しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あいうえおの本

相当にいまさらですが、すごい本だなぁと。

【送料無料】あいうえおの本 [ 安野光雅 ]

【送料無料】あいうえおの本 [ 安野光雅 ]
価格:1,575円(税込、送料込)


内容紹介
「ABCの本」の姉妹作。長年構想をねりつづけた著者が、心をこめて描きあげた「あいうえおの本」の決定版! 親子で空想の広がりを楽しんでください。
読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から

著者は安野光雅さん
出版社は福音館書店です。


安野光雅さんといえば、「旅の絵本」を何冊か立て続けに読んだなぁ。
当時はわりとハマったのですが、いつのまにか読まなくなってしまった作家さんかも。
どの絵も非常に「静」のたたずまいでして
あまりに物静かなので
性格的にやかましいところのあるワタシはついていけなくなったのかな?とw


久しぶりに見つけたのがこの絵本で
そうそう、未読だったんだよね~と表紙を見て
薬箱のような引き出しにまず反応し
持って重さと厚さにちょっと驚き
中を開いて、「これはもうじっくり読まなきゃダメだろ」と。
いやまあ読むといっても文字も絵になったひらがなくらいなんですけどね^^

でもってじっくり開いてみると
見れば見るほど凝っているではないですか!

50音は木で作られた文字なのですが
ひねり、組み、縛り、継ぎ、留めと
めちゃめちゃ細工が細かいのです。

そのうえ、隣に描かれたフルカラーの絵が美しく
さらにさらに、見開きの囲みの線画の題材も!
どんだけ描きこめば気がすむのでしょうか、安野さんったら!?

しかもですよ。
文字と右ページのカラーの絵はともかく
両ページの囲みの絵に関しては素晴らしくもさりげないので、
気づかない人はそのままスルーしちゃいそうな描きかたでして
うわあこんなに凝ってたなんて知らなかったですごめんなさい!とか大慌てで謝っても
「お気になさらず」
とにっこりとほほ笑んでくれそうな☆

目立たずさりげなく邪魔をせず、でも目を凝らすとその見事さに視線が離せなくなる。
日本的な上質品って、そういうもの多いですよね。
それも日常使いのものであればあるほど、そのようなたたずまいの品が多いような?
とするとこの絵本はまさしく日常使いの逸品になるわけだなぁ…
などと思いながら
考えることがあるような顔をしながらぼんやりとめくるのにふさわしい本です。

これは大人が読む場合、ですねw

たとえば文字を読めるようになりはじめる頃って
ワタシの子どものころなんかは50音の表みたいなおっきな1枚絵があって
それを壁に貼っていましたが
今はどうなんかしらん?

あれはわりと色気もそっけもないものだったように記憶していますが
それがこんな絵だったら…
うっとり見つめて、でも、もしかするとそこで立ち止まって
好きな絵の文字から動けなくなってしまったかもしれないから
やっぱりあれはあれでよかったんだということにしておきますw

でも
ちょうど文字を覚えるタイミングだし、やっぱりいい絵本で教えてあげたいな
と思うのなら
この絵本、おススメです。
(絵本のほかに1枚シートになっているのがあったらもっといいのに!と思っちゃうのは
さっきの壁貼りあいうえお表に毒された連想かなf(^-^;)

大人も絵に見入ることでしょうから、必然的に読む(見る)スピードがゆっくりになり
一緒に楽しめることでしょうね。
そして
囲み絵に描かれているものが何かちゃんと理解できなくても安心して
巻末を見てください。
全部ではないそうですが、一覧表があるのでだいたいのものは理解できるはず♪
更に詳しく知りたくなったら図鑑を探すのもよいでしょう。
ここを足がかりにして、いろいろなものに興味が広がりそうな絵本でもありますね♡

ワタシはというと
安野さんの絵本をまたいろいろ読んでみたくなりました。
シリーズや関連本、探してみようと思います。
もしかすると近々ご紹介があるかも?です^^

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1402-cc8c24c3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。