しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

かえるごようじん

この絵本はたしかカーリルのレシピにあったはず。
テーマが何だったかは忘れちゃったけど、コワイ系の絵本だったような?


商品の詳細説明
おろそしい魔物がいる森のはずれに住んでいるおばあさん。おばあさんの味方はたった一匹のかえるだけ。ところがなんてことでしょう。このかえるときたら・・・

著者はウィリアム・ビー
出版社はセーラー出版です。


最初に絵を見た時、これがコワイの?と思ったんですがねぇ。。。
コワかったですwいやまあシュールと言いかえてもいいですが★

まあ、著者の献辞がね
「すべての食用ガエルに。(後略)」
なので
そのあたりでちょっと警戒すべきだったかも?ですけどね。
でも、中表紙とか、色合いは落ち着いてるけどけっこうポップな感じなんですよー。

おばあさんもかえるもオモチャっぽくて
ゴブリンをはじめとするばけものたちもグロテスクだけど、ほんのちょっと隠し味におかしみがあって。
全体的に、動きの単純なアニメにしたら映えるんじゃない?ってムードの絵です。
どっかで作ってくれないかしら。
ドンデンが多いギョッとするストーリー展開だから
アニメとかインパクト合っていいと思うんだけどな~。

絵本に戻りますと
絵ももちろんですが
文字がいいですよ。
地の文でも、強調したいところのフォントの違いとか
なにより、キメの部分のデザイン模様との組み合わせは
とんでもなく秀逸です!
ラストの一文を読んで
最後の遊び紙の色が
前の遊び紙、そして本文と変わっているのを見て「うはぁ~~~…」
なんともいえない気分になるのは
ワタシだけではないはずだッ!

うーん★夏場のホラー絵本として紹介すればよかったなぁ。
ネタバレになるので突っ込んで語れなくって
ちょっと未消化気味なんですが
ドキッ!ギョッ!ゾクゾクッ!としたいなら
読んでみてソンしないとおもいます。
夏場とかの、ちょっとだれた雰囲気の時期の読み聞かせにもおすすめ。
ええっ!?と聞き手が驚いて集中しちゃうことでしょう。

未読の方、機会がありましたら
ぜひ一度チェックをどうぞです~♪








関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1394-f7c15e63
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。