しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

妖怪食堂

シリーズ初読み。他の本も気になります^^

【送料無料】妖怪食堂 [ 広瀬克也 ]

【送料無料】妖怪食堂 [ 広瀬克也 ]
価格:1,260円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
妖怪横丁のはずれでおとうさんが食堂をはじめました。忍術仕込みの“しのび食堂”。出てくる料理はおかしなものばかりですが妖怪たちは大満足。

著者は広瀬克也さん。
出版社は絵本館です。


広瀬さんは、たぶん読むのも初めてだと思います。
絵も巻末の著作一覧にも見覚えがないので。
でも、なんか知ってるような気が…?と思ったら
絵の感じとか妖怪シリーズなのが川端誠さんの絵本を思い出すんですわね。
なのでたぶん川端さんの「お化けの~」シリーズが好きな方は
同じシリーズ?ってくらいのノリで読めると思います。

妖怪がやまもり出てきて
おいしそうなご飯もやまもり出てきて
ダジャレもやまもりで楽しくてと
どんだけ大盛りの絵本なんでしょーかw

めっちゃハマる男の子続出しそうな気がします。
広瀬さんは『日本の妖怪大図鑑』という本の挿絵も描いてらっしゃるそうなので
この本もチェックしてみようかな。
しかしこの手の本を読めば読むほど
水木しげるさんがベースなんだなとしみじみ感じ入りますね…。
ビバ!ゲゲゲの鬼太郎w

ところで
ネタバレ的に気になるんですが
この食堂のご主人のお父さん、表紙で髭が見えてるところを見ると
カッコイイねずみ男とか?
うーん、やっぱりシリーズの最初から読まないとダメかも。
お母さんがどんな人なのかも気になる。中表紙で手しか出てこないんだもん!
(あと、ひのみやぐらは結局なにを注文したの?とかね)

読みだすと気になり、シリーズの他の本まですすんでしまう可能性が高いのは
ワタシが身をもって証明してしまいましたw
それでもいい方はぜひお手に取ってみてください。
妖怪といえば夏かもしれませんが、夏が過ぎてもゼッタイ面白い
おススメの絵本でございます♪
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1381-801edebf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。