しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンプのちびトラ

ほほう。
シカゴの公立図書館が選んだ「ベストオブベスト」絵本とな。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ダンプカーのちびトラとうんてんしゅのピートは、いわじゃりがれきをはこぶ、プロ。うめたてちまではこんでおろす、つんでははこぶまいにちや。このしごとは、らくちゃうねんで。でも、ちびトラはごきげんさん。楽しいのりもの絵本が、関西弁の翻訳で登場。シカゴの公立図書館が選んだ「ベストオブベスト」絵本。2歳から。

文章はマージェリー・カイラー
絵はボブ・コーラー
出版社は偕成社です。


ふむふむ
なるほど
そうなんだー。

…と
わかったふりをしていますがw
クルマが好きかどうかで
かなーり評価が分かれる本ぽいです。
そういうワタシはクルマは詳しくないので、どちらよりかはおのずとご理解いただけるかとw

えっとー
まず、年代的にいいますと
赤ちゃん絵本・ファーストブック系から幼児の物語絵本に入る間くらいの年齢が対象ではないかと思われます。
このあたりの段階の絵本ってありそうで意外と少ないので
2歳ちょっと過ぎてるけど、物語絵本を読んであげても飽きちゃうみたい…っていう子には
まず一回読んであげてみるといいと思います。

言うまでもないかもですけども、男の子、もしくは車スキーな女の子も対象ですね♪
この場合、年齢はあんまり関係なさそう。

クルマの物語というよりも
たくさんのクルマを見て楽しむタイプの絵本ですので
「これなんのくるまー?」と聞かれたときにそなえて
ある程度、クルマの種類に詳しいオトナが読んであげるのがよろしいかと。
「おとうさーん、これ読んで~」みたいになると父子のきずなも深まり、理想でございますな(^w^)

クルマの車種はあんまり詳しくなくて…
という方は、
表紙裏側から遊び紙にかけての
クルマ一覧が載っているイラストと車種を最初にチェックして
予習しておくとよいかと思われます^^
ちなみにこの車種のイラスト
日本とはちょっとクルマの傾向が違っていて面白いですよ。
ピックアップトラックにたまごうんぱんしゃ…ほほう。

でね
文章はリズムのいい関西弁、なんですが…
関東の人が読んだら、ちっと浮くかも?とも★

このあたり、ちょっと残念かなと思わないでもないです。
関西弁はもちろん楽しいのですが、標準語でも楽しく読めそうな内容なのでね。

絵本の読み聞かせで
あまり言葉にこだわらないなら
東の人は標準語でゴロのいい言葉に変えちゃって読むのもアリかも?
なんて
あまりよろしくない提案を考えてしまったのでした。

いやいや、もうどうせなら
翻訳の文章を関西・関東のバイリンガルにして
ダブルの読み聞かせで聞き比べると面白いかも?と思ったり。
その場合は男性ふたりがいいなあ。と
更にうるさく注文つけてみますw
余興的に同時進行で読んでバイリンガルー!なんてのも
オトナの絵本好きな集まりでの余興なら楽しそう^^

そんな感じで
絵本の内容も、読み方も遊べそうで
それを許してくれる、懐の深そうな絵本でございます。

関西男性読み聞かせ推奨ですので
未読の方がいらっしゃいましたら
ぜひレッツ・チャレンジでどうぞ!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1408-62bbb24e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。