫画家さんでございますw

いやー、ひっさびさにAmazonのみっちみちの紹介文でしたねー★
それもうなずけるくらい、内容もみっちみちですな本ですw

48ページで省略なし、しかも絵はガッツリ見せたい!
ということなんでしょうねぇ。
とにかく字も絵もてんこもりなので
意気やよし!でございます。

ただ、もしかするとですが
絵本に対する思い入れが、この本を作られた方すべてにありすぎるのかも…?
とも思います。

というのはね、息抜きできないくらい
絵!絵!絵!なのですよ。
ココはこの絵、ココにはこれを…という感じで
ざっくり試し描きしてみましたイラストラフを
イイですから全部入れちゃいましょう!って感じがするんです。
その結果、ツメツメの部分の誌面の風通しが悪くなってるような。
もう少しだけ誌面に余白的な「ヌキ」があると
もっと絵本っぽくなったんじゃないかなぁ。
やまゆりからのくだりが非常に美しく
<魅せる>誌面展開
のため
前の部分が非っ常~~に惜しいんです★
もうさ、絵の点数少なくなってもいいから
全部これくらいのアピールでよかったと思いますよ、個人的には。

とはいえ
浦沢さんの表現力はやはりハンパないです。
ワタシ、この「泣いた赤鬼」って
すごく好きな絵本?って聞かれると、んむむゴニョゴニョなんですが
この浦沢さんの本に関しては
いいよ!読んで読んでぜひ読んでみて!
って絶対的におススメしちゃうもの。

赤鬼のいいところも欠点もしっかりあらわされていて
青鬼のクールそうに見えて情に篤い面が
最後の回想の表情で泣けるほど素敵に描かれていて

うん
やっぱり名作です。
漫画家さんのファンの方もそうでない方も
ぜひご覧あれ!です。













関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1351-ef4b9125
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。