しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

たかこ ※後日談追記しました

はいそこのワタシのリアル知り合い、笑わなーい!
この文章でわかった方もいらっしゃるかしら?
実はこの絵本、いろんな意味でワタシを連想させますww

※えっとー
この記事をアップした日のアクセスがですね
いつもの5倍どころではなく…ケ、ケタが違う…と驚愕しました★
しかも検索じゃないんだw

なんでみなさまそんなに見にいらしたのかとw
そんでわたしのリアル知り合いってそんなに多いのかしら?と。
そっくりというコメントもいただいていまして
もういっそ、自分のアイコンをこの表紙に変えちゃう?くらいの勢いでウケています。

でもってリアル知り合いの方に質問なんですが
この表紙とワタシ、やっぱりかなり似てますよね?
似てると思う方はこの記事の「拍手」ボタンのクリックをお願いします。

月内に拍手が25を超えたら
アイコン変えようかなー、とか考えちゃってます。
すごい人頼みな検討のしかたですが
ご検討いただき、ご賛同の方に拍手ポチいただけるとうれしいです^^
よろしくどうぞ~♪



【送料無料】たかこ [ 清水真裕 ]

【送料無料】たかこ [ 清水真裕 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ぼくのクラスにやってきた、てんこうせいのおんなのこ。「たかこ」っていうなまえなんだって。第2回「絵本テキスト募集」優秀賞受賞作。

文章は清水真裕さん
絵は青山友美さん
出版社は童心社です。

内容情報にもありますが
「絵本テキスト募集」の優秀賞作品だそうです。
文章が先で、後で絵をつけて絵本にしたということみたいですね。
ですので
挿絵画家さんは何作かすでに商業作品が出ている方で
文章を書いている作家さんはこの作品がデビュー作。

なるほど確かに読んでみると
設定としてあまり見たことのないタイプかも。
面白いけど、オチはどうつけるの?ってちょっとだけ心配になったりもしましたが
起承転結やストーリーの起伏が上手なので
ふむふむ、こうすすみますか、と
楽しめました♪

そもそもの設定とか
このたかこちゃんはどのような暮らしぶりで?など
疑問は数あれどw
絵本の設定としてはほころびなどなく一貫しているところがよいと思います。
主人公のたかこちゃんのキャラクターもわかりやすく親しみやすいですしね。
(ハイそこ、似てるからってさらに笑わなーい!)

古文調の言葉が混ざっているのですが
これに注を入れていないのは
もしかして賛否両論あるかもしれません。
個人的には
ここで注を入れてしまうと、物語の流れが悪くなってしまうのでナシでいいと考えています。

平安の文化や言葉と現代をうまく溶け込ませ
微笑ましく読める良作品と思います。
気になった未読の方、ぜひチェックしてみてくださいませ♪



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-2 Comments

しろいまちこ says..."No Subject"
Anneさん

やっぱり似てるよねぇ☆
しかも表紙がどアップで!
そしてそして
本読むと更に笑えると思われますww
2013.10.10 19:06 | URL | #hufKyueo [edit]
Anne says...""
あはは😄
そっくりだー!(挿絵が)
2013.10.10 08:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1404-2e892566
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。